犬のアジソン病(副腎皮質機能低下症)と治療薬

更新日:
犬のアジソン病(副腎皮質機能低下症)と治療薬

アジソン病(副腎皮質機能低下症)は犬の身体の健康をつかさどる代謝や免疫系に関する副腎皮質ホルモン(コルチゾール)が作られなくなってしまう病気です。
アジソン病は完治が難しい病気ですが、飼い主さんが愛情を持って接し、きちんと投薬を続けていれば、健常な犬と変わらずに長生きできる病気です。
この記事ではアジソン病と向き合っていくための下準備として、アジソン病の「特徴・原因」と「治療と薬」について解説します。

アジソン病の治療薬

アジソン病は完治しないため、投薬による維持治療が治療の中心になります。
アジソン病の原因は副腎皮質ホルモンであるミネラル(鉱質)コルチコイドとグルコ(糖質)コルチコイドの両方の分泌が不足することにより起こるため、それぞれをステロイド剤で補充します。

ホルモンの種類 概要 薬品名
グルココルチコイド 体内の糖質、タンパク質、脂質、電解質などの代謝や免疫反応、ストレス応答の制御に関わるグルココルチコイドの不足を補うステロイド剤。 プレドニゾロン
ミネラルコルチコイド 体内のナトリウムやカリウムなど、鉱質のバランスを保つミネラルコルチコイドの不足を補う補充療法に用いるステロイド剤。 フルドロコルチゾン(フロリネフ)
フルドロコルチゾンを使用しない場合に用いるミネラルコルチコイドのステロイド注射薬。 ピバル酸デゾキシコルチゾン(パーコーテンV)

犬のアジソン病とは

犬のアジソン病とは

アジソン病は「副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)」とも呼ばれ、副腎という臓器の機能が低下してしまう病気です。

「副腎」とは、左右の腎臓近くに位置する、わずか1g程度の小さな器官です。
副腎皮質はこの皮質の部分を指し、副腎皮質ホルモンを分泌します。

副腎は、主に下記2種類の副腎皮質ホルモンを生成しています。

・グルココルチコイド(コルチゾールなど)
 →糖や脂質、タンパク質の代謝、ストレスに対する作用や血圧維持などの役割
・ミネラルコルチコイド(アルドステロンなど)
 →ナトリウム、カリウム、水分の調節などの役割

アジソン病は、犬が生きていくうえで必要不可欠な、この両方のホルモンの分泌が低下することで、さまざまな病気を引き起こします。

その症状は、意気消沈、震え、下痢・嘔吐、食欲低下、多飲多尿など。
発見が遅れると、突然の呼吸困難や意識消失などを起こすことがあります。

症状が曖昧で、重篤になって病気が発見されることもある厄介な病気です。

犬のアジソン病の特徴

犬のアジソン病の特徴

これといった特徴のないのが特徴――。
アジソン病は、あまりにも症状が曖昧かつ一般的で、特徴を表現するのが難しい病気です。

加えて、獣医師でも診断が難しいといわれるほど、発症初期では「よくある症状」が現れます。
たとえば、以下のような症状です。

・食欲不振
・多飲多尿
・虚脱(ぐったりしている)
・体の震え
・けいれん
・体重の急減
・筋力低下
・下痢・嘔吐
・腹痛
・血便
・脱水症状
・低体温
・徐脈(脈拍が遅くなる)
・無気力・運動失調
など

これらを若年齢から中年齢まで幅広く発症。
オスよりもメスの発症率が高い傾向にあります。

副腎皮質は、ストレス耐性の役割も担います。
副腎の予備機能が残っていれば、いわば潜伏しているような状態ですので露見しません。

アジソン病の多くは、犬に多大なストレスがかかる生活環境の変化で発覚します。
たとえば、旅行に一緒に連れていく、自宅以外の宿泊、トリミング、手術などです。

副腎皮質の機能が著しく低下すると、虚脱や微熱、呼吸困難、腎不全といった急性のショック症状(アジソンクリーゼ)に陥ります。

アジソンクリーゼは、命にかかわる非常に危険な状態です。
そうならないためにも、日ごろから体調の変化を注意深く観察し、早期に発見することが大切です。

アジソンクリーゼとは

クリーゼ(ドイツ語)という単語は、英語でいうところのクライシスに相当し、「危機的な状態に陥っている」ことを意味します。
アジソンクリーゼとは、アジソン病が危機的に悪化した状態を指す医療用語です。

アジソン病にかかりやすい犬種

アジソン病にかかりやすい犬種

アジソン病にかかりやすいのは、以下の犬種(好発犬種)です。
これからお迎えを考えている方は注意が必要かもしれません。

・プードル(全サイズ)
・グレートデン
・ビアデッドコリー
・バセットハウンド
・ポーチュギーズウォータードッグ
・ノヴァスコシアダックトーリングレトリーバー
・ロットワイラー
・ソフトコーテドウィートンテリア
・ウェストハイランドホワイトテリア
・レオンベルガー
※順不同

