モルヌピラビルカプセル200mg40錠
  • モルヌピラビルカプセル200mg40錠
  • モルヌピラビルカプセル200mg40錠
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

モルヌピラビルカプセル200mg40錠

更新日:
モルヌピラビルは、猫のFIP(猫伝染性腹膜炎)治療に使用する試みが広がりつつある、抗ウイルス薬です。
これまでのFIP治療法と比べ非常に安価なことから、FIP治療の選択肢の一つとして注目を集めています。
※猫に対する安全性は確立されていません。必ず獣医師にご相談のうえ使用ください
  • 猫のFIP(伝染性腹膜炎)

有効成分:モルヌピラビル

ご注文

モルヌピラビルカプセル200mg40錠

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
5,800(5,8001本あたり
174
カゴに入れる

成分一覧

モルヌピラビル 200mg

商品詳細

モルヌピラビルは元とは人間の新型コロナウイルスに対する治療薬として開発された抗ウィルス薬です。

その後、猫のFIPを引き起こす猫コロナウイルスにおいてもその有用性が認められ、その他FIPの治療薬と比べ非常に安価なこともあり、FIP治療の選択肢の一つとして注目されています。

しかしながら、モルヌピラビルの猫に対する安全性は確立されていません。
また、モルヌピラビルに対する耐性を持ったウィルスの出現を招くリスクもあるため、モルヌピラビルの投与は最後の選択肢とするべきとの主張もあります。

当商品は必ず獣医師の指示のものとご使用ください。

猫のFIP(猫伝染性腹膜炎)とは


FIPとは、猫コロナウイルスが体内で突然変異を起こすことで発症する、ウイルス性の感染症です。

非常に進行が早く、治療しないとほぼ100%死に至ると言われるほど、致死率が高い恐ろしい病気。

発熱や貧血、食欲不振などから始まり、あっという間に衰弱してしまうので、早期発見・早期治療が重要になります。


参考

猫伝染性腹膜炎(外部サイトへ)



FIPとモルヌピラビル


モルヌピラビルは、元は人間の新型コロナウイルス感染症の治療薬として開発されました。

FIPの原因もコロナウイルスであることから注目が集まり、モルヌピラビルをFIPの治療薬として導入する試みが広まっています。

地中海に浮かぶ猫の島キプロスでは、2023年にFIPが猛威を振るい8,000頭以上の猫が命を落としたとされ、キプロス政府は2,000箱のモルヌピラビルを動物病院に配布しました。

また、FIPを発症した猫18匹に対してモルヌピラビルを投与した結果、14匹の猫が寛解(完治)したとの結果が2023年8月に報告されました。

しかしながら、まだまだ猫のFIP治療に対する治療法と安全性は確立されていないため、モルヌピラビルによる治療にはリスクが伴います。


高額な治療費によりFIP治療を諦めていた飼い主様の選択肢の一つとして


FIPの治療費の相場は60~90万円ほどと言われていて、場合によっては100万円を超えるケースもあります。
※猫の大きさや症状の進行度によって異なります

しかし、モルヌピラビルを用いた治療は非常に安く、治療費は従来の1~2割ともいわれます。
また、モルヌピラビルは国内では94,312円と非常に高額な薬価ですが、個人輸入することで5,800円に抑えることができます。

高額な治療費の為に治療を断念していた飼い主様にとって、最後の選択肢として選ばれているようです。
※投薬は個人で判断せず、必ず獣医師へ相談の元決定して下さい。

FIPについての更に詳しい紹介と、治療費等についてはこちら


FIPについての更に詳しい紹介と、治療費等についてはこちら



投与方法・使用方法

1日1~2回、経口投与
※モルヌピラビルの猫のFIP治療に対する治療法は未だに確立されていません。獣医師さんの治療方針に従ってください。

一定の有効性が認められた実験的治療メッソドの一例を下記に紹介します。

投与方法


モルヌピラビル 10~20mg/kg(体重1kgにつき10~20mg)を1日2回経口投与(投与間隔を12時間あけて投与)
投与期間は約84日間
※投与期間が長く、結果人間よりも高用量での投与となることに注意してください。

投与量


ウェットタイプ:10mg/kgを1日2回
ドライタイプ:15mg/kgを1日2回
神経症状または眼症状のある猫:20mg/kgを1日2回

モルヌピラビルの投与方法についての記事はこちら




副作用

・猫に対する安全性は確立されていません。
・開発中の動物実験で胎児毒性が報告されています。
・必ず獣医師の判断に基づいて投与してください。


参考

添付文書 | ラゲブリオ®TOP | MSD Connect(外部サイトへ)


注意事項

・FIPの治療に関しては、未だ不明瞭な部分が多く、治療に用いるにはリスクがあります。
・投薬は個人で判断せず、必ず獣医師へ相談の元決定して下さい。
・副作用が認められた場合には直ちに使用を中止し、獣医師の診断をお受けください。

メーカー

発送国

インド
上へ