プレドニゾロン(パナフコルテロン)
  • プレドニゾロン(パナフコルテロン)
  • プレドニゾロン(パナフコルテロン)
  • プレドニゾロン(パナフコルテロン)
  • プレドニゾロン(パナフコルテロン)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

プレドニゾロン(パナフコルテロン)

更新日:
ステロイド剤売上No.1
プレドニゾロン(パナフコルテロン)は犬猫兼用の錠剤のステロイド剤です。
幅広い症状に対して働きます。
慢性副腎皮質機能低下症(アジソン病)の補充療法、免疫抑制、アレルギーや炎症の緩和などに効果があります。

1mg100錠 次回入荷時期未定
  • 慢性副腎皮質機能低下症(アジソン病)の補充療法
  • 免疫抑制
  • ネフローゼ、アレルギーや炎症の緩和

有効成分:プレドニゾロン

ご注文

1mg 100錠入り

内容量 販売価格(1本単価) ポイント 注文 お気に入り
1本
2,900(2,9001本あたり
87
売切れ
3本
8,000(2,6661本あたり
240
売切れ

5mg 60錠入り

内容量 販売価格(1本単価) ポイント 注文 お気に入り
1本
3,000(3,0001本あたり
90
カートに入れる
2本
5,700(2,8501本あたり
171
カートに入れる
3本
8,100(2,7001本あたり
243
カートに入れる

25mg 30錠入り

内容量 販売価格(1本単価) ポイント 注文 お気に入り
1本
3,200(3,2001本あたり
96
カートに入れる
2本
6,000(3,0001本あたり
180
カートに入れる
3本
8,600(2,8661本あたり
258
カートに入れる

成分一覧

プレドニゾロン1mg
プレドニゾロン1mg

プレドニゾロン5mg
プレドニゾロン5mg

プレドニゾロン25mg
プレドニゾロン25mg

商品詳細


商品の特長

・皮膚の治療に有効
・炎症の抑制と症状の緩和
・高い安全性



プレドニゾロン(パナフコルテロン)は犬猫兼用の錠剤のステロイド剤です。
炎症を抑える効果があり、慢性副腎皮質機能低下症(アジソン病)の補充療法、免疫抑制、アレルギー、ネフローゼなどの炎症の緩和に効果があります。
経口薬となるため、フードに混ぜて投与してください。

プレドニゾロンの効果


プレドニゾロン(パナフコルテロン)は非常に高い効果を持つお薬です。
有効成分のプレドニゾロンは合成副腎皮質ホルモン(ステロイド)の一種で犬猫の様々な病気に処方されています。
特にかゆみが強く出る皮膚炎の治療に有効とされています。

免疫機能の抑制によって炎症などのアレルギー反応を防ぎ、不足している副腎皮質ホルモンの補充を行います。

比較的安全性の高いステロイド


プレドニゾロンはステロイド剤の中でも、抗炎症作用や持続時間が中程度の強さとされ、副作用が比較的でにくいお薬とされています。そのため標準的な治療薬として多く処方されています。

当商品パナフコルテロン錠は本来人間用に開発されたプレドニゾロン製品ですが、動物にもご使用いただけます。



犬のかゆみの原因について知りたい場合はこちらをご覧ください。



犬のアジソン病と治療薬ついて知りたい場合はこちらをご覧ください。

投与方法・使用方法

病気の症状や体重などにより用法・用量が異なりますので、かかりつけの獣医師の指示に従って投与してください。
「ウチの子、全然薬を飲んでくれない…。」

そんな飼い主さんは、こちらの動画を参考にしてください。



副作用

犬や猫などの動物が長期間にわたってプレドニゾロンを使用する場合により下記の副作用が発生する場合があります。
また、プレドニゾロンの使用には獣医師による正確な投与指示に従い、副作用が見られた際には直ちに使用を中止し、獣医師にご相談ください。

・食欲不振
・嘔吐
・下痢
・飲水量の増加
・尿量の増加
・腎臓の機能低下
・血糖値の上昇
・糖尿病の発症
・眼球圧の上昇
・白内障の発生
・皮膚の薄くなりやすい
・皮膚炎や湿疹の発生が起こりやすい
・免疫力の低下による感染症の発生
・筋肉の萎縮や筋力低下
・骨粗鬆症の発生や進行
・血液凝固能の低下による出血や腫れの発生

注意事項

使用禁忌があります。投与は必ず獣医師の指示に従い、慎重に行ってください。

メーカー

発送国

シンガポール
上へ
本日はエイプリルフールです🙇‍♂️

ペットと楽しくお喋りできるようになるのは、もうしばらく先の未来になりそうです😅

\このページをシェアする/

× この画面を閉じる ×