飼い主用
その他

フィラリア予防薬(犬)

更新日:
ぽちたま薬局ではネクスガードスペクトラ、レボリューション、シンパリカトリオ、カルドメックといった犬のフィラリア予防薬を、先発薬からジェネリックまで種取り揃えています
フィラリア症は予防薬で必ず防げる病気です。正しく投与して愛犬の命を守りましょう。

総合 売れ筋ランキング

  • フィラリア予防薬(犬) 総合

フィラリア予防薬(犬) 総合 ランキング

フィラリア予防薬(犬)の商品一覧

商品一覧から対象者を絞り込む
00件の商品が見つかりました
  • レボスポット(レボリューションジェネリック)【犬用】

    レボスポット(レボリューションジェネリック)【犬用】

    日本国内最安値! レボスポット(犬用)は、フィラリア予防、ノミ、耳ダニ、犬回虫の駆除を同時に行うことができるお薬レボリューションのジェネリックです。 月に1回、皮膚に液剤を垂らすだけで投与が完了する使いやすいお薬です。 パッケージも可愛くて、高品質。お値段、品質、ビジュアルの3拍子そろったお薬です。 ・子犬用(2.5kg未満)は子猫にもご利用頂けます。 ・有効成分含有量(6%、12%)により、薬剤の色が異なります。
    製造:Asle pharmaceuticals

    もっと見る

    1箱2,350円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ネクスガードスペクトラ

    ネクスガードスペクトラ

    ネクスガードスペクトラはテレビCMでおなじみのノミ・マダニ駆除薬ネクスガードに、フィラリア予防とお腹の虫の駆除の効能を加えたオールインワンな寄生虫ケアのお薬です。 食いつき抜群のおやつタイプのため、お薬が苦手なワンちゃんもネクスガードスペクトラを待ちきれない!
    1箱6,800円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クレデリオプラス

    クレデリオプラス

    クレデリオプラスは、犬用の寄生虫駆除薬です。 これ一本でフィラリア予防、ノミ・マダニの駆除から、お腹に寄生する犬回虫、鉤虫、鞭虫までも一度に駆除できるオールインワンのお薬です。 犬が大好きなビーフフレーバー付きチュアブル錠なので、おやつ感覚で与えることができます。
    製造:エランコ

    もっと見る

    1箱12,550円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ストロングハートプラス【犬用】

    ストロングハートプラス【犬用】

    ストロングハートプラス(犬用)は、フィラリア予防薬です。 フィラリア予防と同時に回虫、鉤虫、鞭虫の消化管内線虫の駆除も可能なお薬です。 おやつタイプで与えやすく、月に1回の投与でペットの体を寄生虫から守ります。 ※この商品は犬専用のイベルメクチンです。犬以外の動物への投与はできません。
    飼い主様用はコチラ
    製造:サバベット

    もっと見る

    1箱3,700円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • キウォフハート(イベルメック)【犬用】

    キウォフハート(イベルメック)【犬用】

    フィラリア予防薬最安値! キウォフハート(犬用)は、イベルメクチンを含有するフィラリア予防薬です。 カルドメックのジェネリック医薬品で、1回の投与でフィラリア予防と同時に回虫、鉤虫、鞭虫といった消化管内寄生虫の駆除も行えます。 ※この商品は犬専用のイベルメクチンです。犬以外の動物への投与はできません。
    お知らせ

    キウォフハートはイベルメック同様、イベルメクチンとピランテルが有効成分として含まれています。どちらも効果や使用目的は同じですが、キウォフハートは有効成分量がイベルメックと異なるので、体重に対しての分量をご確認ください。

    飼い主様用はコチラ
    製造:サバベット

    もっと見る

    1箱3,400円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カルドメックチュアブル【犬用】

    カルドメックチュアブル【犬用】

    カルドメックチュアブル(犬用)は、犬のフィラリア症予防、回虫、鉤虫の駆除が同時に行えるお薬です。 食いつき抜群のおやつタイプ。 海外用パッケージではハートガードプラスという商品名ですが、日本名はカルドメックです。 ※成分量は日本国内のものと異なります。 ※ご注文時期により、パッケージとメーカーが異なる場合がございます ※この商品は犬専用のイベルメクチンです。犬以外の動物への投与はできません。
    飼い主様用はコチラ
    1箱5,166円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • プリノケート【犬用】

    プリノケート【犬用】

    プリノケート(犬用)はフィラリア予防、ノミダニ、回虫、鉤虫などの内部寄生虫に対して有効な、内・外部寄生虫駆除薬です。 アドボケートと同じ有効成分と効果があり、フレンチハートワーム(現在、世界中で感染報告されている)の予防・治療に使用されています。
    猫用の商品はコチラ
    製造:Krka

    もっと見る

    1箱3,000円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • コンフォティスプラス【犬用】

    コンフォティスプラス【犬用】

    コンフォティスプラス(犬用)は、犬のフィラリア症予防、ノミ、マダニ、おなかの虫の駆除をまとめて行えるお薬です。 同メーカーから発売されていたパノラミスの後続品と言えるお薬です。 ・発送時期によりパッケージが異なります ※3錠入り:取り扱い終了
    製造:エランコ

    もっと見る

    1箱6,350円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • インターセプタースペクトラムチュアブル

    インターセプタースペクトラムチュアブル

    インターセプタースペクトラムチュアブルはフィラリア予防と同時に、犬回虫、犬鉤虫、犬鞭虫、瓜実条虫(サナダムシ)、エキノコックス(多包条虫)を駆除するチュアブル錠のお薬となっています。 毎月の投与でペットを寄生虫から守ります。 ※発送時期によりパッケージが異なります。
    製造:エランコ

