飼い主用
その他

分離不安・精神安定剤(犬)

更新日:
犬のストレスや不安や恐怖を緩和する精神安定剤やサプリを幅広く取り揃えております。分離不安などによる無駄吠え、食糞などの問題行動の改善やトレーニングにお役立て下さい。

総合 売れ筋ランキング

  • 分離不安・精神安定剤(犬) 総合

分離不安・精神安定剤(犬) 総合 ランキング

分離不安・精神安定剤(犬)の商品一覧

商品一覧から対象者を絞り込む
00件の商品が見つかりました
  • アンキソケア

    アンキソケア

    アンキソケアは天然ハーブを原料とした、不安やストレスの改善、脳機能の強化に効果が期待できるサプリメントです。 天然成分のサプリメントで副作用などの心配もなく、毎日与えることができます。 ペットの不安やストレスを改善し、学習能力や記憶力を向上させることで精神疾患や認知症などから大切なペットを守りましょう。
    製造:ヒマラヤ

    もっと見る

    1本1,600円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • クロフラニール(アナフラニール)

    クロフラニール(アナフラニール)

    クロフラニール(アナフラニール)は犬猫兼用の不安症を改善するための医薬品です。 犬・猫の分離不安や不安症に効果があり、脳内のセロトニンに作用することで症状を改善します。 ※発送時期によりパッケージが異なります。
    製造:サンファーマ/Consern Pharma

    もっと見る

    1箱2,700円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アタラックス

    アタラックス

    アタラックスは犬と猫の抗ヒスタミン薬です。 アレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎の症状の原因となる、「ヒスタミン」を阻害することで、アレルギーによるかゆみなどの症状を緩和します。 また、不安や緊張をほぐし、気分を落ち着かせ眠気を催す効果も持ち合わせております。
    製造:UCB Pharma A.S.

    もっと見る

    1箱2,250円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レメロンジェネリック

    レメロンジェネリック

    30mg28錠 取り扱い終了 レメロンジェネリックは犬と猫用のメンタルのお薬です。 さまざまな原因からくる食欲減退時に使用することで、食欲刺激作用が期待できます。 先発薬レメロン錠のジェネリック医薬品で、同じ有効成分で同等の効果を得ることができますが、大変お求めやすい価格設定となっております。 猫用のミラタズ軟膏も扱っております。
    製造:Gensenta

    もっと見る

    1箱2,750円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • バッチレスキューレメディペット

    バッチレスキューレメディペット

    ペット用のバッチフラワーレメディです。 車、病院、雷などの恐怖を和らげたり、緊張やパニック、事故後のショック状態にある犬、猫、ウサギなどに緊急用として用いられます。
    製造:バッチフラワーレメディ

    もっと見る

    1本3,533円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ハッピートラベラー

    ハッピートラベラー

    ハッピートラベラーはペットが受けるさまざまなストレスを軽減することができる天然成分のサプリメントです。 ヒューマングレード(人間の食品に使われるレベルで管理された品質)の天然素材をのみを厳選して配合しています。
    製造:アークナチュラルズ

    もっと見る

    1本2,966円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ビビトニン【犬用】

    ビビトニン【犬用】

    ビビトニンは有効成分のプロペントフィリンが血流を改善することで、犬の加齢によるさまざまな症状を改善するお薬です。
    製造:MSD

    もっと見る

    1箱5,700円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • シレオ【犬用】

    シレオ【犬用】

    シレオは犬の不安やストレスを緩和するメンタルのお薬です。 花火、雷、地震、工事現場や車のクラクションなど、騒音や強いストレスを軽減するお薬です。
    製造:ゾエティス

    もっと見る

    1本5,300円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • エンタイス(カプロモレリン)【犬用】

    エンタイス(カプロモレリン)【犬用】

    ・15ml:次回入荷時期未定 ・30ml:次回7月上旬入荷予定 食欲増進作用があるレメロンジェネリックは在庫がございます。 エンタイス(カプロモレリン)は病中、病後やメンタルヘルスなどの影響で、食欲が減退してしまった犬用の食欲増進剤です。 犬の体内にある空腹ホルモン「グレリン」と同じように機能するため、食欲を刺激することで、犬自身の持つ本来の自然な食欲を増進させる効果があります。
    製造:Elanco US Inc.

