メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • メロニルプラス
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

メロニルプラス

更新日:
メロニルプラスはノミ・マダニ駆除薬フロントラインプラスのジェネリックです。
滴下式スポットタイプのお薬で、猫用から体重40kg以上の超大型犬用まで豊富にラインナップされています。
1回の投与で効果は1ヶ月持続し、ペットを寄生虫から守ります。
  • ノミの駆除
  • マダニの駆除
  • ハジラミの駆除
  • ノミ卵の孵化阻害
  • ノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防

有効成分:フィプロニル、(s)-メトプレン

ご注文

メロニルプラス メロニルプラス猫用 3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,900(1,9001箱あたり
57
カゴに入れる

メロニルプラス メロニルプラス小型犬用(10kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,200(2,2001箱あたり
66
カゴに入れる

メロニルプラス メロニルプラス中型犬用(10‐20kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,300(2,3001箱あたり
69
カゴに入れる

メロニルプラス メロニルプラス大型犬用(20‐40kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,600(2,6001箱あたり
78
カゴに入れる

メロニルプラス メロニルプラス超大型犬用(40‐60kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,900(2,9001箱あたり
87
カゴに入れる

成分一覧

猫用
フィプロニル50mg、(s)-メトプレン60mg

小型犬用(10kg未満)
フィプロニル67mg、(s)-メトプレン60.3mg

中型犬用(10~20kg)
フィプロニル134mg、(s)-メトプレン120.6mg

大型犬用(20~40kg)
フィプロニル268mg、(s)-メトプレン241.2mg

超大型犬用(40kg以上)
フィプロニル402mg、(s)-メトプレン361.8mg

商品詳細

メロニルプラスは、人気のノミ・マダニ駆除薬フロントラインプラスのジェネリック医薬品です。

ノミとマダニの駆除だけでなく、ノミの卵の孵化や幼虫の成長の阻害、ハジラミ(イヌハジラミ・ネコハジラミ)の駆除にも効果を発揮します。

薬剤を背中や首筋に垂らすだけのスポットタイプなので投与に手間がかかりません。

●2つの有効成分配合

本剤にはフィプロニルと(s)-メトプレンという2つの有効成分が含まれています。
フィプロニルの優れた駆除効果でノミは24時間以内、マダニやハジラミは48時間以内に一掃します。
そのため、ノミの産卵やマダニによる危険な病原体の感染を防ぐことが可能です。

さらに(s)-メトプレンのノミの卵の孵化や成長を阻害する作用によって、成長することなく駆除します。
こうしてノミのライフサイクルを根絶します。

またハジラミの場合、瓜実条虫(サナダムシ)の中間宿主となり飼い主さんに感染し、瓜実条虫症を引き起こす恐れがあります。
メロニルプラスを使用すれば、ペットから飼い主さんへの感染をも防ぐことができます。

フロントラインプラスと成分や効能はそのままに、お得な値段でご購入いただけます。

●シャンプーをしても効果持続
メロニルプラスに含有されている有効成分は、ペットの体表にある皮脂腺に蓄えられますので、水浴びやシャンプーをしても効果が落ちる心配はありません。
成分を洗い流しても皮脂腺からまた分泌され、1ヶ月にわたって効果を持続しペットの体を保護します。

●日本語表記で安心
メロニルプラスは輸入品ではめずらしく、パッケージや説明書が日本語で書いてあります。
外国語の説明書などが不安な方にも、メロニルプラスは安心してご使用いただけます。

投与方法・使用方法

定期的に投与を行うことで、寄生虫からペットを守ります。
メロニルプラスは、1本のピペットで1回分です。

STEP1
ブリスターからピペットを1本取り出し、ノズルの先端を開封します。

STEP2
ペットが動かないように固定して犬は肩甲骨の間、猫は首筋の皮膚が見えるように被毛を掻き分けて押さえます。

STEP3
被毛を掻き分けたら皮膚にピペットの先端を当て、1ヶ所に薬液を全量絞り出して滴下してください。
※大型犬以上の場合、薬液の量が多いので背中に添って2~3ヶ所に滴下するとよいです。

STEP4
薬液の全量をしたことを確認し、自然乾燥させます。
本剤投与後は犬は24時間、猫は48時間は水浴びやシャンプーを控えてください。

副作用

・溶媒にアルコール分が含まれているため、刺激で皮膚がかぶれる場合があります。
・有効成分に対する副作用はほとんど見られませんが、本剤投与後に異常が現れた場合は獣医師にご相談ください。

注意事項

・必ずペットの種類と体重に合った製品をお選びください。
・8週齢未満の子猫や子犬には、本剤を使用しないでください。
・犬や猫以外の動物、特にウサギには使用しないでください。
・衰弱、高齢、妊娠中または授乳中のペットに投与する場合は、慎重に行ってください。
・本剤を乾燥前にペットが舐めた場合、一過性の流涎が見られることがあります。ペットが投与部位を舐めないように注意してください。
・使用後は犬は1日間、猫は2日間は水浴びやシャンプーを控えてください。
・他の薬剤との禁忌は報告されておりませんが、併用する際には獣医師へご相談ください。

メーカー

上へ