フロリネフ錠
  • フロリネフ錠
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

フロリネフ錠

更新日:
取り扱い終了商品です。
類似商品のパナフコルテロン錠(プレドニゾロン)をご利用ください。

フルドロコルチゾン酢酸を有効成分とする合成鉱質コルチコイド剤です。
犬・猫の塩喪失型の先天性副腎皮質過形成症や慢性副腎皮質機能低下症(アジソン病)の治療に用いられます。
  • 塩喪失型先天性副腎皮質過形成症
  • 塩喪失型慢性副腎皮質機能不全(アジソン病)

有効成分:フルドロコルチゾン酢酸

ご注文

フロリネフ錠 0.1mg 100錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
6,200(6,2001箱あたり
186
売切れ
3箱
17,700(5,9001箱あたり
531
売切れ
6箱
33,500(5,5831箱あたり
1,005
売切れ

成分一覧

フルドロコルチゾン酢酸0.1mg

商品詳細

●犬猫兼用の治療薬
フロリネフ錠はフルドロコルチゾン酢酸を有効成分とする合成鉱質コルチコイド剤で、犬・猫ともにお使いいただけます。

塩喪失型の先天性副腎皮質過形成症や慢性副腎皮質機能低下症(アジソン病)が原因で不足する副腎皮質ホルモンを補います。

※商品の発送時期によりブリストル・マイヤーズ・スクイブ製かアスペンファーマ製のいずれかの製品になりますことをあらかじめご了承ください。いずれもフルドロコルチゾン酢酸0.1mgの製剤であり、効果や品質に差異はございません。

●アジソン病
アジソン病は人間と猫にはまれな病気ですが、犬にはよくみられる病気で、4歳前後のメス犬に多いとされます。

別名、副腎皮質機能低下症といい、副腎からの副腎皮質ホルモン(コルチゾール)の分泌が不足する病気です。

この副腎皮質ホルモンは糖代謝や脂質代謝、タンパク質代謝、体の免疫系やストレスに対する作用などさまざまな働きを担っており、不足することでさまざまな障害を引き起こします。

主な症状として、多飲・多尿(飲水量が増え、尿量が増す状態)、食欲不振、嘔吐・下痢、体重減少、高カリウム血症・低ナトリウム、軽度のBUN(尿素窒素)上昇など見られます、重度の場合はショック症状により死亡する場合もあります。

原因には2つあり、副腎自体の損傷や、副腎皮質ホルモンの分泌を促す下垂体ホルモンの分泌が低下です。

下垂体ホルモンの分泌の低下は、長期投与中のステロイド剤を突然やめた場合などに引き起こされます。

投与方法・使用方法

症状や体重によって用法と容量が異なりますので、必ず獣医師の指示に従ってください。

通常、犬の場合体重2.5~5kgに対して1錠を経口投与します。
初回は症状によって上記の量を1日1回、できれば1日2回に分割して投与します。

副作用

・副作用がみられた場合は、直ちに獣医師にご相談ください。
・誘発感染症、感染症の増悪、誘発感染症、感染症の増悪
・続発性副腎皮質機能不全、糖尿病
・消化性潰瘍、膵炎

注意事項

・到着後速やかに冷蔵庫で保管してください。
・ご注文時期により、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ社製かアスペンファーマ社製のいずれかの商品が発送となる場合がございます。
・使用禁忌がありますので、薬剤の併用は医師にご相談ください。
・妊娠あるいは授乳中の犬に対する安全性は確認されていないため、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与してください。
・本剤を長期投与したり、ヒドロコルチゾン等の糖質コルチコイドと併用する場合に副作用が現れやすくなります。
・本剤はシクロスポリンの代謝を阻害します。

メーカー

上へ