ホルモン剤

更新日:
アジソン病、クッシング症候群、甲状腺機能低下症、偽妊娠などの治療薬であるホルモン剤を集めました。トリロスタン、プレドニゾロンなど一般では手に入りにくいお薬の扱いもございます。

売れ筋ランキング

  • ホルモン剤 総合
  • アジソン病治療薬
  • 甲状腺機能低下症治療薬
  • 偽妊娠の治療薬
  • クッシング症候群治療薬
  • 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)治療薬

ホルモン剤 総合 ランキング

ホルモン剤の商品一覧

  • パナフコルテロン錠(プレドニゾロン)

    パナフコルテロン錠(プレドニゾロン)

    ステロイド剤売上No.1 パナフコルテロン錠は犬猫兼用のステロイド剤です。 幅広い症状に対して働きます。 慢性副腎皮質機能低下症(アジソン病)の補充療法、免疫抑制、アレルギーや炎症の緩和などに効果があります。
    製造:アスペン

    もっと見る

    1本1,833円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フルドロコルチゾン錠(コルティネフ)

    フルドロコルチゾン錠(コルティネフ)

    フルドロコルチゾン錠(コルティネフ)は犬・猫のアジソン病の治療に用いる合成鉱質コルチコイド製剤で、フロリネフと同じ成分のお薬です。 有効成分のフルドロコルチゾン酢酸エステルによって、不足したミネラルコルチコイドを補います。
    1本1,966円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • メルカゾールジェネリック(メチマゾール)

    メルカゾールジェネリック(メチマゾール)

    メルカゾールジェネリックはメチマゾールを有効成分とした猫の甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の治療薬です。 過剰に分泌される甲状腺ホルモンの分泌量を正常化し、甲状腺機能亢進症の症状を改善します。
    製造:サンファーマ

    もっと見る

    1箱2,450円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • チロキシン

    チロキシン

    チロキシンは、犬猫兼用の甲状腺機能低下症の治療薬です。 甲状腺機能低下症を発症してしまった際に、低下した甲状腺ホルモンを補充して状態を改善させます。
    製造:Dechra

    もっと見る

    1本3,600円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • オムナコーチル

    オムナコーチル

    オムナコーチルは犬のアレルギーやアトピー、自己免疫疾患に有効なお薬です。 副腎皮質ホルモンの不足で発症するアジソン病などにも有効です。
    製造:Macleodspharma

    もっと見る

    1箱1,800円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ワイゾロン(プレドニゾロン)

    ワイゾロン(プレドニゾロン)

    ワイゾロン(プレドニゾロン)は有効成分プレドニゾロン配合の犬猫用のステロイド剤です。 有効成分のプレドニゾロンは、生体内で生成されるステロイドホルモンを人工的に合成した成分で、免疫反応を抑えることで、アトピー性皮膚炎や、アレルギー性皮膚炎などの症状を緩和します。
    製造:ファイザー

    もっと見る

    1箱1,500円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フロリネフ錠

    フロリネフ錠

    フルドロコルチゾン酢酸を有効成分とする合成鉱質コルチコイド剤です。 犬・猫の塩喪失型の先天性副腎皮質過形成症や慢性副腎皮質機能低下症(アジソン病)の治療に用いられます。
    製造:Aspen Pharma

    もっと見る

    1箱5,583円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • レボチロキシン

    レボチロキシン

    レボチロキシンは不足してしまった甲状腺保ホルモンを補い、甲状腺ホルモン低下症に伴うさまざまな症状を改善するためのホルモン剤です。 犬と猫、どちらにも使用できます。
    製造:アドビイブラヒム

    もっと見る

    1箱1,500円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • チロノーム

    チロノーム

    チロノームは、犬猫兼用の甲状腺機能低下症の治療薬です。 甲状腺機能低下症で低下してしまった甲状腺ホルモンの補充を行い、症状を改善させます。
    製造:アボット・ラボラトリーズ

    もっと見る

    1本2,550円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • チロノーム猫用経口液剤

    チロノーム猫用経口液剤

    チロノーム猫用経口液剤は猫の甲状腺機能亢進症の治療薬です。 甲状腺ホルモンの合成を抑えることでホルモンバランスを正常に保ち、甲状腺機能亢進症の症状を改善します。
    製造:ノルブルック