    もっと見る

    1箱7,450円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シンパリカ・トリオ【犬用】

    シンパリカ・トリオ【犬用】

    シンパリカ・トリオ(犬用)は、フィラリア予防とノミ・マダニ、内部寄生虫駆除薬です。 従来のノミ・マダニ駆除薬であるシンパリカに新たな有効成分が加わり、フィラリア予防と内部寄生虫も駆除できるようになりました。 また、生後8週齢の仔犬や小さい愛犬にも安全に使用できます。 ・ご注文時期によりパッケージが異なる場合があります。
    製造:ゾエティス

    もっと見る

    1箱6,000円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セラフォーテ【犬用】

    セラフォーテ【犬用】

    最安値レボスポット(レボリューションジェネリック)【犬用】もございます。 セラフォーテ(犬用)は、サバベットが製造しているレボリューションのジェネリック(後発医薬品)です。 有効成分や効果、使用方法は同一ですが、1本あたりは半額近い価格で購入できます。 先発薬のレボリューションが1箱3本入りであるのに対して、セラフォーテ(犬用)は1箱に6本入りであるため、多頭飼いの飼い主さんには特にオススメできるパッケージングの商品です。
    猫用の商品はコチラ
    製造:サバベット

    もっと見る

    1箱5,300円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ストロングホールド【犬用】

    ストロングホールド【犬用】

    ストロングホールド(犬用)は、フィラリア予防薬レボリューションのヨーロッパ版です。 フィラリア予防と同時にノミの成虫と幼虫の駆除、ノミの卵の孵化の阻害、耳ダニの駆除が1本で行えます。 投与は、皮膚に垂らすだけのスポットタイプで簡単です。 ・大型犬用(20~40kg) 発送時期によりパッケージが異なる場合がございます。 ・子犬用(2.5kg未満)は子猫にもご利用頂けます。
    猫用の商品はコチラ
    製造:ゾエティス

    もっと見る

    1箱4,500円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ミルプラゾンチュアブル【犬用】

    ミルプラゾンチュアブル【犬用】

    ミルプラゾンチュアブル(犬用)は、フィラリア予防とお腹の寄生虫を駆除できる寄生虫駆除薬です。 有効成分ミルベマイシンオキシムとプラジクアンテルがフィラリア予防をはじめ、線虫や条虫など複数の寄生虫を駆除します。
    製造:KRKA

    もっと見る

    1箱4,066円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ミルプラゾン【犬用】

    ミルプラゾン【犬用】

    ミルプラゾン(犬用)は、有効成分ミルベマイシンオキシムとプラジクアンテル(プラジカンテル)配合の寄生虫駆除薬です。 フィラリア予防薬だけでなく、線虫、条虫、多包条虫までしっかり駆除してくれます。 5kg以上の犬用:5月上旬入荷予定
    猫用の商品はコチラ
    製造:KRKA

    もっと見る

    1箱2,266円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • セレホールド【犬用】

    セレホールド【犬用】

    セレホールド(犬用)は、フィラリア予防薬のレボリューションやストロングホールドと同じ有効成分セラメクチンを含む駆虫薬です。 1本でフィラリア予防、ノミの駆除・寄生予防、ミミヒゼンダニ・シラミ・疥癬虫の駆除が行えます。 滴下タイプのため、経口薬が苦手な犬にも使用できます。 注文時期により、パッケージが異なります。 子犬用(2.5kg以下)は子猫にもご利用頂けます。
    猫用の商品はコチラ
    製造:KRKA

    もっと見る

    1箱3,500円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アドボケート【犬用】

    アドボケート【犬用】

    アドボケート(犬用)はフィラリア予防、ノミの駆除薬です。 最大の特徴はフィラリアや回虫などの内部寄生虫への殺効果が1ヵ月間継続し、1回の投与で内外の寄生虫を駆除できます。 皮膚に薬液を垂らすスポットタイプです。
    猫用の商品はコチラ
    製造:エランコ

    もっと見る

    1箱4,175円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ストロングホールド6本+プロポリスワン1000mLセット【犬用】

    ストロングホールド6本+プロポリスワン1000mLセット【犬用】

    ヨーロッパのEU販売版レボリューション(ストロングホールド)と虫よけシャンプーのセットです。 2つを併用することでフィラリア・ノミ・ダニ対策をさらに万全なものに。
    お知らせ

    ※当商品は宅急便配送のため、郵便局留めはご指定いただけません。 コロナウィルスの影響による貨物航空便の減便の為、お届けが通常より2週間~3週間ほどかかる場合があります。

    製造:ゾエティス

    もっと見る

    1セット11,000円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レボリューション【犬用】

    レボリューション【犬用】

    最安値レボスポット(レボリューションジェネリック)【犬用】もございます。 レボリューション(犬用)はフィラリア予防、ノミ、耳ダニの駆除が同時に行える寄生虫対策のお薬です。 投与はカンタン、月に1回、首筋や肩甲骨に液剤を垂らすだけでOK! ・子犬用(2.5kg未満)は子猫にもご利用頂けます。
    猫用の商品はコチラ
    製造:ゾエティス

