飼い主用
その他

認知症の予防(犬)

更新日:
犬の認知症予防や改善のための治療薬やサプリメントを取り扱っております。日本では手に入りづらい海外の人気商品もお求めやすい価格で販売しています。

総合 売れ筋ランキング

  • 認知症の予防(犬) 総合

認知症の予防(犬) 総合 ランキング

認知症の予防(犬)の商品一覧

商品一覧から対象者を絞り込む
00件の商品が見つかりました
  • アンキソケア

    アンキソケア

    アンキソケアは天然ハーブを原料とした、不安やストレスの改善、脳機能の強化に効果が期待できるサプリメントです。 天然成分のサプリメントで副作用などの心配もなく、毎日与えることができます。 ペットの不安やストレスを改善し、学習能力や記憶力を向上させることで精神疾患や認知症などから大切なペットを守りましょう。
    製造:ヒマラヤ

    もっと見る

    1本1,600円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アクティベート【犬用】

    アクティベート【犬用】

    ※小型犬用、11月中旬入荷予定 アクティベート犬用は、DHAやビタミンEなど豊富な栄養成分を配合したサプリメントです。 脳の健康をサポートする成分が含まれているため、シニア犬のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を維持するために役立ちます。
    猫用の商品はコチラ
    製造:VetPlus

    もっと見る

    1箱7,950円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビビトニン【犬用】

    ビビトニン【犬用】

    ビビトニンは有効成分のプロペントフィリンが血流を改善することで、犬の加齢によるさまざまな症状を改善するお薬です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1箱5,333円~
    在庫あり
    詳細を見る
もっと見る

犬の認知症について

認知症とは、認知機能が低下し、これまで出来ていたことが出来なくなる状態のことです。

人間と同じように、犬も高齢化にも伴い認知症を発症します。
犬の場合、7歳からシニア期となり、10歳前後から認知症を発症し、年齢が上がるにつれ認知症を発症する確率も上がります。

早期発見することで、進行を遅らせることも可能です。

犬の認知症の症状

犬の認知症は、次のような症状がみられます。

症状
  • 夜鳴き、無駄吠えが増える
  • 同じ方法に回り続ける
  • 徘徊
  • トイレの失敗
  • 名前を呼んでも反応しない
  • 攻撃的な性格になる
  • 食欲異常
  • 昼夜逆転 など

認知症の症状は、徐々に進行します。
これらの症状がすべて出るわけではありませんが、いずれかの症状または複数の症状がみられる場合があります。

犬の認知症の原因

犬の認知症の原因ははっきりと解明されていませんが、主に老化と脳腫瘍などの脳疾患が原因といわれています。

原因
  • 老化
  • 老化脳腫瘍や水頭症などの脳の疾患

認知症になりやすい犬種

次のような犬種が認知症になりやすいと言われています。

認知症になりやすい犬種
  • 柴犬
  • 秋田犬
  • 甲斐犬
  • 紀州犬
  • 北海道犬

犬の認知症の治療法と薬

残念ながら、犬の認知症に有効な治療薬はありません。
認知症を完治させることはできませんが、問題行動の改善や認知症の症状を遅らせることとはできます。

主な治療法は、薬物療法と食事療法があります。

薬物療法

お薬は、症状にあわせて使います。

使用されるお薬
  • 抗不安剤
  • 睡眠導入剤
  • ベンゾジアゼピン系薬剤
  • 抗ヒスタミン薬 など

ビビトニン

ビビトニン

ビビトニンは、犬の老化に伴う認知症や無気力、食欲減退、歩行困難などの症状を改善するお薬です。

値段 5,400円~
有効成分 プロペントフィリン
効果 脳血流の改善、老化に伴う認知症、無気力、疲労感、歩行困難、脱毛症、食欲不振の改善
副作用 副作用の報告はほとんどありません。

食事療法

食事療法を行うことで、認知症の症状緩和と進行予防につながります。

脳の老化を予防する「抗酸化物質」や、脳神経に良いドコサヘキサエン酸 (DHA) 、エイコサペンタエン酸 (EPA) を含むフードに切り替えるといいでしょう。

ペット栄養学によると、ビタミンCやビタミンE、セレニウムなどの抗酸化物質は、認知機能ケアに有効であることが報告されています。

認知症が治った犬はいる?

犬の認知症を治すお薬がないため、完治することはできません。

薬物療法や食事療法を行うことで症状を緩和したり、進行を遅らせたりすることはできます。

犬の認知症の予防法

犬の認知症は、次のような予防法があります。

具体的な予防法
  • サプリメントを与える
  • 脳を刺激する
  • マッサージをする

犬は7歳からシニア期になるため、いつもと変わった行動がないから観察することが重要です。
異変に気づいたら、早めに動物病院へ相談し、治療や対策を行いましょう。

サプリメントを与える

認知症の症状が出る前に、普段から脳神経に良いDHAやEPAなどを含むサプリメントやフードを与えると、認知症予防に繋がります。

脳を刺激する

シニア犬になると、飼い主に甘えることも減り、生活がワンパターンになりがちです。

人間と同じように、脳を刺激することで認知症の予防につながります。
例えば、おもちゃを使って遊んだり、散歩コースを変えて景色を変えてみたりすることで、脳の刺激以外に運動にもつながります。

マッサージをする

シニア期になると散歩に行きたがらなかったり、寝る時間が長くなってしまったりします。
動かない時間が長くなることで、血行が悪くなり、筋力も低下します。

そんな時は、マッサージやブラッシングで皮膚を刺激するといいでしょう。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
ようこそ、ぽちたま薬局へ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

ぽちたまメディア
ぽちたま薬局公式X(旧Twitter)

X(旧Twitter)限定キャンペーンなどお得な情報がいっぱい!


ぽちたま薬局スタッフブログ

ぽちたま薬局のスタッフがペットの健康や薬の選び方について詳しく説明しています。


YouTubeチャンネル
公式インスタグラム

お知らせお知らせ一覧
上へ