フロントラインスポットオン
  • フロントラインスポットオン
  • フロントラインスポットオン
  • フロントラインスポットオン
  • フロントラインスポットオン
  • フロントラインスポットオン
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

フロントラインスポットオン

更新日:
フロントラインスポットオンは、ノミやマダニの駆除薬です。1回の投与で効果が1ヶ月持続し、ペットを寄生虫から守ります。
※この商品は在庫がなくなり次第、販売終了となります。
代替品として、より進化したフロントラインプラスをご利用ください。
  • ノミの駆除
  • マダニの駆除

有効成分:フィプロニル

ご注文

フロントラインスポットオン 猫用 3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,600(3,6001箱あたり
108
売切れ
2箱
6,800(3,4001箱あたり
204
売切れ
3箱
10,000(3,3331箱あたり
300
売切れ

フロントラインスポットオン 小型犬用(10kg未満)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,800(3,8001箱あたり
114
売切れ
2箱
7,200(3,6001箱あたり
216
売切れ
3箱
10,200(3,4001箱あたり
306
売切れ

フロントラインスポットオン 中型犬用(10~20kg)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
4,140(4,1401箱あたり
124
売切れ
2箱
7,800(3,9001箱あたり
234
売切れ
3箱
11,550(3,8501箱あたり
346
売切れ

フロントラインスポットオン 大型犬用(20~40kg)3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
4,450(4,4501箱あたり
133
カゴに入れる
2箱
8,430(4,2151箱あたり
252
カゴに入れる
3箱
12,340(4,1131箱あたり
370
カゴに入れる

成分一覧

フロントラインスポットオン猫用
フィプロニル50mg

フロントラインスポットオン小型犬用(10㎏未満)
フィプロニル100mg/1mL

フロントラインスポットオン中型犬用(10~20㎏)
フィプロニル100mg/1mL

フロントラインスポットオン大型犬用(20~40㎏)
フィプロニル100mg/1mL

商品詳細

●113ヶ国以上で愛用されているノミ・マダニ駆除薬
フロントラインスポットオンは、滴下式スポットタイプのノミやマダニ駆除薬です。
駆除だけではなく、ノミの産卵による繁殖やマダニが持っている病原体からの感染を防ぐといった働きもあります。

フロントラインスポットオンにはフィプロニルという、ノミやダニに効果的な成分が含まれています。
ノミが産卵をするのは寄生してから24~28時間後、マダニ吸血後に病原体媒介のリスクが高まるのが48時間以降だと言われます。
フロントラインスポットオンを投与すると、フィプロニルがすばやく全身の皮脂の層に浸透し、ノミを24時間以内、マダニを48時間以内に駆除します。

ほとんどのノミの成虫を産卵前に駆除できるため、ノミのライフサイクルの遮断が可能です。
産卵をさせない即効性は大きなメリットとなります。
また吸血48時間以降に病原体媒介の危険性が高まるマダニですが、本剤を投与することで48時間以内に駆除が完了するため、マダニ媒介性疾患の危険性を低減させることが可能です。

これらの効果は1ヶ月にわたって持続するので、ノミやダニの再寄生や繁殖の予防にもつながります。

●水浴びやシャンプーもOK
フロントラインスポットオンは投与すると、フィプロニルがペットの体表上の脂分に溶けて広がっていきます。
そして皮脂を分泌する皮脂腺という袋に蓄えられ、そこから皮脂とともに皮膚や被毛上に放出されます。
これによって長期間の持続時間が得られ、水浴び、シャンプー、雨、雪などの影響をほとんど受けません。

●ペットと人間に対する安全性が確立されています
有効成分のフィプロニルは、ノミやマダニなど節足動物の中枢神経にのみ強く作用する成分です。
犬や猫、また人間に対しては様々な投与試験から安全性の高さが確認されています。
また多くの獣医師さんやペットオーナーさんからも安全面で高い評価を得ております。

投与方法・使用方法

●猫の場合
フロントラインスポットオン猫用は1本のピペットで1回分です。
皮脂を洗い流してしまうと成分が広がらないので、投与の前後2日間は入浴させないようにしてください。

STEP1
パッケージを開け、透明なピペットを1本取り出します。

STEP2
薬剤がこぼれないようにノズルを上に向け、先端をねじ切ります。

STEP3
ペットの首筋(肩甲骨の間)の1ヶ所に薬液を絞り出して滴下してください。
被毛を掻き分けて皮膚が見えるようにして、皮膚の上に直接垂らします。

STEP4
薬液を全量投与したことを確認して、自然乾燥させてください。

●犬の場合
定期的に投与を行うことで、ノミの繁殖やマダニからの感染症を予防します。
次回の投与は寄生虫を防御する期間を考慮して行ってください。

STEP1
1本のピペットで1回分となります。
裏面のシートを剥がして、ピペットを1本取り出してください。

STEP2
ノズル上部の切れ込みを折って開封します。
緑または青い面を手前に向けて折ると飛び散る場合があります。
白い面を向けて折ってください。

STEP3
ペットの首筋(肩甲骨の間)の1ヶ所に薬液を絞り出して滴下してください。
皮膚が見えるように被毛を掻き分け、直接皮膚の上に垂らします。

STEP4
薬液を全量投与したことを確認して、自然乾燥させます。
本剤投与後24時間は、水浴びやシャンプーを控えてください。

副作用

・溶媒にアルコール分が含まれているため、刺激で皮膚がかぶれる場合があります。
・有効成分に対する副作用はほとんどありませんが、本剤使用後に異変が見られた場合には獣医師にご相談ください。

注意事項

・必ずペットの種類と体重に合った製品をお選びください。
・12週齢未満の猫には本剤を投与しないでください。
・犬や猫以外の動物、特にウサギには使用しないでください。
・衰弱、高齢、妊娠中、授乳中のペットに投与する際には、慎重に行ってください。
・本剤を乾燥前にペットが舐めた場合、一過性の流涎が見られることがあります。投与部位を舐めないように注意してください。
・使用後2日間は水浴びやシャンプーを行わないでください。
・他の薬剤との禁忌は報告されておりませんが、併用する場合は獣医師へご相談ください。

メーカー

上へ