レボスポット(レボリューションジェネリック)
  • レボスポット(レボリューションジェネリック)
  • レボスポット(レボリューションジェネリック)
  • レボスポット(レボリューションジェネリック)
  • レボスポット(レボリューションジェネリック)
  • レボスポット(レボリューションジェネリック)
  • レボスポット(レボリューションジェネリック)
  • レボスポット(レボリューションジェネリック)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

レボスポット(レボリューションジェネリック)

更新日:
日本国内最安値!
レボスポット(レボリューションジェネリック)は、フィラリア予防、ノミ、耳ダニ、猫回虫の駆除を同時に行うことができるお薬レボリューションのジェネリックです。
月に1回、首筋や肩甲骨に液剤を垂らすだけで投与が完了する使いやすいお薬です。
1本あたり400円台からと、お買い得なうえに高品質、パッケージも可愛くて、お値段、品質、ビジュアルの3拍子そろったお薬です。
※有効成分含有量(6%、12%)により、薬剤の色が異なります。
  • 犬糸状虫の寄生予防
  • ノミ成虫の駆除
  • ノミ卵の孵化阻害
  • ノミ寄生予防
  • ミミヒゼンダニの駆除
  • 猫回虫の駆除

有効成分:セラメクチン

ご注文

レボスポット(レボリューションジェネリック) 子犬子猫用(2.5kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,880(1,8801箱あたり
56
カゴに入れる
2箱
3,600(1,8001箱あたり
108
カゴに入れる

レボスポット(レボリューションジェネリック) 猫用(2.5~7.5kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,500(2,5001箱あたり
75
カゴに入れる
2箱
4,900(2,4501箱あたり
147
カゴに入れる

レボスポット(レボリューションジェネリック) 超小型犬用(2.5~5kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,380(2,3801箱あたり
71
カゴに入れる
2箱
4,700(2,3501箱あたり
141
カゴに入れる

レボスポット(レボリューションジェネリック) 小型犬用(5~10kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,180(3,1801箱あたり
95
カゴに入れる
2箱
6,300(3,1501箱あたり
189
カゴに入れる

レボスポット(レボリューションジェネリック) 中型犬用(10~20kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
4,480(4,4801箱あたり
134
カゴに入れる
2箱
8,900(4,4501箱あたり
267
カゴに入れる

レボスポット(レボリューションジェネリック) 大型犬用(20~40kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
5,980(5,9801箱あたり
179
カゴに入れる
2箱
11,900(5,9501箱あたり
357
カゴに入れる

成分一覧

子犬・子猫用(2.5kg未満)
セラメクチン15mg/1本0.25mL中 6%

猫用(2.5~7.5kg未満)
セラメクチン45mg/1本0.75mL中 6%

超小型犬用(2.5~5kg未満)
セラメクチン30mg/1本0.25mL中 12%

小型犬用(5~10kg未満)
セラメクチン60mg/1本0.5mL中 12%

中型犬用(10~20kg未満)
セラメクチン120mg/1本1mL中 12%

大型犬用(20~40kg未満)
セラメクチン240mg/1本2mL中 12%

商品詳細

商品の概要
  • フィラリア予防、ノミダニ駆除がこのお薬だけでOK!
  • 首筋や肩甲骨の間に薬液を垂らすだけで投与完了!
  • 飲むタイプのお薬が苦手な犬や猫にピッタリ!
  • 日本語パッケージなのでわかりやすい!


レボスポットはこのお薬一つでフィラリア予防、猫回虫、ノミ駆除、耳ダニ駆除が同時に行えるオールインワンタイプの寄生虫予防、駆除薬です。

液剤を皮膚に垂らすだけで全身に有効成分がいきわたり、1ヵ月間犬や猫の体を寄生虫から守ってくれます。

犬や猫の体重別、一番軽い2.5kg未満から、一番重い40kg未満まで幅広く対応できるので、ご自分の家族の一員である犬や猫の体重に適した商品をお選びください。

適用外ですが、獣医師によってはウサギやフェレットに処方される場合もあります。

投与が簡単なスポットタイプ



レボスポットはレボリューション同様、自宅で飼い主さんが簡単に投与できる滴下式のスポットオンタイプです。

犬や猫が舐めてしまわないように、肩甲骨や首筋あたりの毛をかき分けて、皮膚に直接液剤を垂らします。

飲むタイプのお薬が苦手な犬や猫へも簡単に投与することができます。

レボスポットの効果



レボスポットの有効成分は、レボリューションと同じマクロライド系駆虫薬セラメクチンです。

新しいマクロライド系の駆虫薬で、「殺虫剤」というカテゴリにはあてはまらない、安全性の高い駆虫薬です。

フィラリア症予防



レボスポットは、有効成分のセラメクチンが皮膚から浸透することで、血管内にいるフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)の神経を麻痺させ、死滅させます。

フィラリアの幼虫が心臓や肺動脈に寄生して成虫になってしまうと、宿主である犬や猫が死んでしまうこともあるので、成虫になる前の幼虫の段階で駆除することが大切です。

レボスポットを毎月1回投与する予防法を継続することで、大切なペットの命を守ることができます。

猫回虫の駆除


有効成分セラメクチンは、消化器官内に潜んでいる猫回虫にも効果があります。
血管から腸管内に排出されたセラメクチンによって猫回虫の神経を麻痺させ駆除します。

ノミの駆除


犬や猫の毛の中に潜んでいるノミは、滴下により投与されて毛包・皮脂腺にたくわえられたセラメクチンに直接触れるか、セラメクチンを含んだ血液を吸血する事で、24時間後にはほぼ100%死滅します。

