ストロングホールド【猫用】
  • ストロングホールド【猫用】
  • ストロングホールド【猫用】
  • ストロングホールド【猫用】
  • ストロングホールド【猫用】
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ストロングホールド【猫用】

更新日:
猫用(2.5~7.5kg未満) 次回入荷時期未定
ストロングホールドは、フィラリア予防、ノミ・ダニ駆除と予防、回虫駆除が1本で行えるスポットタイプのお薬です。

お薬が苦手な子でも安心の皮膚に垂らすだけのスポットタイプです。

【お知らせ】
子猫用(2.5kg未満)は子犬にもご利用頂けます。

犬用の商品はコチラ⇒ストロングホールド【犬用】
  • ノミ成虫の駆除
  • ノミ寄生予防
  • ミミヒゼンダニ(耳ダニ)の駆除
  • 猫回虫の駆除(猫のみ)

有効成分:セラメクチン

ご注文

ストロングホールド【猫用】 子猫用(2.5kg未満)3本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
4,200(4,2001箱あたり
126
カゴに入れる

ストロングホールド【猫用】 子猫用(2.5kg未満)15本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
12,000(12,0001箱あたり
360
カゴに入れる

ストロングホールド【猫用】 猫用(2.5~7.5kg未満)6本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
6,100(6,1001箱あたり
183
売切れ
2箱
11,500(5,7501箱あたり
345
売切れ

ストロングホールド【猫用】 大型猫用(7.5~10kg未満)3本

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
5,100(5,1001箱あたり
153
売切れ
2箱
9,500(4,7501箱あたり
285
売切れ
3箱
13,400(4,4661箱あたり
402
売切れ

成分一覧

子猫用(2.5kg未満)
セラメクチン15mg/1本0.25mL中

猫用(2.5~7.5kg未満)
セラメクチン45mg/1本0.75mL中

商品詳細

ストロングホールドは、スポットタイプのフィラリア予防薬です。

日本でも取り扱いのあるレボリューションのヨーロッパ版で、商品名だけが異なります。
中身の成分、使用方法、メーカーは全て同じになります。

子猫用~大型猫用まで取り扱いがあり、体重に合った製品をお選び頂けます。


便利なオールイワンタイプ


猫にも寄生することもあるフィラリア予防、ノミ・ダニ駆除と予防、回虫駆除を1本で行うことができます。

有効成分であるセラメクチンは、寄生虫への駆除効果が高いですが、哺乳類に対しては安全性が高いです。
妊娠中や授乳中の愛猫にも安心してご使用いただけます。
※マダニへの殺効果はありません。


すぐにシャンプー可能な速乾性


塗布してから2時間後には、シャンプーも可能です。
投与後速やかに成分が吸収されるため、乾燥後はいつも通りスキンシップを取ることができます。


効果は1ヵ月持続で手間が少ない



効果は1ヶ月持続するため、投与も月1回で済みます。
皮膚に垂らすだけで、1ヶ月間寄生虫から愛猫を守ります。


スポットタイプで投与も簡単!


お薬が苦手な猫にもピッタリのスポットタイプです。
皮膚に垂らすだけなので、簡単に投与可能です。





合わせて犬を飼っている方へ


ぽちたま薬局では犬用のフィラリア予防薬も取り扱っております。

投与方法・使用方法

・投与前には必ずフィラリアの血液検査を行い、ミクロフィラリアがいないことを確認してください。
・投与頻度が月1回を超えないよう注意してください。


STEP1
チューブを上向きに持ち、カチッと音がしてチューブ先端に穴が開くまでキャップをしっかり押し込みます。
キャップを取り外して、穴が開いていることを確認してください。

STEP2
肩甲骨前方の背面部に薬剤を滴下します。
皮膚が見えるまで被毛を掻き分け、皮膚の上にチューブの先端を当てて直接垂らすようにしてください。


STEP3
チューブが空になるまで、そのまま1ヶ所で全てしぼります。
最後のひとしぼりで薬液を吸い込まないように、チューブを押しつぶしたままにしておきます。
この際に薬液が手につかないように注意してください。


STEP4
チューブを押しつぶしたまま皮膚から離します。
中身が空になっていることを確認してください。

※投与後、まれに固まった被毛や毛玉などが見られることがありますが、一時的なもので効果や製品の安全性に影響はありません。

副作用

・アルコール分が含まれているため、傷口にしみる場合があります。
・薬剤が口に入った場合、嘔吐あるいは流涎が見られることがあります。猫が舐めないように注意してください。
・投与部位に炎症、一過性の脱毛が現れることがあります。
・ごくわずかですが嘔吐、下痢、食欲不振、唾液、筋肉の震え、不活発、痒み、じん麻疹の報告があります。

注意事項

・必ず体重に合った製品をお選びください。
・体重が当てはまらない場合には、主成分セラメクチン6mg/1kgを基準に分量を調節してください。
・生後6週齢未満の子猫には使用しないでください。
・投与を開始する前はフィラリアの検査が必要です。
・他の薬と併用する場合は必ず獣医師にご相談ください。
・投与頻度が月1回を超えないように注意してください。

メーカー

発送国

香港
上へ