ネクスガード猫用
  • ネクスガード猫用
  • ネクスガード猫用
  • ネクスガード猫用
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ネクスガード猫用

更新日:
猫用のネクスガード新登場!ノミ、マダニ、耳ダニ、回虫駆除、フィラリア予防がこれ1本で行える猫専用の寄生虫駆除薬です。
錠剤のような飲むお薬が苦手な猫にも、簡単に投与できるスポットオンタイプです。
安全性が高く、子猫にも使用することができます。
  • 犬糸状虫(フィラリア)予防
  • ノミの駆除
  • マダニの駆除
  • ノミ卵の孵化阻害
  • 猫回虫駆除
  • 猫鉤虫駆除
  • 条虫(瓜実条虫、猫条虫、多包条虫)の駆除

有効成分:エサフォキソラナー、エプリノメクチン、プラジカンテル

ご注文

ネクスガード猫用 0.3mL(2.5kg未満)3本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
5,400(5,4001箱あたり
162
カゴに入れる
2箱
10,200(5,1001箱あたり
306
カゴに入れる
3箱
14,600(4,8661箱あたり
438
カゴに入れる

ネクスガード猫用 0.9mL(2.5~7.5kg)3本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
6,100(6,1001箱あたり
183
カゴに入れる
2箱
11,500(5,7501箱あたり
345
カゴに入れる
3箱
16,500(5,5001箱あたり
495
カゴに入れる

成分一覧

2.5kg未満
エサフォキソラナー3.60mg、エプリノメクチン1.20mg、プラジカンテル24.90mg

2.5~7.5kg
エサフォキソラナー10.80mg、エプリノメクチン3.60mg、プラジカンテル74.70mg

商品詳細

商品の概要
  • 1つの薬でノミ、マダニ、耳ダニ、回虫駆除、フィラリア予防が可能
  • 猫に投与しやすいスポットオンタイプ
  • 子猫にも使用できる
  • 1回の滴下につき効果が1ヵ月持続


フィラリア予防と寄生虫駆除はコレ1本でOK


ネクスガード猫用は外部と内部、両方の寄生虫を駆除することができます。
またフィラリア予防にも効果があるので、このお薬1本で気になる寄生虫から猫を守ることができます。

薬液を滴下するスポットオンタイプ


液状のお薬を首筋の皮膚に滴下するスポットオンタイプのお薬となっています。
飲むお薬が苦手な子が多い猫に、経口薬を飲ませるのはかなり大変ですが、このスポットオンタイプのお薬なら楽に投与できます。
容器も薬液を押し出しやすいシリンジとなっているため、すばやく確実に投与することができます。

子猫にも使用できて安心


ネクスガード猫用は、生後8週、体重0.8kg以上の子猫から投与することができます。
生まれて初めて駆除薬を投与する際に、安心して選べるお薬です。

1回の投与で効果は1ヵ月


有効成分が約1ヵ月間体内の血液を循環するため、1回の投与で効果が約1ヵ月間続きます。
毎月1回の使用で、外部、内部両方の寄生虫から継続して猫を守ることができます。

3種類の有効成分


ネクスガード猫用は3種類の有効成分によってつくられています。


効果のある寄生虫効果機序
エサフォキソラナー ノミなどの外部寄生虫神経系の制御を不能にし死滅させる
プラジカンテル瓜実条虫(サナダムシ)、猫条虫細胞膜にダメージを与え死滅させる
エプリノメクチン回虫類筋肉細胞を阻害し麻痺させ死滅させる
滴下後、耳の付け根を少しだけマッサージしてあげると、より効果的です。
※上記はあくまでも目安です。使用の際は獣医師に相談してください

参考

NexGard Combo(PDF・外部リンク)


投与方法・使用方法

使用方法


必ず猫の体重に合ったサイズのものをお使いください(体重別の容量表参照)。
STEP1
薬が入っているパッケージの端を、ハサミでまっすぐにカットします。
パッケージを引き離し、薬液が入っているシリンジ本体を取り出します。

STEP2
シリンジを垂直に立て、薬液を押し出す棒を少し引き戻します。
シリンジの先端のキャップをひねって引き抜きます。

STEP3
猫の後頭部の下、首の付け根のちょうど真ん中あたりの毛をかき分けます。
皮膚が見えるまで毛をかき分けたら、そこにシリンジの先端をあてます。

STEP4
シリンジの先端を直接皮膚にあて、その場所に1点集中で液を押し出して塗布します。
シリンジの中の薬液をすべて押し出したら投与完了です。

※使用後は必ず手を洗ってください。

体重別の用量


体重2.5kg未満0.3mL×1本
体重2.5kg~7.6kg未満0.9mL×1本
体重7.6kg~10kg0.3mL×1本+0.9mL×1本

副作用

有効成分による副作用


食欲不振、嘔吐、唾液過多、嗜眠、下痢、投与部分の脱毛や痒みが報告されています。
ほとんどが軽症で、持続時間も短い反応となっています。

注意事項

猫へ使用する際の注意事項


・8週齢未満、体重0.8kg未満の猫には投与できません。
・多頭飼いの場合は、家庭内のすべての猫に投与した方が再感染を防げます。
・投与する部分の皮膚に異常がなく、毛や皮膚が乾いた状態で塗布してください。
・投与後、投与した部分が乾燥するまでは舐めさせないように注意してください。
・投与後2日間はシャンプー、水浴びは控えるようにしてください。
・妊娠中や授乳中の猫への投与は推奨されていません。
・猫の口に薬液が入ってしまった場合、流涎になる場合があります。

飼い主様への注意事項


・投与する際に、タバコを吸ったり、飲食をしないようにしてください。
・投与した薬液が指につかないようにしてください。
・投与した後は必ず手を洗ってください。
・薬を投与した部分が乾ききるまでは、触れないようにしてください。
・飼い主さまの皮膚や目に薬液が付いた場合はすぐに水で洗い流し、衣服に薬液がついている場合はすぐに脱いでください。
・含まれている有効成分に既往歴のある方は触れないようにしてください。
・妊娠中の女性は薬液に直接触れないようにしてください。
・使用する際には必ず手袋を着用してください。

メーカー

発送国

香港
上へ