ノミは吸血後48時間以内に産卵を行うため、セラメクチンの投与により産卵を未然に防ぐことが可能になります。また、すでに生まれた卵に対しても孵化を阻害するため、ノミの繁殖を防ぎます。ノミの幼虫のエサとなるフケや成虫の糞にも浸透するため、これらに接触した幼虫も死滅させます。

ダニの駆除



有効成分セラメクチンが皮脂腺及び血管を通して耳患部まで到達し、これに接触したミミヒゼンダニを駆除します。

通常、1回の投与で100%の駆除効果が得られますが、経過をみて必要であれば3週間間隔で再投与します。

安全性に優れています


新しいマクロライド系の駆虫薬に分類されるセラメクチンは、生後6週齢から使用可能なため、妊娠中や授乳中の犬猫にも使用できる安全性の高い駆虫薬です。

人体への毒性も低いため、投与の際に誤って飼い主さまの皮膚に付着してしまっても特に問題はありません。

速乾性に優れ、2時間後には入浴もOK!


レボスポットは速乾性なので、お薬を投与して薬液が乾いた後は普段通りスキンシップを行うことが可能です。

有効成分のセラメクチンは、投与後速やかに経皮吸収されるため、2時間後にはシャンプーをしても効果に影響が出ることはありません。

安心の日本語表記パッケージ


レボリューションなど、今までのお薬はパッケージが英語表記でした。
そのためお薬の使用方法や投与量など、自分で翻訳して調べないといけない場合がありましたが、レボスポットなら初めから日本語表記なので、調べる手間がいりません。
パッケージに書かれていることが直接理解できるので、安心して使うことができます。


投与方法・使用方法

使用方法


レボスポットの投与を開始する前には必ず動物病院でフィラリアの検査を行ってください。検査の結果が陰性である場合のみ使用できます。

生後6週間の犬猫に使用することができます。



レボスポットの用量


子犬、子猫用を含む体重2.5kg未満のレボスポットはセラメクチンの含有量が6%、2.5kg以上の小型犬を含む犬用は含有量が12%となっており、体重に応じて成分量が多くなっています。

体重1㎏あたりに対してセラメクチン6mgを基準量とし、かならず犬猫の体重に合った製品を選択してください。

投与の際は、容器のチューブ(ピペット)の中身を全量滴下します。

猫に対する用量


~体重2.5kg未満子犬・子猫用0.25mL×1本
体重2.5kg~7.5kg未満猫用0.75mL×1本

※7.5㎏以上はセラメクチン6mg/kgを基準量とした適切なチューブの組み合わせ

犬に対する用量


~体重2.5kg未満子犬・子猫用0.25mL×1本
体重2.5kg~5kg未満超小型犬用0.25mL×1本
体重5kg~10kg未満小型犬用0.5mL×1本
体重10kg~20kg未満中型犬用1mL×1本
体重20kg~40kg未満大型犬用2mL×1本

※体重40kg以上はセラメクチン6mg/kgを基準量とした適切なチューブの組み合わせ

レボスポットの使い方


レボスポットの使い方

STEP1
チューブを上向きに持ち、カチッと音がしてノズルに穴が開くまで、親指でキャップを押し込みます。
キャップを外して、穴が開いているのを確認してください。

STEP2
レボスポットは肩甲骨前方の首筋の辺りに投与します。
皮膚に直接垂らせるように、体毛を掻き分けて押さえておきます。

STEP3
塗布するのは1ヵ所だけです。
チューブから皮膚に垂らすように投与し、薬剤を完全に使い切るように数回絞り出してください。
ペットが舐めたり掻いたりしないように、猫は首筋、犬は肩甲骨の間に垂らしてください。
手に付着した場合は、すぐに手を洗ってください。

レボスポットの投与回数


レボスポットは使用目的によって投与回数が異なります。
投与頻度は月1回を超えないように注意してください。

フィラリアの寄生予防


フィラリアの寄生予防には、蚊の活動開始後1ヵ月以内から活動終了後終息の1~2ヵ月後までの期間、毎月1回投与します。
投与を忘れないため毎月同じ日に投与するようにしましょう。

ノミ・ミミヒゼンダニ・回虫駆除


ノミ・ミミヒゼンダニ(耳ダニ)・回虫駆除目的の場合は1回投与します。
1回で駆除しきれない場合は、1ヵ月後に再投与します。

ノミの寄生予防


ノミの発生状況に応じて毎月1回投与します。

副作用

ノミダニの成分とフィラリアの成分など複数の成分を投与する場合に比べて、単一成分だけのレボスポットは副作用のリスクが低くなります。

・ごくわずかですが、嘔吐、下痢、食欲減退、唾液、筋肉の震え、不活発、痒み、蕁麻疹の報告があります。
・薬剤が口に入った場合、嘔吐あるいは流涎がみられる場合があります。ペットが舐めたりしないよう注意してください。
・アルコール分を含むため、傷口にしみる場合があります。
・投与部位に炎症、一過性の脱毛が現れることがあります。

注意事項

・必ずペットの種類・体重に合った製品をお選びください。
・体重が当てはまらない場合には、主成分セラメクチン6mg/1kgを基準に分量を調節してください。
・生後6週齢未満の子犬、子猫には使用しないでください。
投与を開始する前にはフィラリアの検査が必要です。 血液中にミクロフィラリアがいるペットに投与すると、駆除された大量のフィラリアの死骸によってアナフィラキシーショックが起こる可能性があり危険です。
・他の薬と併用する場合は必ず獣医師にご相談ください。
・投与頻度が月1回を超えないように注意してください。

メーカー

発送国

インド
上へ