最終更新日:

フィラリア薬は駆虫薬?フィラリア薬の効果について詳しく解説

フィラリアのお薬は、予防薬ではなく、厳密には「駆除薬」です。

フィラリアの予防薬は、フィラリアが体内に存在する場合に、そのフィラリアを駆除することを目的としています。

ただし、すでに成虫へ成長しているフィラリアに対する効果はありません。

成熟する前の段階である幼虫にのみ効果を示し、その成熟を防ぐことが主な目的です。

予防薬を定期的に投薬することで、フィラリア感染による重篤な症状を未然に防ぐことができます。

>>犬用のフィラリア予防薬はコチラ

フィラリア薬は駆虫薬?

フィラリア薬は駆虫薬?

フィラリアのお薬は、投薬すれば1ヶ月に渡ってフィラリア感染を予防してくれると思われがちですが、厳密には異なります。

フィラリアの幼虫が成虫になるまでの期間は、最短で50日とされています。

成虫に成長した場合は100%の駆虫が保証されないため、投薬から50日以上経過した場合は、感染を十分に防ぐことができないのです。

フィラリアのお薬は、投薬の間隔を1ヶ月以内に保つことが重要であり、定期的な投薬をおこなうことで十分な効果を発揮します。

フィラリアの一生と駆虫薬の効果

フィラリアのライフサイクルには、幼虫期と成虫期があります。

フィラリアの幼虫は、蚊によって感染した犬の血液中に入り、そこで成長します。

幼虫期を経て成熟すると、フィラリアは成虫となり、繁殖するために体内で長期間生存するのです。

フィラリアのお薬は、既に体内に存在するフィラリアの幼虫を駆除することが目的であり、フィラリア感染そのものを防ぐお薬ではありません。

幼虫を駆除することで感染症の進行を防止し、寄生虫が成熟して重篤な症状を引き起こすことを防ぐことを目的としているのです。

フィラリア駆虫薬が毎月必要な理由

蚊を通して犬の体内に侵入したフィラリアは、幼虫から成虫へ成熟する期間を要するため、感染力を持つには一定の時間が必要です。

このため、予防薬を月に1回投薬することは、フィラリアのライフサイクルを断ち切るための重要な手段となります。

フィラリアの幼虫が成虫に成長するまでには、おおよそ6〜7ヶ月の期間が必要とされています。

この期間中、忘れることなく定期的に投薬し、幼虫の成長と発育を阻止することで、感染を予防することができるのです。

フィラリア予防薬を飲み忘れることのリスクと対処法について、詳しく知りたい方はコチラの記事を参考にどうぞ。

フィラリア駆虫薬は使用前に必ず検査を

フィラリアのお薬は、フィラリアの予防薬ではなく駆除薬です。

フィラリアは、蚊を介して犬の体内に侵入し、幼虫から成虫へ成長します。

幼虫の段階で駆除をおこなうことで、成虫への成長を妨げ、フィラリア感染による重篤な症状を防ぐことができます。

フィラリアの成長サイクルを阻止するためにも、フィラリアのお薬は与え忘れのないように、定期的な投薬が必要です。

ただし、お薬を与える際は、事前にフィラリアに感染していないか検査をおこなう必要があります。

染していた場合は、お薬に対してショック症状を起こし、死に至る危険性があります。

フィラリア検査について、詳しく知りたい方はコチラの記事を参考にどうぞ。


>>犬用のフィラリア予防薬はコチラ

フィラリア予防薬の通販

アーカイブ

  1. 猫の皮膚病とはどんなもの?皮膚や被毛をいたわる手づくりレシピ
  2. 猫のフィラリア予防薬の費用

    猫のフィラリア予防にかかる費用は?費用を抑える方法について
  3. フィラリア予防にかかる費用

    フィラリア予防にかかる費用と安くするための方法
  4. ネクスガードスペクトラ

    ネクスガードスペクトラは効かないって本当?効果や注意点を解説
  5. フィラリア予防薬5選

    2024年最新!犬用おすすめのフィラリア予防薬と選び方
PAGE TOP