ストロングハートプラス【犬用】
  • ストロングハートプラス【犬用】
  • ストロングハートプラス【犬用】
  • ストロングハートプラス【犬用】
  • ストロングハートプラス【犬用】
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ストロングハートプラス【犬用】

更新日:
ストロングハートプラス(犬用)は、フィラリア予防薬です。
フィラリア予防と同時に回虫、鉤虫、鞭虫の消化管内線虫の駆除も可能なお薬です。
おやつタイプで与えやすく、月に1回の投与でペットの体を寄生虫から守ります。

※この商品は犬専用のイベルメクチンです。犬以外の動物への投与はできません。

※中型犬・大型犬用 次回6月上旬入荷予定


飼い主様用はコチラ


  • 犬糸状虫症予防
  • 消化管内線虫(回虫、鉤虫、鞭虫)の駆除

有効成分:イベルメクチン、ピランテル

ご注文

小型犬用(5.7~11.3kg)6錠入り

内容量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文 お気に入り
1箱
3,700(3,7001箱あたり
111
カゴに入れる

中型犬用(11.4~22.6kg)6錠入り

内容量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文 お気に入り
1箱
3,900(3,9001箱あたり
117
売切れ

大型犬用(22.7~45.3kg)6錠入り

内容量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文 お気に入り
1箱
4,000(4,0001箱あたり
120
売切れ

成分一覧

ストロングハートプラス(犬用)の成分は以下になります。

小型犬用(5.7~11.3kg)
イベルメクチン68mcg
ピランテル57mg

中型犬用(11.4~22.6kg)
イベルメクチン136mcg
ピランテル114mg

大型犬用(22.7~45.3kg)
イベルメクチン272mcg
ピランテル227mg

商品詳細

ストロングハートプラス(犬用)は、カルドメックチュアブルのジェネリック医薬品です。

カルドメックチュアブルと同一成分、同様の効果を持っていますが、より低価格でご購入することが可能です。

ストロングハートプラス【犬用】の特徴
  • フィラリア予防と回虫・鉤虫・鞭虫などお腹の虫の駆除ができる
  • 月1回の定期投与で、効果が長時間持続し、お腹の虫から愛犬を守れる
  • ソフトチュアブルタイプで食べやすい


ストロングハートプラス【犬用】はマルチなフィラリア予防薬


ストロングハートプラス(犬用)は、サバベット社が製造・販売するフィラリア予防薬です。

フィラリア予防だけでなく、おなかの虫に対しての駆除効果も備えていることから、マルチなフィラリア予防薬として人気があります。

ストロングハートプラス(犬用)は有効成分として、イベルメクチンとピランテルの2つを含有しています。

ノミ・マダニも防ぎたい方はこちらをご確認ください。
犬用のノミ・ダニ駆除薬はこちらです。


イベルメクチン


ストロングハートプラス(犬用)に含まれるイベルメクチンにはマクロライド系の駆虫薬で、主にフィラリア幼虫に対する殺虫効果があり、幼虫の神経細胞と筋細胞に過分極を引き起こし、幼虫を麻痺させて死滅させます。

フィラリアの幼虫だけでなく、フィラリアに感染している場合、血中内のミクロフィラリアに対しても駆除効果があります。

また、哺乳類全般に対する毒性が低く、妊娠中や授乳中の犬に対しての安全性も確立されています。

コリー種には危険とされていますが、実際にはフィラリア予防に使用するイベルメクチンは極めて低用量ですのでコリー種にもお使いいただけます。

なおイベルメクチンは、人間のオンコセルカ症という病気の治療薬としても用いられています。

ピランテル


ストロングハートプラス(犬用)に含まれるピランテルはチオフェンという有機化合物の一種です。

主に回虫や鉤虫の駆除に効果があり、線形動物である消化器官内寄生虫の神経細胞に作用することで麻痺を起こし、寄生虫を便とともに体外へ排出させます。

イベルメクチン同様に副作用の少ない成分で、妊娠中の動物であっても高い安全性が認められています。

ストロングハートプラス【犬用】の効果


ストロングハートプラス(犬用)の有効成分は、駆虫効果が高く副作用が少ない、イベルメクチンとピランテルです。

ソフトチュアブルのため、滴下タイプが苦手な犬でもストレスを感じることなく、おやつ感覚で簡単に投与できます。

フィラリア症予防


ストロングハートプラス(犬用)は、有効成分イベルメクチンが血管内にいるフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)の神経を麻痺させ、死滅させます。

