公開日:

最終更新日: 2024.01.23

愛犬がフィラリアに感染!フィラリア症は治る?フィラリアの治療について

愛犬がフィラリアに感染してしまったとき、どんな治療を行うのか。
またフィラリア症は治る病気なのか。

そんな疑問にお答えします!

    【この記事の結論】 

  • フィラリア症に感染すると、完全に治ることはありません
  • 予防することで、100%防げる病気です
  • フィラリアは犬だけでなく、人間にも感染します

フィラリア症は治るか?治らないか?

いち飼い主として言わせていただくなら、犬のフィラリア症は「治らない」です。

正確には、完全には治らないです。
フィラリアに一度感染された臓器は、完全に元の状態に戻ることがないからです。
そのため、肺、心臓などに寄生されていた場合、フィラリアをすべて取り除いたとしても、肺や心臓の治療を継続していく必要があります。

もちろん、体内のフィラリアの数が少なく、心臓などの臓器が障害を起こしていない場合は、虫を取り除いてしまえば日常生活に支障もなく、普通に生活していけるしょう。

フィラリアは予防をすることで100%防げる病気です。

かわいい愛犬の事を考えれば、寄生虫なんかに、愛犬の大切な肺や心臓の血管を傷つけられてたまるか!という気持ちになれますよね。

犬フィラリア症、こんな症状が出たら末期です

冒頭でもお話しました通り、犬フィラリア症の初期の症状は、ほとんどが無症状ですので、ここでは末期症状のみをご紹介いたします。

・咳(他に思い当たる病気をしていない)
・元気がない
・散歩を嫌がる
・運動中に失神
・お腹が膨れる(腹水)
・血尿

これらの症状は、すでに肺や心臓の血管に、相当数のフィラリアが寄生することで、肺や血管にダメージを受けたことがきっかけで発症する症状です。

見過ごしてしまいがちな初期の症状で、唯一気づきやすいのは、「咳」です。

毎日愛犬の体調に気を付け、少しでもいつもと様子が違うようであれば、動物病院で獣医師さんに診てもらうように心がけましょう。

犬フィラリア症の治療方法

フィラリア症を発症してしまった犬の治療法は、犬の年齢や症状、臓器へのダメージの度合い、感染フィラリア数の多さによって、異なります。

ここでは、フィラリア症の治療方法をご紹介いたします。

外科手術

麻酔のリスクがあるため、若い犬や体力のある犬であれば行うことができます。

頸動脈から鉗子(かんし:ものをつかんだりするのに使用するハサミのような形状の器具。手術用の器具)を入れて、寄生しているフィラリアの成虫をつり出す処置をします。

駆除薬の投与

一度に死滅した大量のフィラリアが肺の血管に詰まることで、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性があるため、投薬前の事前検査により、寄生数などを調べ、慎重な判断の上行います。

※フィラリア成虫に対し駆虫効果のある有効成分「イミトサイド」は、日本で数年前に販売中止となっています。現在は在庫が残っている動物病院のみでの取り扱いとなります。

長期間の予防薬投与

寄生している成虫の数が少なく、フィラリアの症状が出ていない場合は予防薬を長期間投与することで、自然な減少を待つ治療方法を行います。

フィラリア予防薬(犬用)の通販ページはコチラ

対症療法

外科手術に耐える体力がないと判断された場合、体内に寄生しているフィラリアに対しては何もせず、発症している症状に対して「対症療法」を行います。

咳がひどい場合は咳止め、腹水でお腹が膨らんでいるのであれば、腹水の除去などです。

しかし、すでに臓器に深刻なダメージを受けているため、激しい運動を避け、栄養バランスの良い手作りの食事を心がけるなど、愛犬の心臓や臓器に負担をかけないような日頃のケアも大事になってきます。

フィラリアは人間にも感染します

フィラリアは犬だけでなく、人間にも感染する「ズーノーシス(人獣共通感染症)」です。

犬フィラリア症はペットブームに伴い、犬や猫の飼い主さんであれば、だれでも知っている病気といっても過言ではありません。

しかし、実はわが国では2004年までの間に、約100名の人間への症例が報告されています。

ほとんどは無症状ですが、咳、血痰、腰痛、呼吸困難などがみられることがあり、まれにリンパ系が大きくダメージを受けることで、足が大きく腫れる病気、象皮病など、身体障害を引き起こす場合があります。

まとめ

いかがでしたか?

フィラリアが治るかどうかをいろいろ調べていく上で思ったことを正直にお伝えします。
それは、どのサイトも、治る、治らないに関して、はっきり書いてるところが少なかったです。

なので、さまざまなサイトを照らし合わせたうえで、私なりに判断して書かせていただきました。

また、愛犬へのフィラリア予防は欠かさず行うようにしようと改めて感じました。
愛犬をフィラリアから守ることができるのは飼い主さんしかいません。

この機会に、ぜひフィラリア予防の大切さを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

フィラリア予防薬(犬用)の通販ページはコチラ


関連記事

  1. フィラリアは犬から人間にうつる?

    フィラリアって犬から人間にうつるの?

    フィラリアは犬にとって深刻な病気ですが、人間にもうつるのか気になるとこ…

  2. 犬が何回も吐く…危険な嘔吐との見分け方

    ご飯を食べすぎたり、お腹がすきすぎたりすると、犬はよく吐きます。…

  3. 頭を振る犬

    犬が頭を振るのは外耳炎やてんかんが原因?単なるストレス発散?

    犬がブンブンと頭を振るしぐさは、特別珍しい物ではありません。し…

  4. 子犬にフィラリア予防薬は必要?いつから与えられる?

    子犬にフィラリア予防薬は必要?いつから与えられる?

    フィラリア予防薬は成犬には当然のように定期的に与えますが、…

  5. 初心者でも飼うのが簡単な犬っているの?犬の特徴を紹介

    初心者でも飼うのが簡単な犬っているの?犬の特徴を紹介

    初心者にとっては、大型犬よりも小型犬の方が飼いやすいです。しか…

  6. トマトで愛犬もアンチエイジング!?隠された効果とトマトを使ったフードレシピ

    トマトは、人間にとって非常に栄養価が高く、健康に良いとされる野菜の…

フィラリア予防薬の通販

ピックアップ記事

  1. コロナ予防!?SNSに溢れるイベルメクチンの飲み方を試す前に!

最近の記事

  1. 猫のノミダニ予防薬はいつから?室内飼いの猫でも必要?
  2. 猫の強制給餌について知っておくべきこと
  3. 猫の膀胱炎の症状について
  4. 猫の食欲増進剤について
  5. フィラリアって犬から人間にうつるの?
  6. モルヌピラビルの個人輸入に関して
  7. 猫のノミ・ダニ予防の料金

アーカイブ

  1. とうもろこしを猫が食べるのはどうなの?与え方も解説します
  2. てんかんを抱えた犬に最適な食事のポイント
  3. イベルメクチンの副作用と注意点

    豆知識

    イベルメクチンの副作用と注意点!購入前に知ってほしいこと
  4. 猫の皮膚病とはどんなもの?皮膚や被毛をいたわる手づくりレシピ
  5. 犬と猫の手作りご飯のすすめ
PAGE TOP