バジルガードプラス
  • バジルガードプラス
  • バジルガードプラス
  • バジルガードプラス
  • バジルガードプラス
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

バジルガードプラス

更新日:
入荷未定
バジルガードプラスは、カルドメック(ハートガードプラス)のジェネリックです。
ハートガードプラスと同成分が配合されていますが、低価格でコストパフォーマンスに優れることから人気の商品です。
感染症であるフィラリア症を予防するだけでなく、おなかの虫(消化管内寄生虫)の駆除も同時に行います。
  • 犬糸状虫症予防
  • 消化管内線虫(回虫、鉤虫、鞭虫)の駆除

有効成分:イベルメクチン、ピランテル

ご注文

バジルガードプラス 小型犬用(5.7~11.3kg)6錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,400(2,4001箱あたり
72
売切れ

バジルガードプラス 中型犬用(11.4~22.6kg)6錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,900(2,9001箱あたり
87
売切れ

バジルガードプラス 大型犬用(22.7~45.3kg)6錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,100(3,1001箱あたり
93
売切れ

成分一覧

小型犬用(11kg以下)
イベルメクチン68mcg、ピランテル57mg

中型犬用(12~22kg以下)
イベルメクチン136mcg、ピランテル114mg

大型犬用(23~45kg)
イベルメクチン272mcg、ピランテル227mg

商品詳細

●高い予防効果と安全性
バジルガードの有効成分はイベルメクチンとピランテルパモ塩酸です。
この2つの成分は哺乳類への危険性が少なく、動物の寄生虫駆除薬として多く用いられています。

イベルメクチンは血液中に入るとフィラリアの幼虫の神経、筋肉細胞に作用することで、神経伝達を狂わせ駆除します。
もう1つの有効成分であるピランテルは、犬回虫や犬小回虫、犬鉤虫や胃蠕虫の神経伝達を阻害し、痙攣を引き起こさせることでこれらを駆除します。

バジルガードプラスは幅広い内部寄生虫を駆除する効果を持ちながら安全性も高く、子犬や妊娠中の犬にも使用することが可能です。

●犬が好む味が付いているチュアブルタイプの飲み薬です
多くの犬が好むような味が付いているため、そのまま与えることもできます。
そのままではなかなか食べてくれないようであれば、細かくしてフードに混ぜることもできます。
フードに混ぜる際は、体重毎に有効成分の量が変わってきますので、必ず全量を食べたのかを確認する必要があります。

バジルガードプラスはフィラリアが成虫になる前の幼虫の段階で駆除できる薬で、1ヶ月に1度の投薬が必要です。
投薬期間に関しては、蚊が出始める期間が地域により異なるため、必ず動物病院で獣医さんに相談してから与えるようにしてください。

●病院で処方される薬よりも、リーズナブルにフィラリア症などを予防できます
地域や病院によって診察料や検査料、薬代が異なるため、動物病院で先発薬を処方されるのは経済的に負担と感じる飼い主さんも少なくありません。
バジルガードプラスは個人輸入が認められています。
上手に活用すれば動物病院で同成分の先発薬であるカルドメックを処方される場合と比べても費用を大きく抑えることができます。

投与方法・使用方法

犬専用のフィラリア予防薬です。
服用する前にフィラリア、ミクロフィラリアが血中にいないことを必ず病院で検査してご確認ください。
(血中にフィラリアが存在している犬に投与することでフィラリアが一度に死滅するため、犬が発熱やショックを引き起こす場合があります。必ず検査してフィラリアがいないことを確認してから投与を開始してください。)

1回1錠を経口で投与してください。

フィラリアの予防期間は蚊の発生の1ヶ月後から終息の1ヶ月後まで、毎月、同じ日に1回投与して下さい。
(地域によって服用期間が変わります。)

錠剤はそのままか、食べ物に混ぜて与えてください。
錠剤を噛み砕いてから食べることで効率的に成分を吸収することができます。

もし、錠剤を噛まずに飲み込むようであれば、錠剤を砕いてから与えることをおすすめします。
錠剤を投与した後1時間以内に、吐き出したりした場合は、2~3日後に再度投与するか、別のお薬に変更してください。

用量は体重1kgに対してイベルメクチン6mcg(マイクログラム)/1kg、ピランテル5mg/1kg
体重が11kg以下の犬には小型犬用を1錠/月となります。

副作用

・異常が出た場合は使用を中止し、獣医師または医師へ相談してください。
・初回投与時は嘔吐することがあります。1時間以内に錠剤を吐きだしてしまった場合は、2~3日後に再投与するか、他の薬剤に変更してください。
・鬱、無気力、嘔吐、食欲不振、下痢、瞳孔散大、運動失調、よろめき、けいれん、唾液分泌過多など。

注意事項

・投与を開始する前には必ずフィラリアの血液検査を行い、ミクロフィラリアがいないことを確認してください。
・体重にあわせた用量を守って服用させてください。
・コリー犬種はイベルメクチンに対して過敏に反応する場合があるので、用量の注意が必要です。
・妊娠中や授乳中のペットに与える場合は事前に獣医師にご相談ください。
・本剤は離乳前の子犬には投与しないでください。
・本剤の使用により発疹等の副作用が認められた場合には、速やかに使用を中止し、獣医師の診察を受けてください。

メーカー

上へ