    もっと見る

    1本3,500円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • アドレスタンジェネリック(トリロスタン)

    アドレスタンジェネリック(トリロスタン)

    5mg 次回12月上旬入荷予定 アドレスタンジェネリックは有効成分としてトリロスタンを含有する犬用の内分泌疾患治療薬です。 副腎皮質ホルモンの生合成を触媒する酵素である3β-ヒドロキシステロイドデヒドロゲナーゼを阻害することで副腎皮質ホルモンの過剰な分泌を抑制します。 発送時期によりパッケージが異なります
    製造:デクラ

    もっと見る

    1箱5,820円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フロリコット

    フロリコット

    フロリコットは、減少したホルモンを補いアジソン病(副腎皮質機能低下症)の症状を改善する犬猫兼用のホルモン剤です。
    製造:サマースライフサイエンス

    もっと見る

    1箱7,500円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • フェリマゾール

    フェリマゾール

    フェリマゾールは、猫用の甲状腺機能亢進症の治療薬です。 ホルモンの生成を阻害し、過剰分泌したホルモンを正常に保つ効果があります。
    製造:Lindopharm GmbH

    もっと見る

    1箱5,700円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • カベルゴリン

    カベルゴリン

    カベルゴリンは犬の偽妊娠治療薬です。 偽妊娠はプロラクチンの過剰分泌により起きますが、カベルゴリンはプロラクチンの分泌を抑えて症状を改善します。
    製造:セバ・サンテ・アニマル

    もっと見る

    1本3,700円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る


犬と猫のホルモン剤

内分泌疾患とも呼ばれる、ホルモンに起因して起こる犬や猫の病気には、甲状腺機能障害や副腎皮質機能障害があります。

ホルモンは動物の体の中で常に作られていますが、なんらかの原因によって不足したり過剰になってしまうと、さまざまな症状を起こします。

もちろん、原因であるホルモンの種類や過不足などによって病名も治療薬も異なります。

ここでは、犬や猫で代表的なホルモンの病気とその治療薬についてまとめています。

アジソン病と治療薬

「副腎皮質機能低下症」とも呼ばれるアジソン病は、イギリスの医師であるアジソンが初めて記載したことからその名前が付けられています。人間、犬、猫ともに起こりうる内分泌疾患ですが、比較的珍しい病気です。

体重減少や食欲不振、疲労、下痢や嘔吐、多飲多尿など。
副腎皮質で作られているミネラルコルチコイドや、グルココルチコイドというステロイドホルモンが不足することで、これらの症状が現れます。


アジソン病の治療薬には、不足した副腎皮質のホルモンを補充する働きがあるものが用いられます。
その中でも多く用いられるものにフロリネフがります。

フロリネフは人間用の医薬品として開発されましたが、犬にも猫にも使用できる合成ステロイド剤です。
有効成分であるフルドロコルチゾン酢酸は、体内で不足しているコルチコイドを補う働きがあり、アジソン病の症状を抑えます。

フロリネフの他には、プレドニゾロンを成分として含む、パナフコルテロンなどがアジソン病の治療には使用されています。
パナフコルテロンもフロリネフ同様に合成ステロイド剤として、体内で不足しているホルモンを補いアジソン病の症状を抑えます。

クッシング症候群と治療薬

クッシング症候群は「副腎皮質機能亢進症」とも呼ばれる内分泌疾患です。
アジソン病とはちょうど反対で、副腎皮質で分泌されるステロイドホルモンが過剰になり、それによってさまざまな病態示します。

クッシング症候群の主な症状には、食欲の増加、多飲多尿、お腹の膨らみ、呼吸が荒くなる、脱毛や皮膚の黒ずみなどが見られます。

猫に発症することは非常にまれですが、犬に場合は500頭に1頭程度の割合で発症が見られます。
また、発症するのはほとんどが8歳以上の高齢の犬です。

クッシング症候群の治療薬には、アドレスタンという抗ホルモン剤が多く使用されています。
アドレスタンは有効成分のトリロスタンの働きによって、ステロイドホルモンの分泌に必要な酵素を阻害します。
これにより、過剰に分泌されていたホルモンの量を安定させ、クッシング症候群の症状を改善します。

