フィプリストコンボ
  • フィプリストコンボ
  • フィプリストコンボ
  • フィプリストコンボ
  • フィプリストコンボ
  • フィプリストコンボ
  • フィプリストコンボ
  • フィプリストコンボ
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

フィプリストコンボ

更新日:
フィプリストコンボは、フロントラインプラスと同じ有効成分のノミ・ダニ駆除薬です。
ノミの成虫をほぼ24時間以内で駆除、マダニ・シラミ・ハラジラミに対しては48時間以内で駆除します。
  • 犬猫
  • ノミの駆除
  • マダニの駆除
  • ハジラミの駆除
  • ノミ卵の孵化阻害
  • ノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防

有効成分:フィプロニル、S-メトプレン

ご注文

フィプリストコンボ 猫用 3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,600(3,6001箱あたり
108
カゴに入れる
2箱
6,800(3,4001箱あたり
204
カゴに入れる
3箱
9,700(3,2331箱あたり
291
カゴに入れる

フィプリストコンボ 小型犬用(2~10kg) 3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,800(3,8001箱あたり
114
カゴに入れる
2箱
7,200(3,6001箱あたり
216
カゴに入れる

フィプリストコンボ 中型犬用(10~20kg) 3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,600(3,6001箱あたり
108
カゴに入れる
2箱
6,800(3,4001箱あたり
204
カゴに入れる

フィプリストコンボ 大型犬用(20~40kg) 3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
4,200(4,2001箱あたり
126
カゴに入れる
2箱
7,900(3,9501箱あたり
237
カゴに入れる

フィプリストコンボ 超大型犬用(40kg以上) 3本入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
4,300(4,3001箱あたり
129
カゴに入れる
2箱
8,100(4,0501箱あたり
243
カゴに入れる

成分一覧

猫用
フィプロニル 50mg、(S)-メトプレン 60mg

小型犬用(10kg未満)
フィプロニル67mg、(s)-メトプレン60.3mg

中型犬用(10~20kg)
フィプロニル134mg、(s)-メトプレン120.6mg

大型犬用(20~40kg)
フィプロニル268mg、(s)-メトプレン241.2mg

超大型犬用(40kg以上)
フィプロニル402mg、(s)-メトプレン361.8mg

商品詳細

犬猫用のノミ・マダニ駆除薬


フィプリストコンボは、フロントラインプラスと同じ有効成分のノミ・ダニ駆除薬です。
ノミの成虫をほぼ24時間以内で駆除、マダニ・シラミ・ハラジラミに対しては48時間以内で駆除します。
駆除・防除効果の持続期間は1ヶ月間です。

2つの有効成分


フィプリストコンボはフロントラインプラスと同じフィプロニルと(s)-メトプレンを有効成分に含んでいます。

フィプロニル


24時間以内に愛犬・愛猫の全身(皮膚表面の皮脂層)に広がります。
その際、愛犬・愛猫に寄生しているノミが被毛や全身に皮膚に広がったフィプロニルに接触することで寄生虫を駆除します。

(S)-メトプレン


主に寄生虫の体内に効果を発揮します。
ノミの体内に浸透することで、卵のふ化を阻止することで成長を止めます。
卵は成長となることは無いため、愛犬への再寄生を予防します。

スポットタイプで簡単投与


フィプリストコンボはスポットタイプの薬です。
1回のみの使い切りタイプであるため、飼い主さんの手間にならずに簡単に投与できます。

※先発薬フロントラインプラスの取り扱いもございます。
販売ページはこちら⇒  フロントラインプラス

投与方法・使用方法

・駆除・予防が必要な期間、毎月1回定期的に投与を行うことで、寄生虫からペットを守ります。
・フィプリストコンボは1本のピペットで1回分です。
・必ず体重にあったフィプリストコンボをお選びください。
・ペットの首筋(肩甲骨の間)に薬剤を絞り出して滴下します。皮膚が見えるように被毛を掻き分け、皮膚の上に直接垂らしてください。
・自然乾燥させ、投与後2日間は水浴び、シャワーなどは避けてください。

副作用

・溶媒にアルコール分が含まれているため、刺激で皮膚がかぶれる場合があります。
・有効成分に対する副作用はほとんど見られませんが、本剤使用後に異変が現れた際には獣医師へご相談ください。

注意事項

・必ずペットの種類と体重に合った製品をお選びください。
・犬や猫以外の動物、特にウサギには使用しないでください。
・衰弱、高齢、妊娠中または授乳中のペットに投与する場合は、慎重に行ってください。
・本剤を乾燥前にペットが舐めた場合、一過性の流涎が見られることがあります。ペットが投与部位を舐めないように注意してください。
・本剤投与後、完全に乾くまで(通常4時間程度)は投与部位に直接触れないでください。また、投与したことを知らない人も触れないように注意してください。特に、小児がいる多頭飼いの家庭で複数の動物に同時に本剤を投与する場合は、投与した動物と小児との接触を避けてください。
・安全性試験は4週間以内の投与間隔で実施していないことから、本剤の最短投与期間は4週間としてください。
・使用後、2日間は、シャンプーや水浴びなどを控えることが望ましいです。
・他の薬剤との禁忌は報告されておりませんが、併用する際には獣医師へご相談ください。

メーカー

発送国

香港
上へ