    もっと見る

    1箱4,766円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • バジルガードプラス【犬用】

    バジルガードプラス【犬用】

    次回入荷時期未定。 同成分(イベルメクチン)ストロングハートプラス【犬用】は在庫がございます。 バジルガードプラス(犬用)は、カルドメック(ハートガードプラス)のジェネリックです。 ハートガードプラスと同成分が配合されていますが、低価格でコストパフォーマンスに優れることから人気の商品です。 感染症であるフィラリア症を予防するだけでなく、おなかの虫(消化管内寄生虫)の駆除も同時に行います。 ・この商品は犬専用のイベルメクチンです。 ・犬以外の動物への投与はできません。
    飼い主様用商品はコチラ
    製造:バジル

    もっと見る

    1箱2,400円~
    売切れ
    詳細を見る
  • ハートプロテクトプラス【犬用】

    ハートプロテクトプラス【犬用】

    入荷時期未定 同成分(イベルメクチン)ストロングハートプラス【犬用】は在庫がございます。 ハートプロテクトプラス(犬用)は犬のフィラリア予防薬カルドメックチュアブルのジェネリック医薬品です。 安心の日本語パッケージ。 リーズナブルながらもフィラリア予防と内部寄生虫駆除の高い効果があります。 ・この商品は犬専用のイベルメクチンです。 ・犬以外の動物への投与はできません。
    飼い主様用商品はコチラ
    製造:バジル

    もっと見る

    1箱2,750円~
    売切れ
    詳細を見る
  • センチネルスペクトラム【犬用】

    センチネルスペクトラム【犬用】

    ※次回入荷時期未定 フィラリア予防薬「ネクスガードスペクトラ」は在庫がございます。 センチネルスペクトラム(犬用)はフィラリアやその他寄生虫の駆除薬です。 全犬種に対し安全に使用できる3つの有効成分を含み、投薬もしやすいチュアブル錠です。
    製造:エランコ

    もっと見る

    1箱7,225円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る
フィラリア予防薬はどれを選んでも基本的に予防効果に優劣はありません。
どの薬でも予防期間中(一般に5月~12月まで※地域や天候による)にしっかりと投薬していればフィラリアは100%予防できます。

ですので、フィラリア予防薬を選ぶ場合は、対策すべき寄生虫の種類(飼育方法や地域による)や、投薬のしやすさ、価格などで選ぶと良いでしょう。
チュアブル
画像 商品名 値段 ポイント
イチ押し
在庫あり
ネクスガードスペクトラはテレビCMでおなじみのノミ・マダニ駆除薬ネクスガードに、フィラリア予防とおなかの虫の駆除の効能を加えたオールインワンな寄生虫ケアのお薬です。 食いつき抜群のおやつタイプのお薬です。お薬が苦手なワンちゃんも、ネクスガードスペクトラを待ちきれない! 発送時期・注文時期により、パッケージが異なります。 小型犬用2箱を注文した場合、3チュアブル錠または6チュアブル錠入りのパッケージでの発送となる場合がございます。画像をご確認ください。
3錠
7,200円~
・ノミ、マダニも同時駆除
・一番人気
在庫あり
ストロングハートプラスは、犬のフィラリア予防薬です。 フィラリア予防と同時に回虫、鉤虫、鞭虫の消化管内線虫の駆除も可能なお薬です。 牛肉風味で食べやすく、月に1回の投与でペットの体を寄生虫から守ります。 この商品は犬専用のイベルメクチンです。犬以外の動物への投与はできません。 人間用のイベルメクチンはこちらです
6錠
3,700円~
・安価に抑えたいけどスポット薬が面倒な方はコレ
・ノミ、マダニには効かないけど安価
在庫あり
シンパリカ・トリオ(犬用)は、フィラリア予防とノミ・マダニ、内部寄生虫駆除薬です。 従来のノミ・マダニ駆除薬であるシンパリカに新たな有効成分が加わり、フィラリア予防と内部寄生虫も駆除できるようになりました。 また、生後8週齢の仔犬や小さい愛犬にも安全に使用できます。
3錠
6,000円~
・ノミ、マダニも同時駆除
・小粒で飲ませやすい
在庫あり
クレデリオプラス(犬用)は、犬用の寄生虫駆除薬です。 これ一本でフィラリア予防、ノミ・マダニの駆除から、お腹に寄生する犬回虫、鉤虫、鞭虫までも一度に駆除できるオールインワンのお薬です。 犬が大好きなビーフフレーバー付きチュアブル錠なので、おやつ感覚で与えることができます。
6錠
13,200円~
・ノミ、マダニも同時駆除
・噛まずに飲んでも大丈夫
スポットオン
画像 商品名 値段 ポイント
イチ押し
在庫あり
日本国内最安値! 猫用6% 2.5~7.5kg未満 4月下旬入荷予定 レボスポット(レボリューションジェネリック)は、フィラリア予防、ノミ、耳ダニ、猫回虫の駆除を同時に行うことができるお薬レボリューションのジェネリックです。 月に1回、首筋や肩甲骨に液剤を垂らすだけで投与が完了する使いやすいお薬です。 1本あたり400円台からと、お買い得なうえに高品質、パッケージも可愛くて、お値段、品質、ビジュアルの3拍子そろったお薬です。 ※有効成分含有量(6%、12%)により、薬剤の色が異なります。
3本
2,700円~
・犬用で安価に抑えたいならコレ
・レボリューションと同成分、同効果
・ジェネリックで安価
在庫あり
プリノケートは犬猫・フェレット用のフィラリア予防、ノミダニ、回虫、鉤虫などの内部寄生虫に対して有効な、内・外部寄生虫駆除薬です。 アドボケートと同じ有効成分と効果があり、フレンチハートワーム(現在、世界中で感染報告されている)の予防・治療に使用されています。
3本
3,300円~
・フィラリア以外の内部寄生虫にも効く
・1つの薬で複数種の駆除
在庫あり
最安値レボスポット(レボリューションジェネリック)もございます。 レボリューションは猫と犬のフィラリア予防、ノミ、猫回虫、耳ダニの駆除が同時に行える寄生虫対策のお薬です。 投与はカンタン、月に1回、首筋や肩甲骨に液剤を垂らすだけでOK!
3本
5,300円~
・どうしても先発薬がよい方はコレ
・フィラリア予防スポット薬の代表格
錠剤
画像 商品名 値段 ポイント
在庫あり
ミルプラゾンは、犬猫兼用の寄生虫駆除薬です。 有効成分はミルベマイシンオキシムとプラジクアンテル(プラジカンテル)で、線虫、条虫、多包条虫までしっかり駆除してくれます。
2錠
2,400円~
・ノミ、マダニには効かないけど安価
・やや投与しづらい
いつも利用している等の特別な理由がなければ、投与しやすく改良されたおやつタイプがオススメです