甲状腺機能亢進症と治療薬

甲状腺機能亢進症は、「バセドウ病」という名前でも知られている内分泌疾患です。
人間では若い女性に多い病気でもありますが、犬や猫が発症することもあり、特に高齢の猫での発症が多く見られています。

甲状腺は、ちょうど喉ぼとけのあたりにある内分泌器官で甲状腺ホルモンを分泌しています。
甲状腺機能亢進症ではこの甲状腺ホルモンが過剰に分泌されてしまうことで、さまざまな症状が見られます。

落ち着きがなくなり攻撃的になる、多飲多尿、下痢や嘔吐、体重の減少などが甲状腺機能亢進症の主な症状ですが、頻脈や呼吸困難が見られる場合もあります。
これらの症状は、過剰に分泌された甲状腺ホルモンによって代謝が活発になったために起こります。

甲状腺機能亢進症の治療薬には、過剰に分泌されている甲状腺ホルモンの生成を抑える、抗甲状腺薬が用いられます。
抗甲状腺薬の代表的なものにはチアマゾール(メチマゾールとも)があり、甲状腺ホルモンの合成を阻害して甲状腺機能亢進症の症状を抑えます。

甲状腺機能低下症と治療薬

甲状腺機能低下症は、喉にある甲状腺の機能が弱まることで発症する内分泌疾患です。
高齢の犬に多く発症する病気で、その症状も老化の際に見られる症状と似ているために発見が遅れがちになります。

甲状腺機能が低下すると、甲状腺で分泌される甲状腺ホルモンが不足してしまいます。
全身の細胞に作用して代謝を上げるなどの働きを持つ甲状腺ホルモンが不足することで、活動性の低下、低体温、体重増加、脱毛などの症状が現れます。
また、甲状腺機能低下症の特徴的な症状として「悲劇的顔貌」があります。
これは水分代謝の低下によりムコ多糖類が顔に蓄積し、皮膚がぶよぶよになってしまった状態です。

甲状腺機能低下症の治療薬としては、チロキシン(またはサイロキシン)ナトリウムなどの人工的に合成されたホルモン剤が用いられます。

チロキシンナトリウムは長時間にわたって安定した血中濃度を維持し、不足した甲状腺ホルモンを補い、甲状腺機能低下症の症状を改善します。

偽妊娠と治療薬

偽妊娠は主に不妊手術を行っていないメスの犬に見られます。

発情後期には脳下垂体からプロラクチンというホルモンが分泌されますが、このプロラクチンが過剰に分泌されてしまうことで、排卵が抑えられ、乳汁が出たり、お腹が大きくなったり、神経質になるなど、実際に妊娠したかのような症状が現れます。

偽妊娠は厳密には病気ではありませんが、偽妊娠の治療薬にはプロラクチンの分泌を抑える効果を持つカベルゴリンなどが用いられます。
カベルゴリンがプロラクチンの分泌を抑制する効果は、従来の治療薬であったブロモクリプチンより強力で、少用量の投与でも有効性を示します。

プロラクチンの分泌を抑える医薬品以外にも、抗不安薬の投与によって情緒不安定な状態を改善させることもあります。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
ようこそ、ぽちたま薬局へ

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた

閲覧履歴
お荷物の配送状況

ボタンを押すと郵便局のホームページが表示されます。

荷物の追跡

RA123456789SG のようにお知らせした追跡番号を入力して下さい。

お問い合わせ番号が見つかりませんと表示される場合は、お荷物が移動中の状態です。
詳細は お荷物の追跡情報 をご確認下さい。

ぽちたまメディア
ぽちたま薬局公式LINE

LINE限定クーポンやお得なキャンペーン、セール情報を配信中!


ぽちたま薬局公式twitter

Twitter限定キャンペーンなどお得な情報がいっぱい!


ぽちたま薬局スタッフブログ

ぽちたま薬局のスタッフがペットの健康や薬の選び方について詳しく説明しています。

お知らせお知らせ一覧
上へ