最終更新日:

猫のフィラリア予防してますか?フィラリア予防の必要性と予防期間について

猫も、犬と同様フィラリアに感染する恐れがあります。
犬と比べて感染率が低く、症状も分かりにくいため軽視されがちですが、気付いた時には手遅れの場合も多い恐ろしい病気です。

猫は犬と違い完全室内飼育の方が多いですが、それでも感染のリスクを0にすることはできません。

その為、予防薬の定期投与が必須になってきます。
この記事では、猫におけるフィラリア予防の必要性について解説していきます。

>>フィラリア予防薬(猫用)の通販ページはこちら

猫にフィラリア予防は必要ない?

結論から先にお伝えすると、猫にもフィラリア予防は必要です。
猫も犬と同様、フィラリアに感染する恐れがあります。
しかも、猫がフィラリアに感染した場合、突然死を起こす可能性があります。

猫はフィラリアに感染しても無症状であったり、症状が軽度で分かりにくいケースが多いです。
また、フィラリア感染によるダメージは犬よりも大きく、突然死を起こすリスクは高いとされています。

犬に比べるとフィラリアの感染率は低いですが、感染率は0ではないのです。
しかも猫の場合、犬と違って明確な治療法がありません。

そのため、普段からフィラリア予防をしておくことが、猫の健康・命を守ることに繋がります。

フィラリア予防をしていない場合の危険性については、下記記事をご覧ください。

猫フィラリア症の症状

猫がフィラリアに感染すると、以下のような症状が現れます。

咳、息切れ、嘔吐、下痢、食欲不振、体重減少、けいれん、元気消失、呼吸困難、突然死など

ただし、猫ははっきりとした症状が出なかったり、他の病気と誤解される場合もあるので注意が必要です。

もし猫の体調に異変や不調を感じたら、獣医師に診察してもらいましょう。

猫フィラリア症の予防法

フィラリア症は、毎月フィラリア予防薬を投与することで予防できます。
室内飼いの猫もフィラリアに感染するので、完全室内飼いの猫もフィラリア予防は必要です。

猫のフィラリア症は診断が難しく、症状が出ることがあっても喘息やアレルギー性気管支炎などと誤診されたり、見逃されてしまったりすることがあります。
その他、猫がフィラリア症に感染すると、急死してしまうことが多く、生前の診断が難しいのが現状です。

また猫がフィラリア症に感染し、肺にダメージを受けてしまうと完治が難しく、生涯にわたり治療が必要になります。
そのため、愛猫がフィラリア症に感染しないように、毎月予防することが大切です。

猫のフィラリア予防薬

猫用のフィラリア予防薬には、スポットオンタイプと錠剤(飲み薬)の2種類ありますが、スポットオンタイプ(製品名:レボリューション、ネクスガードキャットコンボなど)が主流です。

商品名 タイプ 効果
レボリューション スポット フィラリア予防、ノミ・ミミヒゼンダニ・猫回虫の駆除
ネクスガードキャットコンボ スポット フィラリア予防、ノミ・マダニ・ミミヒゼンダニ・回虫・鉤虫・条虫(瓜実条虫、猫条虫、多包条虫)の駆除
ミルプラゾン 錠剤 フィラリア予防、回虫・鉤虫・鞭虫・多包条虫の駆除

このブログを運営する、私たち「ぽちたま薬局」では、レボリューションやネクスガードキャットコンボをはじめ、さまざまな犬猫用のフィラリア予防薬を取り扱っています。
>>【猫用】フィラリア予防薬の詳細はこちら

フィラリア予防薬の副作用

フィラリア予防薬には、次のような副作用があります。

  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 嗜眠(しみん)
  • 蕁麻疹
  • 皮膚のかゆみ
  • 一過性の流涎
  • 投与部位に炎症、一過性の脱毛 など

スポットオンタイプの場合、薬剤を猫が舐めてしまうと嘔吐や流涎などの症状を引き起こすことがあるため、舐めてしまわないよう注意が必要。

猫のフィラリア予防はいつからいつまで?