    もっと見る

    1本7,033円~
    売切れ
    詳細を見る
  • クロミカルム錠【犬用】

    クロミカルム錠【犬用】

    犬の分離不安症を和らげるための補助療法薬です。 有効成分の塩酸クロミプラミンが不安やストレスを軽減し、問題行動を抑制します。 ※発送時期によりパッケージが異なる場合があります。
    製造:Virbac

    もっと見る

    1本6,066円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レメロン錠

    レメロン錠

    レメロン錠は犬と猫用のメンタルのお薬です。 慢性腎不全などが原因の食欲減退時の制吐作用、引っ越しなどの環境の変化による精神的な食欲減退時に有効なお薬です。
    製造:Merck Sharp Dohme ilaclari Ltd.Sti.

    もっと見る

    1箱7,050円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トフラニール錠

    トフラニール錠

    トフラニール錠はイミプラミン塩酸塩配合の犬猫用のメンタルのお薬です。 犬と猫のストレスや過剰な不安からくるさまざまな症状を和らげる効果があります。 ※行動療法と並行して服用することでより改善に期待できます。
    1箱2,166円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヒドロキシジン錠(ドーミラックス)

    ヒドロキシジン錠(ドーミラックス)

    ヒドロキシジン錠(ドーミラックス)は、犬と猫のアトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎などのかゆみを抑え、不安や緊張を緩和する効果のある抗ヒスタミン薬です。 有効成分ヒドロキシジン塩酸塩が、ヒスタミンの働きをブロックすることで、さまざまなアレルギーの症状を緩和する効果があります。
    製造:Burapha Dispensary Co., LTD

    もっと見る

    1箱4,400円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アタラックスジェネリック

    アタラックスジェネリック

    アタラックスジェネリックは、犬と猫のアトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎のかゆみを抑え、気分を落ち着かせる効果のあるお薬です。 有効成分はヒドロキシジン塩酸塩で、アレルギー症状の原因となるヒスタミンを強力にブロックします。
    製造:Healing Pharma LLC

    もっと見る

    1箱7,400円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ジルケーンチューズ【犬用】

    ジルケーンチューズ【犬用】

    ジルケーンチューズ(犬用)は、ストレスケアを目的とした母乳成分α-S1トリプシン配合のサプリメントです。 問題行動の改善をはじめ、不安の解消、落ち着かせる効果もあり、花火や雷の音に怯えているときなどのスポット的な投与もオススメです。 ・取り扱い一時停止 ・犬用(10kg未満)は猫にもご利用頂けます。
    猫用の商品はコチラ
    製造:ベトキノール・ゼノアック

    もっと見る

    1袋2,433円~
    売切れ
    詳細を見る
  • コンポージャー【犬用】

    コンポージャー【犬用】

    分離不安やストレスを感じる犬をリラックスさせるソフトチュアブルタイプのサプリメントです。 チアミン、C3(コロストラムカーミングコンプレックス)、Lテアニンの働きでストレスを緩和、安らぎを与えます。
    製造:ベトリサイエンス

    もっと見る

    1袋2,933円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

犬にも精神安定剤は必要?

以前は、犬は人間のように精神疾患にかからない動物であると考えられていました。

しかし、近年では吠えたり、いたずらをしたりといった問題行動や異常行動、または下痢や嘔吐などの身体症状はストレスや不安が原因である可能性が指摘され、精神疾患として認められるようになったのです。

つまり、犬も人間と同様に不安や恐怖を感じ、それが精神病につながることもあります。


犬の精神病に対してさまざまな治療法がありますが、精神安定剤の使用は最も有効的な治療法の1つです。

精神安定剤が使われる代表的な病気

犬の精神疾患は主に下記の3つに分かれます。

犬の主な精神疾患
  • 強迫性障害
  • 分離不安症
  • うつ病

これらの精神疾患の治療に、精神安定剤が用いられるケースが多いです。

ここでは、これらの病気と症状について詳しく解説します。

「可愛い」と思っていた愛犬の行動が、実は病気の兆候だったということもあるため、しっかりと読んで愛犬に治療が必要であるのか判断するための材料にしてください。

分離不安症

分離不安とは、1人っきりで留守番をすることに慣れていない犬がかかりやすい精神疾患です。

家族が外出の準備をしていたり、ポツンとひとりぼっちになったりすると不安を感じて下記のような行動や仕草を見せることがあります。

分離不安症の症状
  • 落ち着きがなくなって、家族のあとをついていこうとする
  • 吠え始めて止まらなくなる
  • トイレ以外の場所でウンチやおしっこをしてしまう
  • 家具や身の回りにあるものを壊そうとする
  • 食欲がなくなる
  • 突然嘔吐や下痢をする
  • 突然震え出して止まらなくなる
  • 足や体をひたすら舐め続ける
  • 足や体の被毛を噛んで抜いてしまう

