飼い主用
その他

腎臓病の薬(犬)

更新日:
犬の腎臓病・腎不全の治療薬を取り扱っています。 シニア犬になると珍しい病気ではない腎臓病、適切な投薬で症状の進行を抑えることが大切です。

総合 売れ筋ランキング

  • 腎臓病の薬(犬) 総合

腎臓病の薬(犬) 総合 ランキング

腎臓病の薬(犬)の商品一覧

商品一覧から対象者を絞り込む
00件の商品が見つかりました
  • パナフコルテロン錠(プレドニゾロン)

    パナフコルテロン錠(プレドニゾロン)

    次回入荷時期未定。 ステロイド剤売上No.1 パナフコルテロン錠は犬猫兼用のステロイド剤です。 幅広い症状に対して働きます。 慢性副腎皮質機能低下症(アジソン病)の補充療法、免疫抑制、アレルギーや炎症の緩和などに効果があります。
    製造:アスペン

    もっと見る

    1本1,833円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トラセミド(ルプラック・ジェネリック)

    トラセミド(ルプラック・ジェネリック)

    トラセミド(ルプラック・ジェネリック)は犬猫用の利尿剤です。 僧帽弁閉鎖不全症や腎臓病などの疾患により発生した肺水腫、腹水、胸水の治療に使用します。
    製造:インタスファーマ

    もっと見る

    1錠21円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アップカード【犬用】

    アップカード【犬用】

    アップカードは犬用の経口利尿剤です。 主に心臓病の治療に用いられています。 うっ血性心不全に関する浮腫や胸水の症状に効果があります。
    製造:ベトキノール

    もっと見る

    1箱5,300円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ザイロリック

    ザイロリック

    ザイロリックは犬猫兼用の尿酸降下薬です。 犬猫の尿酸結石(尿路結石症、尿石症)の治療に使われます。 トイレに行く回数が多い、いきんでいるのに尿が出ない、赤っぽい尿が出た…など、尿酸結石の症状にお悩みの犬や猫にご使用いただけます。
    製造:グラクソ・スミスクライン

    もっと見る

    1箱2,833円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ネフロテックDS

    ネフロテックDS

    ネフロテックDSはペットの腎臓や尿路にできる結石の解消や予防に効果が期待できるサプリメントです。 原料として、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた天然のハーブが配合されています。
    製造:ヒマラヤ

    もっと見る

    1本1,600円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アムロジピン(ノルバスクジェネリック)

    アムロジピン(ノルバスクジェネリック)

    アムロジピン(ノルバスクジェネリック)は血圧を降下させることで、心臓への負担を軽減する犬と猫用のお薬です。 犬と猫どちらも使用できますが、主に猫において、安全性と高い効果の観点から、高血圧治療の第一選択薬となっております。
    製造:アポテックス

    もっと見る

    1箱2,750円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アタカンド

    アタカンド

    4mg 取扱終了 アタカンドは、犬猫兼用の高血圧症の治療薬です。 血管を拡張させることで血圧を下げ、心臓病や腎臓病の改善にも効果が期待できます。
    製造:アストラゼネカ

    もっと見る

    1箱1,800円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • イパキチン

    イパキチン

    犬や猫の慢性腎不全における腎機能をサポートするためのサプリメントです。 配合成分のキトサンと炭酸カルシウムは血中内で腎機能を低下させるリンや毒素を除去する作用があり、腎不全の悪化や尿毒症の発症を予防します。
    製造:Vetoquinol S.A.

    もっと見る

    1本6,100円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ブラッダーストレングス【犬用】

    ブラッダーストレングス【犬用】

    ブラッダーストレングスは、愛犬のホルモンレベルを調整し、腎機能、膀胱の健康をサポートする犬用サプリメントです。 主成分のパンプキン種子パウダーなどが正常なホルモンレベルをキープします。
    製造:フードサイエンス

    もっと見る

    1本4,400円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

ワンちゃんの腎臓病は気づかない間に進行する病気

腎臓はおしっこを作って、ワンちゃんの体の老廃物を排出する役割がある臓器です。

腎不全などの腎臓病はワンちゃんの3大死因の一つで、何らかの原因で腎臓が正常に働かなくなる病気です。

腎臓病は兆候となる症状が現れにくく、発見が難しいとされています。

日頃からワンちゃんをよく見てあげ、予防や早期治療をおこなっていきましょう。

犬の腎臓病の症状

腎臓病は「急性腎障害」と「慢性腎臓病」の2つに分けられます。

いずれも症状が進行すると腎不全となり、老廃物がきちんと排泄できなくなり、全身に毒性物質が回る尿毒症を引き起こします。

急性腎障害

急性腎障害は、数時間から数日の短い期間で腎臓の働きが低下します。

急性腎障害の際は、以下の症状が現れます。

急性腎障害の際に表れる症状
  • 突然ぐったりする
  • 排尿がない
  • 脱水
  • 嘔吐
  • 意識低下
  • 呼吸が荒い、など。

命の危険もある疾患ですが、適切に処置することで腎機能が回復する可能性もあります。

慢性腎臓病

慢性腎不全は、数ヶ月から数年にわたり徐々に腎機能が低下していきます。

初期段階では症状はほとんど現れず、腎機能の50%が低下してから目に見える症状が現れると言われています。

なお、慢性腎臓病の症状としては次のようなものです。

慢性腎臓病の症状
  • 体重減少
  • 毛艶が悪くなる
  • 水をたくさん飲む
  • 色の薄い尿をたくさんする
  • 食欲低下
  • 嘔吐
  • 活動的でなくなる
  • 口臭
  • 便秘

