犬の病気・症状

公開日:

最終更新日: 2021.04.9

フィラリア注射の値段と副作用の危険性。飲み薬とどっちがいいの?

犬のフィラリア予防のために動物病院で接種される注射。
人間のワクチン注射と同様に、効き目は強そうだけど何となく副作用が怖いイメージもあるかと思います。
また1回あたりの値段や、飲み薬との違いが気になる方もいるでしょう。

この記事では、

・注射の値段ってどれぐらい?
・受ける時期は?
・副作用の危険性はある?
・飲み薬とどっちがいいの?

といった疑問にすべてお答えします。

※猫にはフィラリア注射がありませんので、飲み薬やスポットタイプ(滴下タイプ)で予防してください。

そもそもフィラリア注射とは

注射を打たれる犬

フィラリア注射は、1年に1回の接種で、体内に侵入したフィラリアの幼虫(第3期幼虫といいます)を駆除し続ける予防方法です。
一度の注射で1年分の薬剤を体内に貯蔵し、徐々に体内に浸透させていきます。
現在では有効成分モキシデクチンを配合したプロハート12モキシデックSRが主流となっています。

飲み薬のように毎月投与しなくてもいいので楽ですが、1年分の薬剤を注入するので副作用が強いのが難点です(詳しくは後述します)。

フィラリア注射の注意点

フィラリア注射はすべてのワンちゃんが受けられるわけではありません。

・6ヶ月齢未満
・老齢または病気の治療中で体力や抵抗力が落ちている

以上に当てはまる場合は注射を接種することができません
代わりに飲み薬で予防しましょう。

フィラリア注射の値段

注射の値段を考える人

接種1回分の値段はワンちゃんの体重によって異なります。
また動物病院ごとに設定されている金額も変わりますので、体重別の平均費用をまとめました。

体重 注射1回分の値段 体重 注射1回分の値段
5kg未満 ¥6,800 31~35kg ¥18,300
5~10kg ¥8,500 36~40kg ¥18,400
11~15kg ¥11,200~12,100 41~45kg ¥18,900
16~20kg ¥13,400 46~50kg ¥19,800
21~25kg ¥16,413~17,100 51kg以上 ¥20,800
26~30kg ¥17,200

※動物病院4軒の平均費用
(西湘動物病院、まさき動物病院、たがわ動物クリニック、セラピー動物病院)

このように体重が大きくなるにつれて値段も上がりますし、25kg以上の大型犬は15,000円を優に超えます。
1年に1回とはいえ、ちょっとお高めだな、というのが正直な感想です。
安価な飲み薬でしたら12ヶ月分が5,000円(小型犬)~7,000円(大型犬)ほどですので、値段を重視される方は飲み薬も検討してみてください。

フィラリア注射を受ける時期

フィラリア注射の時期

受ける時期は特に決められていませんので、動物病院が混んでない冬がおすすめです。
通常、フィラリアの飲み薬を与えている飼い主さんは、春先にフィラリアの検査を受けに来ることが多く、4~5月は非常に混み合います。

しかし、注射であれば、年間通して効果が持続するため、動物病院が比較的に空いている冬でも受けることができます。

フィラリア注射の副作用

現在までに報告されている副作用は以下のとおりです。

アレルギー反応またはアナフィラキシーショック
・食欲不振
・注射部位の膨張
・発熱
・顔のむくみ など

前述したように、フィラリア注射は1度に1年分の薬剤を注入するため、飲み薬に比べて副作用が強いです。
特にアレルギー反応・アナフィラキシーショックは発症例こそ少ないものの、発症すれば命にも関わります

その危険性の高さから、動物病院の中には「注射はおすすめしません」と断言しているところもあります。

フィラリア注射と飲み薬の比較

ここでは注射と飲み薬それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

注射のメリット・デメリット

メリット ・投薬忘れがないので確実に予防できる
・薬を貰うために通院する必要がない
・投薬時の苦労がない
デメリット ・副作用のリスクが高い
・体重の増減に弱い

注射のいちばんのメリットは1年に1回の接種で済むことです。
愛犬を病院に連れて行く労力も省けますし、毎月薬を与える苦労もありません。
忙しい飼い主さんは嬉しいですね。