これらの問題行動は、軽度なものから、飼い主に対して攻撃的になる重度なものまでさまざまです。

強迫性障害

強迫性障害は「常同行動」とも呼ばれており、はっきりとした原因は分かっていません。

しかし、ケージに長時間閉じ込められたり、日常的に叱られたりするなどストレスを感じることで発症する可能性があると報告されています。

下記が、犬の強迫性障害の代表的な症状です。

強迫性障害の症状
  • 自分の尻尾をひたすら追いかける
  • 足先など被毛が抜けてしまうほど同じ部分を舐め続ける
  • ひたすら穴を掘り続ける
  • 散歩中に、常に背後を気にしながら歩く
  • 光を追いかけようとする
  • 何もないのに追いかけようとする

これらの仕草や行動が始まると、飼い主さんの指示を全く聞かなくなってしまいます。

うつ病

犬も人間と同様にうつ病にかかることがあります。

上記の強迫性障害や分離不安が悪化するとうつ病にかかってしまうかかる可能性があるため、十分に注意してください。

愛犬がうつ病にかかると下記のような症状が見られます。

うつ病の症状
  • 家族を出迎えなくなった
  • これまで好きだった散歩を嫌がるようになった
  • 遊ぼうとしても興味を示さなくなった
  • 部屋やケージの隅でじっとしていることが多く、元気がない
  • 音などに対して無反応で、いつも眠っている
  • 食欲が減退し、体重が減っている
  • 過食気味でやたらご飯をねだるようになり、最近太った
  • トイレでウンチやおしっこができなくなった
  • 手足や身体を舐めたり噛んだりすることが多い

犬の精神疾患の治療法

前章では犬の代表的な精神疾患とその症状について解説しました。

これらの症状に当てはまる場合は、動物病院を受診して対処法などを相談することをおすすめします。

犬の精神疾患に対する主な治療法は、下記の3つです。

精神疾患の治療法
  1. ストレスの原因を取り除く
  2. 行動修正法
  3. 精神安定剤の投与

それぞれの治療法について詳しく説明します。

ストレスの原因を取り除く

犬のストレスの原因は下記のようにさまざまです。

犬のストレス要因
  • 退屈
  • 不安
  • 環境の変化
  • コミュニケーション不足
  • 長時間ケージに入れられているなど、環境刺激の不足

まずは、愛犬のストレスの原因を突き止め、状況を改善するように努めましょう。

精神安定剤やサプリメントの投与は精神疾患の治療に効果的ではありますが、根本的な原因の改善にはなりません。

つまり、ストレスの原因を取り除くことが最善の治療法です。


愛犬が退屈しないように、留守番中ケージにおもちゃを入れてあげたり、留守番の時間を短くするように努力したりと工夫を凝らしてあげてください。

また、ストレスや不安によって破壊行動や無駄吠えなどの問題行動がある場合は叱らないように気をつけましょう。

叱ると逆効果で、症状が悪化する可能性があります。

行動修正法

行動修正法とは、動物の学習原理をベースにした、動物の問題行動や異常行動を望ましい行動に変化させるためのトレーニングのことです。

行動修正法によって、ほとんどの問題行動が改善すると言われています。


愛犬の問題行動が改善されると愛犬も飼い主さんも穏やかな気持ちで生活できるとともに、愛犬の問題行動によって引き起こされる近隣トラブルや対人トラブルも改善することにつながるでしょう。