2024年の売れ筋ランキング

通販の利用で賢くお悩み解決

フィラリア予防薬は、動物病院で処方されるのが一般的です。

最近はフィラリア以外にもノミやマダニ、お腹の寄生虫(鉤虫、回虫、鞭虫)も一緒に対策できる、オールインワンタイプのフィラリア予防薬が主流となっています。

しかし、次々と新しいお薬が登場すると共に、お薬代は年々高くなっているため、飼い主さんにとっても悩みどころではないでしょうか。

さらに、地域によっては通年投与を推奨している動物病院も増えているため、愛犬のフィラリア予防薬にかかる費用は悩みの種です。

動物病院の処方に関するお悩み
  • 毎年の高額な薬代に頭が痛い
  • 愛犬が動物病院を嫌がり互いにストレス
  • 動物病院が近所にない
  • 通年投与を勧められたが費用の負担が大きい

これらの悩みを抱える飼い主様の中には、フィラリア予防薬を通販の購入に切り替える方も増えています。

通販では犬のフィラリア予防薬が動物病院よりも安く購入できるだけでなく、時間や場所を選ばずに注文できるため、忙しい方にもピッタリです。

しかし、フィラリア予防薬の通販購入に以下のような不安を抱える方も少なくありません。

そんな悩みや不安を解決するため、ここではフィラリア予防薬の通販について詳しく説明していきます。

フィラリアと予防薬について

愛犬のフィラリア予防薬を通販で購入するにあたり、まずはフィラリアについて正しい知識を知っておくことが大切です。

フィラリアは予防さえしていれば必ず防げる病気です。
ここでは、そもそもフィラリアとは何かをはじめ、感染経路やフィラリアの症状、フィラリアの検査、治療方法について解説します。

すでにご存じの方は、再確認のために見ていただければ幸いです。

そもそもフィラリアって何?

フィラリア予防薬を通販する前に「フィラリア」について知っておこう

フィラリアとは、犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)とも呼ばれる寄生虫の一種です。

名前の通り犬を終宿主とする糸状の虫で、心臓や肺などに住み着いてフィラリア症(犬糸状虫症)を引き起こします。

一般的には「フィラリア」という名称はこのフィラリア症を指す場合が多いようです。

昭和の終わりまでフィラリアは、犬の死亡原因トップの怖い病気でしたが、現在は予防薬が開発され100%防げる病気となりました

うちの子は室内飼いだから大丈夫などと思わず、ぜひしっかり予防してあげましょう。

犬のフィラリア症についてはこちらもご覧ください。

フィラリアの感染経路

フィラリアの感染経路

フィラリアは蚊を媒介として感染します。

蚊がフィラリアに感染している犬の血を吸う時、血液と一緒にミクロフィラリア(フィラリアの幼虫)を取り込むことで、蚊の体内にミクロフィラリアが入り込みます。

ミクロフィラリアは蚊の体内で、次の感染形態の幼虫へと成長します。
そして蚊が別の犬の血を吸血する時に、蚊のクチバシを通じて幼虫が皮下組織に侵入することで、フィラリアに感染します。

幼虫は皮下組織で1ヶ月ほどかけて、さらに成長します。
やがて血管内へと侵入し、血流に乗って心臓や肺などに到達して成虫へと成長します。

犬の体内にフィラリアのオスとメス両方の成虫がいた場合、交尾によって血管内に幼虫のミクロフィラリアを産みます。

血管内のミクロフィラリアを血と共に吸血した蚊を介して、別の犬や猫への感染を繰り返していくのが、フィラリアの感染経路となります。

そのため、フィラリアが成虫になる前の早期予防が肝心です。

犬のフィラリアの症状

犬がフィラリアに感染してしまうと潜伏期間を経て、症状が発症します。

潜伏期間は長いことが多く、感染してから発症まで何年も経過することがあります。
そうならないためにも、日頃からしっかり予防してあげることが大切です。

犬のフィラリアの主な症状

犬のフィラリアの主な症状
  • 咳をすることがある
  • 呼吸が苦しそう
  • 食欲がない
  • 以前より疲れやすい
  • お腹が膨らんできた
  • 尿が赤くなる