慢性腎臓病の場合、一度機能が低下した腎臓は元に戻りません。

犬が腎臓病になる原因

犬が腎臓病にかかってしまう原因はさまざまです。

急性腎障害の原因
  • 細菌性または免疫の疾患による腎炎、薬品など腎毒性のあるものの摂取
  • 出血、脱水、血栓などにより腎臓への血液供給に異常が発生している
  • 結石などによる尿道閉塞、または事故による膀胱破裂で排尿できない
慢性腎臓病の原因
  • 腎臓に障害を引き起こすさまざまな疾患
  • 加齢

腎臓病になりやすい犬の特徴

7歳以上のシニア犬は慢性腎臓病にかかりやすいとされています。

また、下記の犬種は腎臓病にかかりやすいと言われています。

腎臓病になりやすい犬種
  • イングリッシュ・コッカー・スパニエル
  • ウェスト・ハイランド・ホワイトテリア、ボクサー
  • キャバリア
  • シャーペイ
  • ブルテリア
  • ボクサー

愛犬を腎臓病から守るための予防方法

愛犬を腎臓病予防で大切なのは、「栄養バランスの取れた食事」「新鮮な水をいつでも飲める環境を作る」が挙げられます。

また、腎臓病は他の病気から引き起こされることがあるため、定期的なワクチンや健康診断も重要です。

日々愛犬のおしっこの量や飲んでいる水の量を観察し、どちらも量が増えてきたと感じたら獣医師に相談しましょう。

愛犬が腎臓病(腎不全)になった時の治療方法

腎不全になった場合、失われた腎機能は回復することがありません。

そのため、腎不全の治療法は以下の通りとなります。

・腎臓の負担を軽減するための食事療法
・腎機能の低下を遅くする薬物療法

薬物療法の中には、点滴や透析、胃に負担をかけないための投薬などがあります。

ぽちたま薬局で取り扱っている腎臓病・腎不全の治療薬

腎不全になった場合、失われた腎機能は回復することがありません。

そのため、腎不全の治療法は以下の通りとなります。

・腎臓の負担を軽減するための食事療法
・腎機能の低下を遅くする薬物療法

薬物療法の中には、点滴や透析、胃に負担をかけないための投薬などがあります。

アタカンド

アタカンド

価格:1箱2,700円~
有効成分:カンデサルタン

アタカンドの有効成分カンデサルタンには、体内の水分や塩分を調整する働きがあります。

腎臓や心臓への負担を減らしてくれる効果があるため、腎臓病の治療にも用いられています。

アタカンドの通販ページ

イパキチン

イパキチン

価格:1本6,100円~
成分:ラクトース、炭酸カルシウム、キトサン、大豆タンパク加水分解物

イパキチンは、腎機能をサポートするサプリメントです。

有効成分が体内の老廃物を吸着し排出する働きがあり、尿毒症を未然に防ぎます。

また、無味無臭のパウダータイプなので、フードの味を変えることなくご飯に混ぜて与えることが可能です。

イパキチンの通販ページ

ザイロリック

ザイロリック

価格:1箱3,150円~
成分:アロプリノール

ザイロリックは尿酸結石の治療に使われるお薬です。

有効成分アロプリノールに体内の尿酸を減らす作業があり、結石の治療と予防が行えます。

結石による排尿困難を防ぐため、腎臓病の治療にも用いられています。

ザイロリックの通販ページ

まとめ

腎臓病は命に関わる病気であり、かかってしまうと一生付き合っていかなければならない疾患でもあります。

腎臓病の兆候を早期発見し治療を行うことで、ワンちゃんの健康を守ることができます。

日頃からおしっこの量と飲水量を確認し、もし病気にかかっても早期発見できるよう観察しましょう。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
ようこそ、ぽちたま薬局へ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

ぽちたまメディア
ぽちたま薬局公式twitter

Twitter限定キャンペーンなどお得な情報がいっぱい!


ぽちたま薬局スタッフブログ

ぽちたま薬局のスタッフがペットの健康や薬の選び方について詳しく説明しています。


お友達紹介キャンペーン実施中!

お友達紹介キャンペーン実施中!


YouTubeチャンネル
公式インスタグラム

お知らせお知らせ一覧
上へ