トラセミド(ルプラック・ジェネリック)
  • トラセミド(ルプラック・ジェネリック)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

トラセミド(ルプラック・ジェネリック)

更新日:
トラセミド(ルプラック・ジェネリック)は犬猫用の利尿剤です。
僧帽弁閉鎖不全症や腎臓病などの疾患により発生した肺水腫、腹水、胸水の治療に使用します。
  • 利尿作用による肺水腫、腹水、胸水の改善
  • デトックス効果

有効成分:トラセミド5mg、10mg、20mg

ご注文

トラセミド(ルプラック・ジェネリック) 5mg

数量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
2,250(221錠あたり
67
カゴに入れる

トラセミド(ルプラック・ジェネリック) 10mg

数量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
150錠
3,150(211錠あたり
94
カゴに入れる

トラセミド(ルプラック・ジェネリック) 20mg

数量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
150錠
3,400(221錠あたり
102
カゴに入れる

成分一覧

トラセミド 5mg、10mg、20mg

商品詳細

トラセミド(ルプラック・ジェネリック)は犬猫用の利尿剤です。

トラセミドは強力な利尿作用をもつループ利尿薬です。
日本国内で「ルプラック」という名前で流通しているお薬と同じ成分のジェネリック薬です。
循環する血液量を減少させ、血圧を下げる効果があることから、病気の治療などに広く使われています。


犬・猫の肺水腫、腹水、胸水の治療に



犬・猫の肺水腫、腹水、胸水の治療に使用します。
主に、犬の僧帽弁閉鎖不全症、猫は腎臓病と診断されたときに、使うことの多い薬です。
体内に溜まった水分を尿として排出することで、心臓や腎臓への負担を減らすことができます。

犬・猫用の利尿剤は、「アップカード」のお取り扱いもございます。
販売ページはこちら⇒アップカード

投与方法・使用方法

食餌と一緒、もしくは別に投与してください。
通常は、トラセミドとして、成犬・成猫の体重1kgあたり、0.1~0.6mgの量を1日1回投与してください。
一般的には体重1kgあたり0.3mg以下で使用されています。

症状の安定を維持するため、投与量に注意し調節する必要があります。
※用法用量は症状により異なるため、かかりつけの獣医師の指示に従ってください。


参考

UpCard, INN-torasemide(PDF・外部リンク)





当サイトでは、トラセミドの用量5mg、10mg、20mgの3つを取り扱っておりますが、容量の多いものはピルカッターを使い、半錠にすることで半分量として服用することができます。
錠剤の割り方は以下をご覧ください。

錠剤の割り方



トラセミド錠の割り方

トラセミドは服用する患者の体重によって半分、または1/4に分割する必要があります。

中央には割線がある錠剤は刃物を使わずに半分に分割することができます。
図のように錠剤をスプーンなどの上に乗せ、割線の両サイドを両指で押さえると簡単に割ることができます。

1/4の分割はスプーンでは難しいため、刃物か専用のピルカッターをご利用ください。
刃物を使用する際は怪我をしないよう、十分にお気を付けください。
また、錠剤の分割後はお早めにご使用ください。

ピルカッターのお取り扱いはこちら



錠剤の分割に便利なピルカッターは、こちらにご用意しています。

ピルカッター ピルカッター
1個 880円

副作用

薬の投与により、脱水によるふらつきや多飲が見られることがあります。
その他は特に報告されていませんが、異常が出た場合には使用を中止し、獣医師にご相談ください。

注意事項

・本剤は効能・効果において定められた目的にのみお使いください。
・本剤は定められた用法・用量を厳守してください。
・本剤は獣医師や医師の指導の下でお使いください。
・肝機能障害、高尿酸血症、糖尿病に罹患している場合は、慎重に投与してください。


★併用禁忌の薬剤
・デスモプレシン酢酸塩水和物(ミニリンメルト)
 低ナトリウム血症が発現するおそれがある

メーカー

発送国

シンガポール・インド
上へ