フィラリアの症状は急に現れることが多く、気づいた時には重症化している場合が多いです。

また、最悪死に至る恐れもあるため、フィラリアはとても怖い病気なのです。

フィラリアの感染初期は目立った症状がないため、気づけないことも多いです。
だからこそ「感染させない」ために、日頃からしっかり予防することが重要です。

フィラリアの症状についてはこちらもご覧ください。

フィラリアの検査

犬のフィラリア予防は毎年行いますが、初めて予防を行う年はフィラリアの陽性検査が必要になります。

もし、フィラリアに感染した犬に予防薬を与えてしまうと、心臓に住み着いたフィラリア成虫により急性フィラリア症を引き起こしたり、血中の幼虫(ミクロフィラリア)の大量死によりショック症状を引き起こしたりと、とても危険です。

そのため、フィラリア予防薬の投与の前には必ず検査が必要なのです。

※フィラリア予防がしっかり出来ていれば2年目以降は必要ありませんが、念のために検査を行う方が安全です。

フィラリア検査の方法と検査費用についてはこちらをご覧ください。

フィラリアの治療法

フィラリアの治療法は内科的治療と外科手術の2つあります。

内科的治療
  • 各種検査(血液、超音波、レントゲン等)
  • プレドニゾロン(ステロイド薬)の投与
  • 抗生物質の投与
  • フィラリア症予防薬の投与

検査によって血中・心臓付近にミクロフィラリア確認されると、フィラリアの持つ「ボルバキア菌」を抑える抗生物質を投与されます。

続けて、予防薬の摂取によるアナフィラキシーを防ぐ「プレドニゾロン(ステロイド薬)」、長期継続によってフィラリア成虫に効果を発揮する「フィラリア予防薬」の投与を行っていきます。

その後、数か月経過を観察しながら陰性と判断されるまで検査と治療を継続していきます。

外科手術
  • 心エコー図検査
  • つり出し手術

動物病院でのフィラリア検査にて「急性フィラリア症」と判断された場合、つり出し手術が行われる場合があります。

つり出し手術とは、頸動脈に穴を空け心臓まで鉗子を挿入し、フィラリア成虫を調節つまみ出す手術方法です。

上記2つの治療法はどちらも急を要する状態での治療法で、一番の対策は日ごろの予防に他なりません。

フィラリア症は予防できる

フィラリアを予防するために、蚊取り線香や虫よけハーブを用いる方がいますが、過信するのは禁物です。

定期的にフィラリア予防薬を正しく投与することで、100%予防できます。

フィラリア予防については、こちらの記事をご覧ください

フィラリア予防薬を投与する予防期間

フィラリア予防薬を投与する予防期間

フィラリアは蚊を媒介して感染するため、蚊の発生時期に合わせてフィラリア予防薬を定期的に投与する必要があります。

昨今では1年を通して毎月のフィラリア予防が主流になってきました。
これは地球温暖化の影響で蚊の発生時期が例年より伸びたことによるものです。

正確な蚊の発生時期は、住んでいる地域によっても異なるので、注意が必要です。

犬のフィラリア予防期間についてはこちらの記事をご覧ください

愛犬がフィラリア予防薬を飲まない時の対策

動物病院によっては苦いお薬のフィラリア予防薬を処方される場合があります。

人間と同じく犬も苦いお薬は苦手な子も多いため、投薬に苦労する飼い主さんも少なくありません。

薬を砕いてフードに混ぜる方法もありますが、犬によってはニオイや味を感じ取ってしまい、拒否反応を起こすことも多いです。

そこで、愛犬がフィラリア予防薬を飲まない時の対策には、犬が好むフレーバーが付いたおやつタイプのお薬をおすすめします。

なお、一般的におやつタイプの薬は食いつきの良さに定評がありますが、犬によっては食べてくれないケースもあります。

そんな時はフードに混ぜて与える、嗜好性の高い液状おやつを混ぜるといった対策を行ってみてください。

また、「ネクスガードスペクトラからクレデリオプラスに変更したら喜んで食べてくれた」という口コミもあるので、うまくいかない場合は違うフィラリア予防薬を試してみてください。