しかし、各家庭で実施することになるため、効果的なトレーニングを行うためには、飼い主さんと獣医師の密な連携と地道な実践が必要です。

精神安定剤の投与

精神安定剤の投与は薬物療法で、犬に薬を与えることで問題行動をやめさせたり、ストレスや不安を解消させたりすることを目的にした治療法です。

しかし、薬だけで問題行動を解消させることは難しいとされており、上述した行動修正法とセットで行う方が効果的であるとされています。


精神安定剤は、投与する薬の種類によって異なりますが、即効性のあるものから、効果を感じるまでに1〜2ヶ月ほどの時間を要するものまでさまざまです。

いずれにしても最低数ヶ月間は投与することになります。


症状によっては年単位で投与する可能性もあるため、経済的な負担についても念頭に入れておいてください。

詳細は後述しますが、副作用がある精神安定剤もあるので獣医師と相談しながら、愛犬に最適な精神安定剤を選びましょう。

犬の精神安定剤の種類と効果

前章で犬の精神疾患の治療や改善に精神安定剤の投与が効果的であることを説明しました。

ここでは上述した精神安定剤の種類について、もう少し掘り下げて紹介します。

精神疾患の治療に用いられる精神安定剤は主に下記の2つです。

精神安定剤の種類
  1. 抗うつ薬
  2. 抗不安薬

それぞれの精神安定剤の特徴やその効果について詳しく解説します。

抗うつ薬

抗うつ薬も愛犬の不安やストレスの軽減に効果的な精神安定剤です。

抗うつ剤にはさまざまな種類がありますが、下記の2種類のいずれかの薬が処方される可能性が高いでしょう。

  • 三環系抗うつ薬(例:クロミプラミン、アミトリプチリン、イミプラミン)
  • セロトニン再取り込み阻害薬(SSRIとも呼ばれる)(例:フルオキセチン、パキシル、デプロメール)

三環系抗うつ薬には眠気、食欲減退、おしっこが出づらくなるといった副作用があります。

そして、セロトニン再取り込み阻害薬は、眠気、吐き気、そして下痢や便秘が主な副作用です。


いずれの抗うつ薬を使用するにしても、副作用が見られた場合は軽微なものであっても獣医師に相談するようにしてください。


ぽちたま薬局では「クロミカルム錠」の取り扱いがございます。

クロミカルム錠

上述した有効成分「クロミプラミン」を含み、ストレス緩和や興奮状態を抑える効果が期待できます。

抗不安薬

抗不安薬はマイナートランキライザーとも呼ばれており、愛犬の不安やストレスを軽減しリラックスさせる効果が期待できる精神安定剤です。

抗不安薬はさらに下記の2つに分類されます。

  • ベンゾジアゼピン受容体作動性薬
  • セロトニン作動性薬

前者は即効性があることがメリットではありますが、依存性やふらつきが出やすいというデメリットがあるため、必要以上に使用を継続することはおすすめできません。

犬用のベンゾジアゼピン受容体作動性薬としては下記の5つのいずれかが処方される可能性が高いです。

  • アルプラゾラム
  • ジアゼパム
  • ロラゼパム
  • オキサゼパム
  • クロラゼペート

つづいて、セロトニン作動性薬はセロトニンやノルアドレナリンを増やして心を安定させる作用があります。

他の薬との相互作用が少なくて済むため、他にも薬を処方されている愛犬におすすめです。

ミルタザピンタンドスピロン・クエン酸塩のいずれかが処方されるでしょう。


ぽちたま薬局では「レメロン錠」の取り扱いがございます。

レメロン錠

有効成分「ミルタザピン」を含み、神経伝達物質の放出を促し不安をやわらげる効果が期待できます。

副作用のないサプリメントも活用

普段の食事だけでは補いきれない栄養素や、より強化したい成分がある場合は犬用サプリメントを活用するのも手です。

犬用サプリメントの中には精神安定を目的としたサプリメントもあります。

サプリメントの利用によって、愛犬の精神疾患やメンタルの状態が改善することが期待できます。

また、薬とは異なり副作用などのリスクが少ないため、安全性を重視している飼い主さんにおすすめです。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
ようこそ、ぽちたま薬局へ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

ぽちたまメディア
ぽちたま薬局公式X(旧Twitter)

X(旧Twitter)限定キャンペーンなどお得な情報がいっぱい!


ぽちたま薬局スタッフブログ

ぽちたま薬局のスタッフがペットの健康や薬の選び方について詳しく説明しています。


YouTubeチャンネル
公式インスタグラム

お知らせお知らせ一覧
上へ