犬のアジソン病の原因

犬のアジソン病の原因

アジソン病の原因は、主に次の2つです。

1.副腎そのものの障害

「特発性副腎皮質機能低下症」と呼ばれます。
この「特発性」が、実にアジソン病の9割を占めるのです。

副腎が萎縮・破壊し、副腎からの分泌ホルモンが低下することによって異常が起こります。
原因は主に自己免疫疾患とされています。
が、発症段階で異常を見極められない場合が多く、正確な特定に至らないことがほとんどです。
感染症や悪性腫瘍、血栓、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)治療の薬物性など、ほかにも原因はさまざまです。

2.脳の下垂体の障害

副腎以外の器官の異常に続いて発症することから、「二次性副腎皮質機能低下症」と呼ばれます。

脳の下垂体周辺の腫瘍、感染、炎症、頭部損傷などに起因します。
これらによってホルモンの分泌が低下し、二次的に副腎皮質が萎縮。
結果的にコルチゾールの分泌障害に発展します。

ただし下垂体周辺の疾患によるアジソン病発症率は、極めて稀です。

犬のアジソン病の治療・薬

アジソン病にかかった犬は動物病院での治療後に、飼い主の投薬によって、病気と共存していくことになります。
薬による治療はアジソン病によって不足したグルココルチロイドとミネラルコルチロイドを補う補充療法となります。

プレドニゾロン(パナフコルテロン)

プレドニゾロン(パナフコルテロン)

プレドニゾロンは価格が安く、動物病院でも一般的に処方されるグルコ(糖質)コルチコイドのステロイド剤です。
不足したグルココルチコイドの補充療法に使用します。0.22mg/kgを1日1回投与します。

成分<
  • プレドニゾロン(グルココルチコイド)
効果
  • 不足したグルココルチロイドの補充
価格

1mg 100錠 2,900円~

コルティネフ(フロリネフ)

コルティネフ(フロリネフ)

ミネラルコルチロイドを補うフロリネフと同じ成分のお薬です。フロリネフよりも3分の1程度の価格で購入できます。
1日1回、犬の体重に応じて0.1~0.4mg(1~4錠)を経口投与します。

成分
  • フルドロコルチゾン酢酸エステル(ミネラルコルチコイド)
効果
  • 不足したミネラルコルチロイドの補充
価格

0.1mg 100錠 2,200円~

ピバル酸デゾキシコルチゾン(パーコーテンV)

ピバル酸デゾキシコルチゾン(パーコーテンV)

ミネラルコルチロイドを補う注射剤です。フルドロコルチゾン(フロリネフ)を使わない場合に用いることがあります。
こちらは注射ですので動物病院で処置が必要です。また、個人輸入もできません。

成分
  • デゾキシコルチコステロンピバレート(DOCP)(ミネラルコルチコイド)
効果
  • 不足したミネラルコルチロイドの補充
価格

個人輸入では購入できません

それでもダメな場合

アジソン病は適切な治療を行えば、共存できる病気です。

でも犬の元気が今ひとつだったり、病気にかかりがちだったり。
獣医師の指導に従い、細心の注意を払っているのに、何かおかしい……。

それはもしかすると、犬が違う病気を併発しているのかもしれません。

不安になったら、かかりつけの獣医師に迷わず相談しましょう。
その際に疑問に思っていること、不安や心配をリストアップして聞いてみることです。

担当の獣医師の説明が不明瞭だったり、答えが曖昧だったりした場合は、セカンドオピニオンを検討してください。

セカンドオピニオンとは、主治医以外の獣医師や専門家に意見を聞き、より最適な治療法を飼い主であるあなた自身が選択するものです。
人間の医療だけでなく、今はペットの分野でもセカンドオピニオンの考え方は浸透しつつあります。

ですから転院を決心したら、ためらわず主治医に伝えましょう。
他の動物病院への紹介状を書いてもらえる場合もあります。

犬のアジソン病の予防法

犬のアジソン病の予防法

アジソン病の確固たる予防法はありません。
ですが、犬の異常サインを見極めることは可能です。

そのポイントは
・多飲多尿
・行動異常
・体重の著しい減少

などが挙げられます。

飼い主のあなたが日ごろから犬の様子に注意し、早期発見・治療につなげることが大切です。
少しでも気になったら、かかりつけの獣医師に相談しましょう。
もちろん、動物病院での定期健診は必須です。

まとめ

アジソン病にかかっても動物病院での治療を終えれば、ほとんどの場合、安定した生活を送れます。

しかしそのためには、一生を終えるまで投薬の継続と定期健診が欠かせません。
これを怠ると、犬の命にかかわります。

しばらくの間、症状が安定している時期は特に要注意です。
油断して投薬を怠ると、突発的にアジソンクリーゼを発症することもあるのです。

とにかく大事なのは、投薬を中止しないこと。
また体調の好不調を繰り返す、身体におかしい点があれば、様子見せず早急に動物病院に連れて行きましょう。

出典

この記事は一部、以下のページを参考にしています。
※外部サイトにリンクします。

副腎皮質機能低下を早期診断・治療するために|J-Stage[PDF]
Canine hypoadrenocorticism: Part I l Center for Biotechnology Information

ぽちたま薬局とは?

ぽちたま薬局は、犬猫の海外医薬品の個人輸入代行サイトです。
レボリューションやネクスガードスペクトラなどの人気のお薬が動物病院よりも格安でご購入いただけます。
お客様の大切な伴侶であるワンちゃん、ネコちゃんの健康を第一に考え、ぽちたま薬局は商品の充実とサービスの向上に努めてまいります。

上へ