フィラリア予防薬の個人輸入

最終更新日:

フィラリア予防薬の個人輸入について

フィラリア予防薬は継続して使用する必要があるため、できるだけ費用を抑えたいと思う飼い主さんが多いのではないでしょうか。

一般的にフィラリア予防薬は、動物病院で処方してもらう必要がありますが、個人輸入でも購入可能です。

個人輸入は手軽さと安価がメリットであるため、今後も使用を継続する場合は、選択肢のひとつとして利用を検討するのも良いでしょう。

本記事では、フィラリア予防薬を個人輸入で購入する方法や、注意点について解説していきます。

>>【犬用】フィラリア予防薬の詳細はこちら

>>【猫用】フィラリア予防薬の詳細はこちら

そもそも個人輸入とは

個人輸入とは、海外から直接商品を購入することを指します。

フィラリア予防薬のような要指示医薬品は、Amazonや楽天市場などの国内の通販サイトや、ホームセンター、ドラッグストアなどでの販売が認められていません。
そのため、動物病院での処方が一般的ですが、個人輸入を利用することで手軽に購入できます。

個人輸入は、当サイト「ぽちたま薬局」のような個人輸入代行サイトを利用することで、国内の通販サイトと同じように商品を購入できるため、難しい手続きは不要です。

個人的な使用目的であることが条件であり、自分のペットに対する使用が目的であれば違法にはなりません。

参考
医薬品等の個人輸入について│厚生労働省(外部リンク)

個人輸入代行サイトとは

個人輸入代行サイトは、個人が海外から商品を輸入する際に必要な決済や輸送会社の手配などの手続きを代行するサービスです。

一般的に日本語での対応が可能であり、日本円での決済も可能です。

一方、代行サイトを利用せずに自身で個人輸入する場合、海外の販売サイトで直接注文し、クレジットカードや国際送金などで支払いを行います。

その後、輸送手段や税関手続きなどを調整し、規制法をしっかりと理解したうえで、商品が日本に届くまでの流れを自身で管理する必要があります。

フィラリア予防薬を個人輸入するメリット・デメリット

フィラリア予防薬を個人輸入するメリット・デメリット

フィラリア予防薬を個人輸入するメリットとデメリットは、以下のとおりです。

個人輸入のメリット
●薬代が安い
●いつでも注文可能
●通院の回数を減らすことができる

個人輸入代行サイトでフィラリア予防薬の購入は、処方せんなどは必要なく、薬代も比較的安いため経済的です。

また、24時間いつでも注文が可能であり、定期的に通院する必要もないため、忙しい飼い主さんでも手軽に利用できます。

個人輸入のデメリット
●到着までに時間を要する
●個人輸入した医薬品による健康被害は救済対象外

個人輸入代行サイトで商品を購入する場合、商品の到着までに1週間~2週間ほどかかることがあり、急な需要には対応しにくい点が挙げられます。

また、個人輸入で購入した医薬品による健康被害は、救済対象外であることに留意する必要があります。

フィラリア予防薬-個人輸入の注意点

フィラリア予防薬を個人輸入する際、以下のような注意点があります。

  • 転売や譲渡は禁止
  • 偽物や使用期限切れの可能性
  • 使用は自己責任
  • 個数制限
  • 体重に合ったお薬の使用

個人輸入は、自身のペットへ使用するお薬のみ購入が認められているため、転売や譲渡は禁止されています。

偽物や使用期限の切れたお薬が届く可能性もあるため、信頼できる販売元や代行サイトを選ぶことが重要です。

また、個人輸入品は医薬品副作用被害救済制度に適用されないため、副作用や健康被害については自己責任で対処する必要があります。

そして、輸入制限の規制により一度に購入できるのは2ヶ月分までです。

お薬はペットの体重に合わせて選ぶ必要があるため、購入前に必ずペットの体重を測ったうえで購入しましょう。

参考
医薬品副作用被害救済制度(外部リンク)

