オムナコーチル
  • オムナコーチル
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

オムナコーチル

更新日:
オムナコーチルは犬のアレルギーやアトピー、自己免疫疾患に有効なお薬です。
副腎皮質ホルモンの不足で発症するアジソン病などにも有効です。
  • アレルギー
  • 炎症
  • アトピー性皮膚炎
  • アジソン病

有効成分:プレドニゾロン

ご注文

オムナコーチル 5mg 100錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,800(1,8001箱あたり
54
カゴに入れる

オムナコーチル 20mg 100錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,200(2,2001箱あたり
66
カゴに入れる

成分一覧

プレドニゾロン5mg
プレドニゾロン20mg

商品詳細


こんなお薬

・犬用のアレルギーのお薬
・自己免疫疾患
・アトピー性皮膚炎
・アレルギー性皮膚炎
・アジソン病



犬用の免疫系に有効なお薬


オムナコーチルは犬の免疫系の疾患に有効な副腎皮質ホルモン(ステロイド)剤です。
アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの皮膚の病気だけでなく、免疫系にかかわるたくさんの疾患に対して有効なお薬で、副腎の不調やアジソン病、バクテリアショックなどの治療にも使用される場合があります。

有効成分プレドニゾロン


標準的なステロイドで、多くの治療に広く使われています。
主に炎症やアレルギー性の疾患の症状を抑制する効果があり、アレルギー反応を抑えることで炎症などのさまざまな症状を緩和します。

特徴として、抗炎症作用に関しては、他のステロイドであるコルチゾン、ヒドロコルチゾンの3倍から5倍あるとされています。

プレドニゾロンの効果


・血糖上昇作用
・タンパク異化作用
・毛細血管拡張作用
・白血球遊走作用
・食細胞活性化作用
・免疫抑制作用
・赤血球、好中球増加作用
・リンパ球、好酸球減少作用

など、広範囲な薬理作用を示します。

投与方法・使用方法

抗炎症の場合


・体重1kgあたり0.2mgから0.6mg使用してください。
・1日2回まで使用します。

免疫抑制


・体重1kgあたり2~6mgで1日3回まで使用できます。

他の病気の場合


・体重1kgあたり0.2~6mgを使用します。

※使用期間は症状により異なります。

副作用

・医原性クッシング病の症状が現れる場合があります。
・副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けてください。

注意事項

・妊娠、授乳中及び繁殖を予定している動物への投与はできません。
・腎疾患又は原発性肝疾患がある動物には投与しないでください。その他の肝障害がある動物には十分慎重に投与してください。
・肝炎の治療時には必ず肝生検を行い、免疫抑制療法適応の肝疾患と診断した上で使用してください。

メーカー

発送国

香港
上へ