トラセミド(ルプラック)
  • トラセミド(ルプラック)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

トラセミド(ルプラック)

更新日:
トラセミド(ルプラック)は犬・猫の体内に溜まった水分を排出する利尿剤です。
僧帽弁閉鎖不全症などにより発生した肺水腫、腹水、胸水の治療に使用します。
  • 利尿作用による肺水腫、腹水、胸水の改善

有効成分:トラセミド 10mg

ご注文

トラセミド(ルプラック) 5mg

数量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
2,250(221錠あたり
67
カゴに入れる

トラセミド(ルプラック) 10mg

数量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
150錠
3,150(211錠あたり
94
カゴに入れる

トラセミド(ルプラック) 20mg

数量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
150錠
3,400(221錠あたり
102
カゴに入れる

成分一覧

トラセミド 10mg

商品詳細

こちらは犬・猫用の商品です。

トラセミドは、犬・猫の肺水腫、腹水、胸水の治療に使用するループ利尿剤で、ルプラックと同じ成分のお薬です。
体内に溜まった水分をおしっことして排出することで、心臓や腎臓への負担を減らす事ができます。

犬・猫になぜ利尿剤が必要か?


1.心臓病の進行に伴い、全身に血液を送り出せなくなる
2.血液を送り出せない事で心臓に血液が溜まる
3.その結果、心臓近くの肺にも血液成分が染み出し肺水腫となる
4.肺水腫は肺に水が溜まった状態となるため、呼吸困難に陥る

トラセミドは、尿の量を増やし、水分を多く輩出するように腎臓に働きかける効果があります。
愛犬・愛猫のおしっこの量を普段から把握しておくことで、様々な状況に早期に対応することができます。

水分をなかなか摂ってくれない場合は、なるべく食べものから摂取してもらうなどのに工夫も必要です。

投与方法・使用方法

・トラセミドとして、体重1kgあたり0.2~0.3mgを8~24時間間隔で経口投与する。(通常、1日2回)
・トラセミドの投与量は、フロセミド投与量の10%を目安とする。

副作用

・本剤は効能・効果において定められた目的にのみお使いください。

・本剤は定められた用法・用量を厳守してください。

・本剤は獣医師の指導の下でお使いください。

注意事項

肝機能障害、高尿酸血症、糖尿病に罹患している場合は、慎重に投与してください。

メーカー

上へ