フロントラインジェネリック
  • フロントラインジェネリック
  • フロントラインジェネリック
  • フロントラインジェネリック
  • フロントラインジェネリック
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

フロントラインジェネリック

更新日:
フロントラインジェネリックは、ノミやマダニの駆除薬です。
滴下式スポットタイプのお薬となっています。
1回の投与で効果は1ヶ月持続し、強力にペットを保護します。
  • ノミの駆除
  • マダニの駆除

有効成分:フィプロニル

ご注文

フロントラインジェネリック 小型犬用(10kg未満)1本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,000(1,0001箱あたり
30
カゴに入れる

フロントラインジェネリック 中型犬用(10~20kg)1本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,200(1,2001箱あたり
36
カゴに入れる

フロントラインジェネリック 大型犬用(20~40kg)1本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,000(2,0001箱あたり
60
カゴに入れる

フロントラインジェネリック 超大型犬用(40~60kg)1本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,800(2,8001箱あたり
84
カゴに入れる

成分一覧

小型犬用(10kg未満)
フィプロニル97mg/1mL 0.67mL/1本

中型犬用(10~20kg)
フィプロニル97mg/1mL 1.34mL/1本

大型犬用(20~40kg)
フィプロニル97mg/1mL 2.68mL/1本

超大型犬用(40~60kg)
フィプロニル97mg/1mL 4.02mL/1本

商品詳細

犬用のノミ・マダニ駆除薬


フロントラインジェネリックは犬のノミ・マダニ駆除薬です。
有効成分としてフィプロニルを含有しています。

優れた即効性、持続性、安全性


有効成分のフィプロニルは、投与するとペットの体表や被毛に蓄積されます。
その蓄積されたフィプロニルにノミやダニが接触すると、神経伝達物質であるGABAの働きを阻害して駆除します。

投与後ノミの成虫に対して、24時間以内に効果を発揮します。
ノミの成虫が産卵するまでに要する時間が24〜48時間ですが、成虫が産卵する前に成分が作用するため、ノミのライフサイクルを遮断し完全に駆除することが可能です。

またマダニに対しては媒介性疾患のリスクが高くなる48時間よりも早く駆除するので、マダニがもたらす病気の予防も行えます。
これらの効果は1ヶ月にわたって持続します。

それらに加え、フィプロニルは主にノミやダニなどの節足動物にのみ作用し、哺乳類には毒性を示さない安全性の高い成分です。
妊娠中や授乳中、生後10週齢からの子犬や人間に対する安全性も確認されています。

水浴びやシャンプーも可能


投与すると、フィプロニルはペットの体表上の脂分に溶けて広がります。
広がったあとは皮脂腺という皮脂を分泌する袋に蓄えられ、皮脂とともに皮膚や被毛上に放出されるのです。
これによって効果が長く持続し、水浴びやシャンプー、雨、雪などの影響をほとんど受けなくなります。

先発薬をお求めの方はコチラ



フロントラインプラス


高い安全性と確かな効果で世界中で愛用されている寄生虫駆除薬です。
ノミやマダニ対策はコレ一つでOK!

販売ページはこちら⇒ フロントラインプラスの通販ページ

投与方法・使用方法

フロントラインジェネリックは1本のピペットで1回分です。
皮脂を洗い流してしまうと成分が広がらないため、投与の前後2日間は入浴させないようにします。

STEP1
パッケージから透明なピペットを1本取り出してください。

STEP2
薬剤がこぼれないようにノズルを上に向け、ノズルの先端をねじ切ります。

STEP3
ペットの首筋(肩甲骨の間)の1ヶ所に薬液を絞り出して滴下してください。
皮膚が見えるように被毛を掻き分け、皮膚の上に直接垂らします。

STEP4
薬液を全量投与したことを確認して、自然乾燥させてください。

副作用

・溶媒にアルコール分が含まれているため、刺激で皮膚がかぶれる場合があります。
・有効成分に対する副作用はほとんど見られませんが、本剤使用後に異常が現れた際は獣医師にご相談ください。

注意事項

・必ずペットの種類と体重に合った製品をお選びください。
・12週齢未満の猫には、本剤を使用しないでください。
・犬以外の動物、特にウサギへの使用はしないでください。
・衰弱、高齢、妊娠中または授乳中のペットに投与する場合は、事前に獣医師にご相談ください。
・本剤を乾燥前にペットが舐めた場合、一過性の流涎が見られることがあります。投与部位をペットが舐めないように注意が必要です。
・投与後2日間は、水浴びやシャンプーを控えてください。
・他の薬剤との禁忌は報告されておりませんが、併用する場合は獣医師へご相談ください。

メーカー

発送国

インド
上へ