フィラリアの幼虫が心臓や肺動脈に寄生して成虫になってしまうと、宿主である犬が死んでしまうこともあるので、成虫になる前の幼虫の段階で駆除することが大切です。

また、ストロングハートプラス(犬用)を毎月1回継続投与することで、大切な愛犬の命を守ることができます。

ストロングハートプラス【犬用】は1回の投与で効果が長時間持続


ストロングハートプラス(犬用)は、効果が長時間持続する特徴があります。

月に1回の投与で愛犬をフィラリアや、おなかの虫から守ることができます。

ストロングハートプラス【犬用】はおやつとして投薬が可能


ストロングハートプラス(犬用)は、滴下タイプが苦手な犬でもストレスを感じることなく、おやつと同じような感覚でフィラリア予防と消化器官内寄生虫駆除が行えます。

スポットオンタイプのお薬は、投薬後すぐにシャンプーができなかったり、多頭飼いの場合などは舐めとられてしまう可能性があります。

一方、おやつタイプのストロングハートプラス(犬用)であれば、投薬後すぐのシャンプーも問題なく、愛犬とのスキンシップも妨げません。

噛み応えがあり、本物のビーフジャーキーのような風味でそのまま食べることもできるため、非常に与えやすいお薬です。

与える際は、いつものご飯に混ぜて与えるか、細かくちぎって与え、完食したかを確認するようにしてください。

ストロングハートプラス【犬用】以外のフィラリア予防薬をお探しの方へ


ぽちたま薬局では、ストロングハートプラス(犬用)以外にもフィラリア予防薬を取り扱っております。

蚊を媒体して寄生するフィラリアは蚊が多くなる時期に感染する可能性が非常に高くなるので、早めの予防、対策をしておきましょう。

また、当サイトでは、犬用以外にも猫用の商品も多数取り扱っています。
猫用のフィラリア予防薬もお探しの方は下記からご確認ください。


投与方法・使用方法

事前に血液検査を行い、ミクロフィラリアがいないことを確認したあと、投薬を開始してください。

ストロングハートプラス(犬用)の投与方法は以下になります。

投与量は毎月1回1錠です。
投与の忘れを避けるため、毎月同じ日付で与えるようにします。
フィラリア予防には、蚊の発生から終息の1~2ヶ月後までの期間与えてください。

回虫や鉤虫などの線虫類に対しては1回目の投与で十分な駆除効果を得られますが、フィラリア予防として継続投与することで消化器官内を常に清浄に保つことができます。

おやつとしてそのまま食べさせるか、または、錠剤を小さくちぎってフードに混ぜて与えてください。
また、本剤は噛んでから飲み込むことが推奨されていますので、丸飲みするようでしたら、ちぎってから与えるようにしてください。

もし、犬が薬を飲まない場合はこちらをご覧ください。

副作用

ストロングハートプラス(犬用)の副作用は以下になります。

・異常が出た場合は直ちに使用を中止し、獣医師へご相談ください。
・1.1%の割合で、嘔吐や吐き気の症状が報告されています。
・1時間以内に吐き出してしまった場合、2~3日後に再度投与するか別のお薬をお試しください。
・鬱、無気力、嘔吐、食欲不振、下痢、瞳孔散大、運動失調、よろめき、けいれん、唾液分泌過多などが見られることがあります。

注意事項

ストロングハートプラス(犬用)使用の際は以下の注意事項を確認してご使用ください。

・必ずペットの体重に合った製品をお選びください。
・体重が当てはまらない場合は1kg当たりイベルメクチン6mcg、パモ酸ピランテル14.4mgを基準量として調節してください。
・生後6週齢未満の子犬には使用しないでください。
・犬以外の動物に投与しないでください。
・既にイベルメクチンを処方されている犬にのみ推奨されます。
・コリー犬種はイベルメクチンに対して過敏に反応する場合があるので、用量の注意が必要です。
・妊娠中や授乳中のペットに与える場合は事前に獣医師にご相談ください。
・原材料に牛肉を使用しています。牛肉の食物アレルギーがある犬は注意が必要です。
・投与を開始する前には必ずフィラリアの血液検査を行い、ミクロフィラリアがいないことを確認してください。

メーカー

発送国

香港・シンガポール
上へ
本日はエイプリルフールです🙇‍♂️

ペットと楽しくお喋りできるようになるのは、もうしばらく先の未来になりそうです😅

\このページをシェアする/

× この画面を閉じる ×