近年、猫の飼育方法は完全室内飼いが基本となっており、蚊に接触する機会は無いように感じます。
ですが、近年の地球温暖化の影響で、日本においても、蚊は一年中どこかに潜んでいることが明らかになりました。

AHS(アメリカフィラリア協会)では、フィラリア予防薬の通年投与を推奨しています。

一般的なフィラリア予防薬の投薬期間は、犬のフィラリア予防薬の投薬期間と同じです。
お住いの地域が関東・甲信地方ですと、5月~11月までとなります。

その他の地域のフィラリア予防期間については、こちらの記事をご覧ください。

フィラリア検査

フィラリア予防薬を猫に投与する前に、必ず動物病院で診察(体重測定など)やフィラリア検査を行う必要があります。

猫はフィラリアに感染しても少数の寄生にとどまることが多く、血液検査をしてもわからないことが多いです。

しかし、フィラリア予防薬の添付文書には、「投与前に犬糸状虫寄生の有無を検査等により判定すること」と記載されています。
そのため、投薬開始前に必ず動物病院でフィラリア検査を受ける必要があります。

猫のフィラリア症の感染率

猫のフィラリア症の感染率は、その地域でフィラリア予防をしていない犬の感染率の5%~20%と報告されています。

日本では、1959年~1995年に実施された病理解剖(剖検)で、本州および九州で収容された野良猫3,617頭のうち0.5%~9.5%。
家猫158頭のうち3%~5.2%にフィラリア感染が確認されています。

また1989年~1995年に行われた埼玉県の収容猫の病理解剖による報告では、2歳以上の猫368頭のうち4.1%で成虫感染が見られたとの報告もあります。

参考
猫の犬糸状虫症の2例(外部リンク)

猫フィラリア症の治療方法

猫がフィラリア症の陽性になった場合は、駆虫薬を用いた治療はNGとされています。
薬によってフィラリア成虫を死滅させても、それによって免疫反応を起こしてしまい、最悪の場合は死に至ることも…。

手術のような外科治療も、心臓の大きさの問題から慎重を要します。
したがってさらなる悪化を防ぐための予防薬の月1回の投与と、症状に応じた対症療法を一生続けていくことになります。

猫のフィラリア症は治る?

仮にフィラリア症にかかっても、無症状で一生を終える猫もいます。

しかし、咳や呼吸困難、嘔吐などの症状を一度でも起こした場合、投薬を止めた途端に再発してしまうケースも多く、完治は困難です。
そのため、猫がフィラリア症にかかった場合は、残念ですが生涯にわたり、お薬と病院通いを続けざるを得ないと覚悟が必要です。

猫の体内にいるフィラリアの寿命ってどのくらい?

猫の体内に入ったフィラリアの寿命は1~3年と言われています。

フィラリアは、犬が「最適な宿主」で、犬の体内では5~6年の間、生き続けます。
それに対して、猫の方では1~3年とかなり短くなるので、猫の体内では住みにくいのだということがわかります。

しかも、猫には特に、この「フィラリアが死ぬタイミング」で、重篤な症状が出ます。
そのため、フィラリア症は猫が突然死する原因にも挙がっているのです。

フィラリア症は猫から人間にうつる?

フィラリア症に感染した猫や犬から、人間にうつることはありません。

しかし、人間も蚊に刺されることで、ごくまれにリンパ系フィラリア症に感染することがあります。
そのため、蚊が発生する時期は、人間も蚊に刺されないように対策することが大切です。

猫のフィラリアまとめ

  • 猫の約1割はフィラリアにかかっている
  • 猫にフィラリアが寄生すると突然死することがあり、とても危険
  • 猫にもフィラリア予防は必要
  • 予防薬の投与は通年投与がおすすめだが、一般的には5~12月の間(関東・甲信地方の場合)

猫のフィラリアが、表に出ることが少ない理由が分かりました。
しかし、感染するととても危険な病気だということも分かりました。

苦しい目に遭わせることのないよう、愛猫のフィラリアの予防はきちんと行いましょう。
長生きしてもらうためにも、飼い主が正しい知識を身に着けておくことは必要ですね。

>>フィラリア予防薬(猫用)の通販ページはこちら

フィラリア予防薬の通販

アーカイブ

  1. 【地域別】フィラリア予防薬の投与期間

    犬猫のフィラリア予防薬の投与期間は具体的にいつからいつまで必要?
  2. フィラリア予防薬5選

    2024年最新!犬用おすすめのフィラリア予防薬と選び方
  3. 市販のペットフードから手作りご飯に切り替える4ステップ
  4. 猫のフィラリア予防薬の費用

    猫のフィラリア予防にかかる費用は?費用を抑える方法について
  5. フィラリア予防にかかる費用

    フィラリア予防にかかる費用と安くするための方法
PAGE TOP