食いつきの良いネクスガードスペクトラやクレデリオプラスでも、すぐに吐き出してしまう犬もいます。

その場合は、皮膚に薬液を垂らして使うスポットタイプのフィラリア予防薬に切り替えるといいでしょう。

犬が薬を飲まない場合は、こちらの記事をご覧ください。

【犬用】フィラリア予防薬の種類

通販で買えるフィラリア予防薬について

フィラリア予防薬には、フィラリア予防の効果があるものだけでなく、フィラリア以外の寄生虫を予防できるお薬もあります。

犬用フィラリア予防薬は、「チュアブルタイプ」「スポットオンタイプ」「注射タイプ」「オールインワンタイプ」があり、種類が豊富です。

チュアブルタイプ

チュアブルタイプは食べさせるお薬です。
基本的には直接食べさせる、もしくはフードに混ぜて与えます。

経口投与なので薬剤のべたつきがなく、投与後すぐにペットと触れ合うことができます。

チュアブルタイプのオススメはコチラ

スポットオンタイプ

スポットオンタイプは滴下式のお薬です。
犬の皮膚に直接垂らして使用します。

経口薬と異なり、薬が苦手なペットにも使用できます。
アレルギーのあるペットには注意が必要です。

また、薬が全身に行きわたり、乾くまではペットに触れることができません。

スポットオンタイプのオススメはコチラ

注射タイプ

フィラリア予防注射は、1年に1回接種することで体内に侵入したフィラリアの幼虫を駆除効果があります。

1回の注射で1年間効果があるため、投薬忘れの心配がありません。

しかし、成長期や妊娠中の犬は接種できないという注意点があり、注射を導入していない動物病院もあります。

フィラリア注射についてはこちらをご覧ください。

オールインワンタイプ

フィラリアの予防薬に、ノミ・ダニの駆除薬やおなかの虫の駆除薬を配合したものをオールインワンタイプと呼びます。

犬のオールインワンタイプのほとんどはおやつタイプの形状をしており、投与に手間がかかりません。

オールインワンタイプのオススメはコチラ

通販購入と動物病院処方との比較

フィラリア予防薬は「通販購入」と「動物病院処方」でそれぞれ異なる点があります。

通販 動物病院
薬代 約1,500円/月 約2,700円/月
診察料 0円/(診察ナシ) 約1,000円(初回)
届く日数 およそ2週間 即日

日本の動物用の薬はヒト用のお薬と異なり、薬価が定められていないために動物病院によっては高額な場合があります。

一方で通販購入できるフィラリア予防薬は海外製で、オーストラリアやヨーロッパ、アジアなどではフィラリア予防薬はペットショップや大型スーパーでも市販されており、値段も日本よりはるかに安く設定されています。

そのため、処方せんも必要ありません。

フィラリア予防薬の通販は海外から直接輸入するので、安価に購入できます。

犬のフィラリア予防薬の値段についてはこちらの記事もご覧ください。

フィラリア予防薬の通販は大丈夫?

フィラリア予防薬の通販は大丈夫?違法性は?