個人輸入できるフィラリア予防薬

当サイト「ぽちたま薬局」では、動物病院で取り扱いのあるフィラリア予防薬だけでなく、価格の安いジェネリック医薬品も購入できます。

ただし、個人輸入する前に、必ず動物病院でフィラリア検査を受けて陰性であることを確認してください。
すでにフィラリア感染がある状態で予防薬を投与した場合、ショック状態に陥り、重篤な被害がでる可能性があります。

当サイトで扱っている犬と猫のフィラリア予防薬を紹介します。

【犬用】フィラリア予防薬

当サイトで購入できる犬用のフィラリア予防薬を紹介します。

人気のある予防薬は、犬のノミ・マダニ駆除薬で人気のあるネクスガードに、フィラリア予防とお腹の虫の駆除もできる「ネクスガードスペクトラ」です。

商品名 ネクスガードスペクトラ|選ばれてNO1
ネクスガードスペクトラ
レボスポット犬用
レボスポット犬用
キウォフハート
キウォフハート
ストロングハートプラス
ストロングハートプラス
シンパリカトリオ
シンパリカトリオ
タイプ おやつタイプ 滴下タイプ チュアブル錠 おやつタイプ おやつタイプ
フィラリア
ノミ × ×
マダニ × ×
耳ダニ × ×
回虫
鉤虫 ×
商品情報 ネクスガードスペクトラの詳細はこちら レボスポット犬用の詳細はこちら キウォフハートの詳細はこちら ストロングハートプラスの詳細はこちら シンパリカトリオの詳細はこちら

【猫用】フィラリア予防薬

当サイトで購入できる猫用のフィラリア予防薬を紹介します。

人気のある予防薬は、価格の安いレボスポット(レボリューションジェネリック)です。

商品名 レボスポット
レボスポット猫用
ネクスガードキャットコンボ
ネクスガードキャットコンボ
ストロングホールドプラス
ストロングホールドプラス
タイプ 滴下タイプ 滴下タイプ 滴下タイプ
フィラリア
ノミ
マダニ ×
耳ダニ
回虫
鉤虫 ×
瓜実条虫 × ×
多包条虫 × ×
商品情報 レボスポット猫用の詳細はこちら ネクスガードキャットコンボの詳細はこちら ストロングホールドプラスの詳細はこちら

まとめ

フィラリア予防薬の個人輸入

フィラリア予防薬は、ペットの健康を守るために継続して使用する必要があり、経済的な負担となる場合があります。
そのため、個人輸入での購入も選択肢のひとつです。

個人輸入のメリットとして、お薬代が比較的安価であり、診察料や処方せんも不要であることから、動物病院よりも経済的な点が挙げられます。

個人輸入は規制法などを把握したうえで利用必要がありますが、個人輸入代行サイトを利用することで、国内の通販サイトと同様に手軽に購入できます。

ただし、フィラリア予防薬を使用する前に、必ず動物病院でフィラリアの検査を受け、陰性であることを確認する必要があります。

定期的に投薬が必要なフィラリア予防薬を個人輸入することで、フィラリア予防の費用を安く抑えることもできます。

>>【犬用】フィラリア予防薬の詳細はこちら

>>【猫用】フィラリア予防薬の詳細はこちら

フィラリア予防薬の通販

アーカイブ

  1. ネクスガードスペクトラとクレデリオプラスの違いを徹底比較!
  2. 猫のフィラリア予防薬の費用

    猫のフィラリア予防にかかる費用は?費用を抑える方法について
  3. 犬と猫の手作りご飯のすすめ
  4. フィラリア予防薬5選

    2024年最新!犬用おすすめのフィラリア予防薬と選び方
  5. シンパリカトリオとネクスガードスペクトラの違い

    シンパリカトリオとネクスガードスペクトラはどっちがいい?違いやメリットを解説
PAGE TOP