レメロン錠
  • レメロン錠
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

レメロン錠

更新日:
レメロン錠は犬と猫用のメンタルのお薬です。
慢性腎不全などが原因の食欲減退時の制吐作用、引っ越しなどの環境の変化による精神的な食欲減退時に有効なお薬です。
  • 犬猫
  • 食欲増進
  • 制吐作用
  • 慢性腎不全

有効成分:ミルタザピン

ご注文

レメロン錠 30mg 28錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
6,500(6,5001箱あたり
195
カゴに入れる
2箱
12,400(6,2001箱あたり
372
カゴに入れる

成分一覧

ミルタザピン 30mg

商品詳細


こんなお薬

・犬猫用のメンタルのお薬
・食欲刺激作用
・制吐作用
・有効成分ミルタザピン



犬と猫用のメンタルのお薬


レメロン錠は犬と猫用の食欲減退時に有効なメンタルのお薬です。
本来は人用の抗うつ剤として処方されているお薬ですが、動物への安全性が確立されているため、安心してご使用いただけます。

こんな時に有効



病気などが原因の食欲減退時


慢性腎臓病などが原因で食欲が減退した際に制吐作用、食欲刺激作用が期待できます。

環境の変化による食欲減退時


犬や猫は環境の変化に敏感です。
部屋の家具の配置を変えたり、引っ越しなどで環境が変わってしまったことが原因となり、分離不安やうつ病などを発症し、食欲が減退してしまうこともあります。
そんなときにもレメロン錠の食欲刺激作用が有効です。

有効成分ミルタザピン


脳内のノルアドレナリン神経、セロトニン神経の活動を高めることで、神経伝達物質の放出を促し不安をやわらげ、意欲を高める効果があります。

投与方法・使用方法


・体重1kgあたり1.1~1.3mgを1日1回経口投与してください。
・投与量は1日1頭あたり30mgを超えないこと。


・1頭あたり1.88mgを2日に1回経口投与してください。

※錠剤の分割に便利なピルカッターの取り扱いもございます。
販売ページはこちら⇒ ブルーピルカッター

副作用

・主な副作用は鎮静効果になります。
・また、過剰に鳴く、興奮、嘔吐、行動の変化などがみられる場合があります。
・副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察をお受けください。

注意事項

・腎機能障害、肝疾患、心疾患、脳血管疾患のある犬猫に投与する場合は、獣医師に相談の上使用してください。
・糖尿病のある動物において長期使用ののち、突然投薬を中止すると血糖値に影響を与える可能性があります。
・獣医師の指導の下で使用してください。

メーカー

発送国

香港
上へ