フィラリア予防薬は、動物病院よりも通販で購入する方が安価で購入できます。

しかし、「通販での購入は違法じゃないの?」と気にされる方もいます。

また、通販のフィラリア予防薬は偽物や品質の悪いものが売られているのではないか、などが気になりますよね。

購入は通販の方がお得なのは分かりましたが、法律的には問題ないのでしょうか?
ここでは、それらの疑問点や注意点について詳しく解説します。

フィラリア予防薬の通販は法律上問題ない

フィラリア予防薬は獣医師の指示が必要な要指示医薬品であるため、国内では通販で販売することが禁じられています。

そのため、楽天やAmazonなどの通販サイトでは購入できません。

一方、同じ通販サイトでも海外通販でフィラリア予防薬を購入することは、法律上問題ありません。

フィラリア予防薬のような動物用医薬品は個人が所有するペットのみへの使用目的であれば、個人輸入という形で購入することが認められているのです。

ただし、個人輸入した医薬品等を他の人へ売る・譲るといった行為は認められないため、その点はご注意ください。

動物用医薬品の個人輸入についてはこちらの記事もご覧ください。

通販は偽物が多そうで心配

通販では、偽物のお薬を取り扱っている悪質な業者が存在している可能性もあります。

当サイトが取り扱っているフィラリア予防薬は、海外の信頼できる大手ディストリビューターから仕入れたメーカー正規品です。

フィラリア予防薬以外の商品も、メーカー正規品を取り扱っています。

万が一にも偽物・コピー品をお届けすることはございませんが、少しでも疑問に思われた場合は、遠慮なくお問い合わせください。

フィラリア予防薬を使用する際の注意点

フィラリア予防薬を使用するには、以下の注意点に気を付ける必要があります。
愛犬の命に関わることなので、必ず確認しておきましょう。

事前にフィラリア検査を行う

フィラリア予防薬は、既にフィラリアに感染した犬には使用できません。

既に感染した状態でフィラリア予防薬を投与すると、クロフィラリア(フィラリアの幼虫)が大量に死滅することで、意識障害などのショック症状を起こす可能性があります。

さらに、駆除した死骸が血管に詰まることで、最悪の場合死亡してしまうケースもあります。

自己判断でフィラリア予防薬を投与するのは上記のようなリスクがあり、非常に危険です。

そのため、フィラリア予防薬を使用する際は、投与前に必ずフィラリア検査を行いましょう。

必ず事前の検査によって、犬がフィラリアに感染していないことを確認してから、使用する必要があります。

飲み忘れなく毎月投与する

フィラリア予防薬は愛犬の年齢や体重、妊娠の有無などで使用できる薬が変わってきます。

フィラリア予防薬を選ぶ際には必ず愛犬の状態を確認し、愛犬に合ったもの・使用できるものを選びましょう。

その為、フィラリア予防薬を飲み忘れて2ヶ月以上間隔が空いてしまうと、上述の通り使用することができなくなってしまいます。

もし飲み忘れてしまった場合は、自己判断で再開せず、必ずフィラリア検査を受けさせるようにしましょう。

フィラリア予防薬の飲み忘れについての記事もご覧ください。

愛犬の年齢や体重、妊娠の有無などを確認

フィラリア予防薬は、愛犬の年齢や体重、妊娠の有無によって使用できる薬が異なります。

フィラリア予防薬を選択する際には、必ずこれらの情報を確認し、問題なく使用できるか否かを確認するようにしましょう。

子犬へのフィラリア予防薬の投与についての記事もご覧ください。

フィラリア予防薬の選び方

フィラリア予防薬の選び方

フィラリア予防薬の値段はまちまちですが、フィラリアの予防効果に違いはありません。

値段が安いからといって効果が薄いということはなく、どのお薬でも100%フィラリアを予防できます。

基本的に獣医さんで処方されたものと同じものを選ぶのが間違いありませんが、愛犬の好みなどに合わせて選べば、投薬のストレスも軽減されるでしょう。

このページでは、主に以上4つのタイプに分けてオススメしていきます。

もっと詳しくおすすめのフィラリア予防薬を知りたい方はこちら

チュアブル(おやつ)タイプで選ぶ場合

チュアブルタイプはおやつとして与えることができるお薬です。

粉薬、錠剤にフレーバーをつけたチュアブル錠、ジャーキー状のおやつタイプがあります。
おやつタイプのお薬は犬の食いつきが良く、投与に手間がかかりません。

チュアブルタイプの薬
  1. カルドメックチュアブル
  2. ストロングハートプラス

カルドメックチュアブル

カルドメックチュアブル

カルドメックチュアブルは、犬のフィラリア予防薬の定番です。
おやつタイプのお薬で、食いつきの良さは抜群です。

飼い主様からの一言レビュー
  • 薬嫌いな愛犬が喜んで食べてくれました!
体重別取り扱い一覧
  • 小型犬用(5.7~11.3kg)
  • 中型犬用(11.4~22.6kg)
  • 大型犬用(22.7~45.3kg)
有効成分 イベルメクチン、パモ酸ピランテル
効果 フィラリア予防、おなかの虫(回虫、鉤虫、鞭虫)の駆除
副作用 食欲不振、嘔吐、下痢、元気消失、歩様異常、痙攣および流涎

>>カルドメックチュアブルの詳細はこちら

スポット(滴下)タイプで選ぶ場合

スポットタイプは皮膚に薬液を垂らして使うフィラリア予防薬で、飲み薬が苦手な犬に適しています。

スポットタイプの薬
  1. レボリューション
  2. レボスポット
  3. アドボケート
  4. プリノケート

レボリューション

レボリューション

レボリューションは、皮膚に垂らすだけなので投与が簡単です。
フィラリア予防の他に、ノミや耳ダニなども同時にケアできます。

飼い主様からの一言レビュー
  • 食べ物の変化にかなり敏感なうちの子には首に垂らすタイプがピッタリです。
体重別取り扱い一覧
  • 子犬用(2.5kg未満)
  • 超小型犬用(2.5~5kg未満)
  • 小型犬用(5~10kg未満)
  • 中型犬用(10~20kg未満)
  • 大型犬用(20~40kg)
有効成分 セラメクチン
効果 フィラリア予防、ノミ駆除、ミミヒゼンダニ(耳ダニ)の駆除
副作用 投与部位に炎症、一過性の脱毛。薬剤を舐めた場合、嘔吐、流涎。

>>レボリューションの詳細はこちら

オールインワンタイプで選ぶ場合

フィラリア以外の寄生虫の対策が必要な場合は、複数の駆除薬を一つにまとめたオールインワンタイプがおすすめです。

複数のお薬をバラバラに与えるよりも手間がかからず、お薬代が安くなる場合があります。

オールインワンタイプの薬
  1. ネクスガードスペクトラ
  2. シンパリカ・トリオ
  3. クレデリオプラス

ネクスガードスペクトラ

ネクスガードスペクトラ

草むらや芝生、山、川など、自然が大好きな犬にピッタリです。食いつきの良いおやつタイプです。

飼い主様からの一言レビュー
  • お気に入りのおやつになってしまったみたいで逆に大変です笑
体重別取り扱い一覧
  • 超小型犬用(2~3.5kg未満)
  • 小型犬用(3.5~7.5kg未満)
  • 中型犬用(7.5~15kg未満)
  • 大型犬用(15~30kg未満)
  • 超大型犬用(30~60kg)
有効成分 アフォキソラネル、ミルベマイシンオキシム
効果 フィラリア予防、ノミ・マダニの駆除、おなかの虫(回虫、鉤虫、鞭虫、条虫の駆除)
副作用 ごくまれに下痢、嗜眠、食欲不振、嘔吐

>>ネクスガードスペクトラの詳細はこちら

価格で選ぶ場合

フィラリア予防薬は毎年必要になるお薬ですので、なるべく費用を抑えたいと考えるのは当然です。

そんな飼い主さんにオススメなのは、フィラリア予防薬のジェネリック医薬品です。

先発のお薬と全く同じ効果で安く手に入る為、特に多頭飼育、保護活動をされている方にはうってつけです。

ストロングハートプラス

ストロングハートプラス

ストロングハートプラスは、カルドメックチュアブルのジェネリックです。

1錠あたり小型犬617円、中型犬650円、大型犬667円と、カルドメックチュアブルよりも4割近く費用を抑えられます。

ストロングハートプラス カルドメックチュアブル
小型犬用 6錠3,700円 6錠5,700円
中型犬用 6錠3,900円 6錠5,800円
大型犬用 6錠4,000円 6錠6,900円
飼い主様からの一言レビュー
  • カルドメックチュアブルを使っていたので安価なジェネリックに変えました
体重別取り扱い一覧
  • 小型犬用(5.7~11.3kg)
  • 中型犬用(11.4~22.6kg)
  • 大型犬用(22.7~45.3kg)
有効成分 イベルメクチン、ピランテル
効果 フィラリア予防、おなかの虫(回虫、鉤虫、鞭虫)の駆除
副作用 嘔吐、吐き気、下痢、食欲不振、運動失調、痙攣、瞳孔散大など

注意点として、ストロングハートプラスはフィラリア予防薬の費用を抑えることはできますが、ノミ・ダニの駆除効果はありません。

そのため、ストロングハートプラスを使用する場合は、ノミ・ダニ駆除薬と併用する必要があります。

>>ストロングハートプラスの詳細はこちら

>>ノミ・ダニ駆除薬の詳細はこちら

レボスポット(レボリューションジェネリック)

レボスポット(レボリューションジェネリック)

