アドボケート【猫用】
  • アドボケート【猫用】
  • アドボケート【猫用】
  • アドボケート【猫用】
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

アドボケート【猫用】

更新日:
アドボケートはフィラリア予防、ノミの駆除薬です。
最大の特徴はフィラリアや回虫などの内部寄生虫への殺効果が1ヵ月間継続し、1回の投与で内外の寄生虫を駆除できます。
皮膚に薬液を垂らすスポットタイプです。

【お知らせ】
犬用の商品はコチラ⇒アドボケート【犬用】
  • 犬糸状虫症の予防
  • ノミの駆除
  • ミミヒゼンダニの駆除
  • 回虫の駆除
  • 鉤虫の駆除

有効成分:イミダクロプリド、モキシデクチン

ご注文

アドボケート【猫用】 猫用(4kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
4,200(4,2001箱あたり
126
カゴに入れる
2箱
7,900(3,9501箱あたり
237
カゴに入れる
4箱
15,100(3,7751箱あたり
453
カゴに入れる

アドボケート【猫用】 猫用(4~8kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
4,500(4,5001箱あたり
135
カゴに入れる
2箱
8,500(4,2501箱あたり
255
カゴに入れる
4箱
16,200(4,0501箱あたり
486
カゴに入れる

成分一覧

猫用(4kg未満)
イミダクロプリド40mg、モキシデクチン4mg

猫用(4~8kg未満)
イミダクロプリド80mg、モキシデクチン8mg

商品詳細

これまでにない予防力を持った新しいタイプの寄生虫のお薬


アドボケートはこれまでにない予防力を持った新しい内外部寄生虫薬です。
有効成分はイミダクロプリドとモキシデクチンの2つが配合されています。

内外の寄生虫への殺効果が1ヶ月間持続するので、1回の投与で十分な効果があり、新たな寄生を許しません。

また、アドボケートはこれ一つでフィラリア予防、ノミ駆除、回虫・鉤虫駆除、耳ダニ(猫の場合)駆除、ヒゼンダニ(疥癬)駆除ができるオールインワンタイプですので、複数のお薬を併用するよりも便利で経済的です。

皮膚に薬液を垂らすピペットタイプのため、経口剤が苦手な愛猫に最適です。

長く、深く、早く、広く効く



長く効く


毎月1回の定期投与で、線虫類(フィラリア感染幼虫、回虫、鉤虫)に対する駆除効果が1ヵ月間持続します。
※他のお薬は投与したときのみ効果があるものとなります。

深く効く


回虫・鉤虫の成虫に加えて、体内で成長する幼虫や未成熟虫にも有効です。

速く効く


有効成分が体表に広がるので、寄生したノミが吸血する前に駆除効果を発揮します。
※食べるタイプの駆除薬は吸血しないと効果が発揮されません。

広く効く


猫のミミヒゼンダニ(耳疥癬)にも98%以上の駆除効果を発揮する広い守備範囲があります。

線虫類から1ヶ月間守り抜くプロアクティブ効果


従来のフィラリア予防薬・内部寄生虫駆除薬は線虫類(フィラリア感染幼虫、回虫、鉤虫)に対して、投与したときのみ殺効果があり、投与後に侵入した寄生虫に対しては効果がありません。
そのため、新たに寄生したフィラリア幼虫や回虫・鉤虫は、次の投与まで放置することになります。

しかし、アドボケートの有効成分モキシデクチンは血中に1ヵ月間有効濃度を保つことができるため、次の投与を待たずとも、切れ目なく駆除効果を発揮するプロアクティブ効果で体内をクリーンに保ちます。

投与方法・使用方法

※投与開始前にフィラリアの陽性検査を受けて感染していないことを確認する必要があります。

9週齢以上の子猫、体重1.0kg以上の猫から使用可能です。
体重1kg当たりイミダクロプリド10mg、モキシデクチン1mgを基準量とした以下の投与量を、頸背部の被毛を分け、容器の先端を皮膚につけて全量を滴下する。
本剤を適用する場合、投与頻度が月1回を超えないよう注意すること。

<犬糸状虫症の予防>
毎月1回、1ヵ月間隔で蚊の活動開始1ヵ月以内から活動終了まで投与する。

<ノミ、耳ダニ(ミミヒゼンダニ)、猫回虫及び猫鉤虫の駆除>
1回投与する。

【体重別の用量】
1~4kg未満: 0.4mLピペット1本全量
4~8kg未満: 0.8mLピペット1本全量
8kg~:    適切なピペットの組み合わせ

副作用

・副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けてください。
・もし、動物が舐めた場合、一過性の流涎が観察されることがある。そのため、滴下部位を他の動物が舐めないように注意してください。
・他の外用殺虫剤と同様に本剤の使用後、個体差による一過性の過敏症(投与部位の刺激によるそう痒、発赤、脱毛)が起こることがあります。
・まれに、本剤の投与により、投与部位の被毛の変色が見られることがあります。

注意事項

・獣医師等の指示により使用してください。
・効能・効果において定められた目的にのみ使用してください。
・定められた用法・用量を厳守してください。
・生後9週齢以上の子猫に投与できます。
・妊娠中・授乳期の母猫への投与は控えてください。
・水浴や雨に濡れても効果は持続しますが、石鹸を使ったシャンプーだけはお控えください。

メーカー

発送国

香港
上へ