ただ前述したように副作用の危険性が高いのも事実。
また体重によって投与量が変わるので、体重変動が激しい成長期のワンちゃんには適さないというデメリットもあります。

よく検討し、メリットがデメリットを上回る場合のみ、接種するようにしましょう。

飲み薬のメリット・デメリット

フィラリアの飲み薬

メリット ・価格が安い
・ノミ・マダニなど他の寄生虫も一緒に対策できる
・副作用が少ない
デメリット 投薬日を覚えている必要がある

飲み薬のメリットは、価格の安さ他の寄生虫も同時に駆除できる点です。

前述したようにフィラリア注射は、犬の体重によっては1回の接種に20,000円以上かかることもあります。
対して飲み薬は高くても12ヶ月分で約13,000円~15,000円、最安値になると5,000円~7,000円で1年分をまかなえます。

また、オールインワンタイプと呼ばれる飲み薬は、ノミ・マダニといった厄介な寄生虫も同時に駆除可能
対して注射はフィラリアの予防しかできません。
毎月の投与は面倒かもしれませんが、その分、全方位から愛犬の健康を守れるのでおすすめですよ。

詳しくは以下のページをご覧ください。

注射と飲み薬の比較表

メリット デメリット
注射 ・投薬忘れがないので確実に予防できる
・薬を貰うために通院する必要がない
・投薬時の苦労がない
・副作用のリスクが高い
・体重の増減に弱い
飲み薬 ・価格が安い
・ノミ・マダニなど他の寄生虫も一緒に対策できる
・副作用が少ない
投薬日を覚えている必要がある

まとめ

フィラリア注射は1回接種するだけで愛犬をフィラリアの脅威から守れます。
毎月投与しなければならない飲み薬より楽なのは事実です。

ただ効果が強い分、副作用のリスクは避けられません。
愛犬の安全性を考えれば、飲み薬を選ぶのが得策だと私は思います。
お薬嫌いのワンちゃんにはスポットタイプ(皮膚に滴下するタイプ)もありますし、飲み薬もおやつタイプなので喜んで食いついてくれますよ。

「でも病院に行くのが面倒……」という方にはお薬通販サイトで購入する方法もあります。
私たちが運営するぽちたま薬局でも安価なものから機能豊富なものまで、数多くの飲み薬やスポットタイプを取り揃えています。
ぜひ見てみてくださいね。

『ぽちたま薬局』とは?
会員数25,000人以上のお薬通販サイト。取り扱い商品は業界最多の450商品!動物病院より安い値段で購入できるため、お財布にも安心です。

フィラリア予防薬の通販ページ

関連記事

  1. 犬猫がフィラリアに感染する確率はどれぐらい?

    「フィラリアってどれぐらいの確率で感染するの?」「対策とか全然…

  2. 犬の病気・症状

    アトピー性皮膚炎増加中!犬のアトピーに効く食材探しと予防法

    ペット保険会社が行った調査では、犬の保険金請求理由として、アトピー…

  3. 犬のごはん

    愛犬の花粉症にどう対策する?飼い主にできることまとめました

    人間にとって、花粉に悩まされるシーズンが間近に迫ってきました。…

  4. 犬のフィラリアとは?犬のフィラリアと予防法の徹底解説

    犬を飼っていたらフィラリアという言葉を一度は聞いたことがありません…

  5. 犬の暮らし

    夏は犬も熱中症に注意!!犬の暑さ対策を紹介

    みなさん夏場の愛犬の暑さ対策はどうしていますか?犬は人間とは違…

  6. 犬のフィラリア予防薬の値段は?

    毎年春の足音が近づいてくると、飼い主さんは毎年の恒例行事が脳裏をか…

フィラリア予防薬の通販

ピックアップ記事

最近の記事

  1. 猫におすすめのフィラリア予防薬はコレ!正しい選び方も解説
  2. 犬猫のフィラリアの症状とは?初期から末期までを解説
  3. 犬のフィラリア予防薬の値段は?
  4. 猫もフィラリア症になるって知ってた?猫のフィラリアとは
  5. フィラリア検査の方法と費用について知りたい!
  6. フィラリア注射の値段と副作用の危険性。飲み薬とどっちがいいの…
  7. 犬猫がフィラリアに感染する確率はどれぐらい?

アーカイブ

  1. 豆知識

    犬と猫の手作りご飯のすすめ
  2. 豆知識

    4Dミートの正体とは?4Dミートの徹底解説
  3. 犬のごはん

    てんかんを抱えた犬に最適な食事のポイント
  4. 猫のごはん

    とうもろこしを猫が食べるのはどうなの?与え方も解説します
  5. 豆知識

    市販のペットフードから手作りご飯に切り替える4ステップ
PAGE TOP