レボリューションと同じ成分のお薬がジェネリックなら1本あたり900円~購入できます。
使い方の説明は日本語で記載されているので、安心して使用できます。

飼い主様からの一言レビュー
  • 首に垂らすだけの予防薬は高いことが多いので助かります!
体重別取り扱い一覧
  • 子犬用(2.5kg未満)
  • 超小型犬用(2.5~5kg未満)
  • 小型犬用(5~10kg未満)
  • 中型犬用(10~20kg未満)
  • 大型犬用(20~40kg未満)
有効成分 セラメクチン
効果 フィラリア予防、ノミ駆除、ミミヒゼンダニ(耳ダニ)の駆除
副作用 投与部位に炎症、一過性の脱毛。薬剤を舐めた場合、嘔吐、流涎。

なお、レボスポットはミミヒゼンダニの駆除効果はありますが、マダニの駆除はできません。

もし愛犬と散歩で公園や山道などに行く機会が多い場合は、マダニの駆除もできるフィラリア予防薬がおすすめです。

>>レボスポット(レボリューションジェネリック)犬用の詳細はこちら

フィラリア予防薬の副作用

フィラリア予防薬は上記で紹介したタイプごとに、異なる副作用が存在します。

皮膚に垂らすスポットタイプでは皮膚のかゆみ、チュアブルタイプでは嘔吐や下痢といった症状が起こる場合もあります。

副作用は一時的な症状で治まるものが多いですが、症状が長引く・不調が続くといった場合は、すぐに獣医師の診察を受けてください。

フィラリア予防薬の副作用についての詳細は、こちらの記事をご覧ください。

フィラリア予防薬の通販Q&A

フィラリア予防薬の通販Q&A

フィラリア予防薬の通販購入について、よくある質問と回答を紹介しています。
気になる疑問点がある方は、ぜひ参考になさってください。

Q.商品の発送は国内からですか?

A.発送は一部商品を除いて海外(香港、インド、シンガポール)からの発送となります。

Q.どれくらいで届きますか?

A.2週間から3週間ほどでのお届けとなりますが、通関の状況などによって前後いたしますので目安としてお考えください。

Q.フィラリア予防薬を与えるのを忘れてしまいました。

A.飲み忘れに気がついたのが、最後の投薬から1~2ヶ月以内であればすぐにお薬を与えるようにしましょう。

咳などの症状が出ていてもフィラリア症の症状である可能性は高くありません。
フィラリアの幼虫が成長しきる前に駆除することが大切です。

フィラリア予防薬を飲ませ忘れたときはこちらの記事をご覧ください

Q.フィラリア予防薬は他のお薬と併用できますか?

A.予防薬によっては他の成分と相互作用がある場合もあります。
各商品ページを参照に、現在飲んでいるお薬がある場合は獣医師さんに相談してください。

Q.フィラリア予防薬を吐き戻してしまいました。

A.投薬から2時間以内に吐き戻してしまった場合は成分が吸収されていない場合があります。
再度お薬を与えるようにしてください。

Q.フィラリア予防薬を投与した後のシャンプーは大丈夫ですか?

A.チュアブルタイプの予防薬であればすぐにシャンプーをしても問題ありません。

ただし、レボリューションは2時間経過した後でないとシャンプーできないなど、お薬によって異なります。
詳しくは各商品ページをご参照ください。

Q.去年買ったフィラリア予防薬は使えますか?

A.使用期限の切れた薬ではフィラリア予防は出来ません。
期限をよく確認し、注意する必要があります。

Q.フィラリアの薬と注射はどちらがおすすめ?

A.フィラリア注射は1度に1年分の薬剤を注入するため、1回の処置で済みますが、飲み薬に比べて副作用が強いです。

1回の投薬でフィラリア予防を済ませたい場合は注射を、副作用が心配な場合はお薬を検討されてください。

どちらを選んだらいいか悩む場合は、獣医師さんに相談して判断しましょう。

Q.体重より少ない量・多い量飲んでもいいの?

A.フィラリア予防薬は犬に合った適正量を使用することで、十分な予防を行えます。
もし体重より少ない量を服用した場合、予防が十分に行えない可能性があります。

飼い犬の体重が使用予定のフィラリア予防薬に定められている上限ギリギリの場合、毎月体重を測って適正量をご使用ください。

なお、体重より多い量を服用しても問題ないとされています。
しかし、万が一、いつもと様子が違うなど気づいた点があれば獣医に相談するようにしてください。

以下の記事では、人気のフィラリア予防薬「ネクスガードスペクトラ」の体重ギリギリ時の使用について解説しているので、ご参考になさってください。

体重より少ない量・多い量を使用した場合についてはこちら

Q.フィラリア予防薬を犬が舐めてしまったら

A.少量を舐めた程度なら、問題ありません。
ただし、薬剤を舐めたことによる一時的な症状として「よだれを垂らす」場合があります。

症状は一過性のもので、しばらくすると落ち着きますが、1日以上続くようであれば、獣医師の診察を受けてください。

なお、多頭飼いの場合、フィラリア予防薬を投与した後は、犬同士が互いを舐めないよう注意してください。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
ようこそ、ぽちたま薬局へ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

ぽちたまメディア
ぽちたま薬局公式X(旧Twitter)

X(旧Twitter)限定キャンペーンなどお得な情報がいっぱい!


ぽちたま薬局スタッフブログ

ぽちたま薬局のスタッフがペットの健康や薬の選び方について詳しく説明しています。


YouTubeチャンネル
公式インスタグラム

お知らせお知らせ一覧
上へ