カプロモレリン
  • カプロモレリン
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

カプロモレリン

更新日:
カプロモレリンは病中、病後やメンタルヘルスなどの影響で、食欲が減退してしまった犬用の食欲増進剤です。

犬の体内にある空腹ホルモン「グレリン」と同じように機能するため、食欲を刺激することで、犬自身の持つ本来の自然な食欲を増進させる効果があります。
  • 食欲増進効果
  • 体重減少管理

有効成分:カプロモレリン

ご注文

カプロモレリン 15mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
7,700(7,7001本あたり
231
カゴに入れる
2本
14,600(7,3001本あたり
438
カゴに入れる
3本
20,800(6,9331本あたり
624
カゴに入れる

成分一覧

カプロモレリン 30mg/ml

商品詳細


商品の特長
  • 犬の食欲増進剤

  • 病中、病後の体重管理

  • 米国食品医薬品局公認

  • フレーバー付きで与えやすい


犬用の食欲増進剤


カプロモレリンは犬用の食欲増進剤として、世界で初めて米国食品医薬局(FDA)の承認を受けたお薬です。
犬の食欲不振は、病中や病後、またはメンタルヘルスの影響で発症してしまうことが多く、体重減少や合併症のリスクが伴います。

そのため、早期の治療が必要な症状の一つと言っても過言ではありません。

カプロモレリンの効果


有効成分であるカプロモレリンは、犬の胃で分泌される空腹ホルモンである「グレリン」と同じように機能することで、犬が持つ本来の食欲を自然な形で助ける効果があります。

この働きで、食欲低下に伴う栄養不足や体重の減少を管理することができます。

フレーバー付きで投与しやすい


犬が好むバニラの甘いフレーバー付きで、スムーズに投与することができるため、犬や飼い主様にとって、投与の時間がストレスになりません。


参考

Elanco US(外部リンク)


投与方法・使用方法

投与方法


・1日1回
・体重1㎏あたり3㎎
・投与前に軽く振り、付属のシリンジで適量を吸い込んでください。
・その後、片方の手で犬の口をおさえ、投与してください。
・投与後はシリンジを洗って保管してください。

副作用

・下痢、吐き気、嘔吐、胃のむかつきなどの消化器症状
・血中尿素窒素の上昇
・多飲症、唾液分泌過多

※まれな副作用
・腹部不快感、鼓腸
・血中リン、クレアチニンの上昇
・無気力、抑うつ

注意事項

・本剤に対し、過敏症をお持ちの犬には使用できません。
・腎不全、肝不全の犬に対しての使用は、獣医師の指導の下、投与してください。
・妊娠中、授乳中の犬に対する安全性は確認されていませんので、これらの犬に対し手の使用は、必ず獣医師にご相談ください。

メーカー

発送国

香港
上へ