公開日:

最終更新日: 2023.02.3

猫にも届けたい乳酸菌のチカラ!ヨーグルトのススメ

ヨーグルト、お腹に良い食品のイメージがありますね。
人間が食べると、乳酸菌の力でガンコなお通じも改善してくれます。
特に愛猫が便秘症だと、与えたくなっている飼い主さんも多いかもしれません。

では、猫にヨーグルトは与えてもよいものなのでしょうか?

届け!生きた乳酸菌!便秘の猫ちゃんにはヨーグルト

届け!!生きた乳酸菌!!便秘の猫ちゃんにヨーグルトのすすめ

結論から申し上げると、猫ちゃんにヨーグルトを与えても大丈夫です

人間がヨーグルトを摂取したとき、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が、善玉菌を増やして腸内環境を整える働きをしますが、猫にも同じ効果を期待することができます。そのため、腸内環境が整うことで免疫力アップも期待できます

また、乳酸菌の中には、虫歯菌や歯周病菌の減少に効果があるとされている菌もあります。
うまくいけば、腸内環境の改善と、口内環境の改善の、同時対策が可能です。

ヨーグルトを日頃の食事に取り入れることができれば、愛猫の健康に一役かってくれることでしょう。

乳糖不耐症の猫ちゃんは注意が必要

ヨーグルトはチーズと同じように生乳を発酵して作られますが、ヨーグルトには乳糖が含まれています。
人間でも、牛乳を飲んだ時におなかがゴロゴロする人がいるように、猫も同じような体質を持つ子がいます。
乳製品を摂ると嘔吐や下痢をしてしまう場合は、乳糖不耐症である可能性が高いです。

同じ乳製品であるチーズの場合、製造の過程で乳糖がほぼ失われるのですが、ヨーグルトには残ります。
そのため、牛乳を飲んで嘔吐や下痢を起こしたことのある猫ちゃんには与えない方がいいでしょう。

乳糖不耐症とは

乳糖不耐症とは、乳製品に含まれる乳糖を体の中で分解する乳糖分解酵素(ラクターゼ)の活性が低いため、乳糖を消化吸収できず、体に支障をきたす疾患のことです。
猫はこの疾患を持つ個体が多く、人間用の牛乳などを飲むと胃腸が不調になり、嘔吐や下痢を引き起こすことが多くなります。

アレルギーを持つ猫にも注意が必要

乳製品にアレルギーを持つ猫もいますので、愛猫にアレルギーがあるかどうかを日頃から観察しておきましょう。

食品に対してアレルギーを発症することを「食物アレルギー」といいますが、これは「食べたことのないもの」に対しては起こりません。これまでと同じように食べていたとしても、突然発症することがあるのです。

食物アレルギーがあるかどうかわからない場合は、日頃から愛猫の様子をよく観察しておいて、何らかの症状が出た場合は速やかに獣医師に相談することをおすすめします。

食物アレルギーとは

食べものを食べると、きちんと消化された場合はアレルギー反応を起こす力が無くなった状態で体内に吸収されます。

しかし、きちんと消化されずにアレルギー反応を起こす力を残したまま吸収されると、これが抗原となって体内に抗体が作られます。
このようなことが続くと、体内の抗体が食品を有害であるとみなし、体内に入らないように阻止しようと働きます

これが食物アレルギーです。
それまで食べても大丈夫だったものが原因であるとき突然発症する疾患です。

とくに乳製品の場合は、乳に含まれるたんぱく質(カゼインやラクトグロブリン)が原因で乳アレルギーとなることが多いです。
猫の食物アレルギーの症状はさまざまですが、皮膚にかぶれや発疹、脱毛や膿皮症が現れる場合、下痢や嘔吐などの消化器の症状、発熱や倦怠感などです。

猫にもプロバイオティクスのチカラ!ヨーグルトの効果を最大限に活用しよう!

猫にもプロバイオティクスのチカラ!ヨーグルトの効果を最大限に活用しよう!

プロバイオティクスとは、「宿主(摂取した者)に対して有益に働く生きた細菌によって構成される添加物」という定義があり、ヨーグルトの場合は、乳酸菌やビフィズス菌がこれに当たります。

ヨーグルトを与えることで、猫にもプロバイオティクスの効果が期待できます。ぜひ、少量から始めてみましょう。

プロコリンプラス犬猫用
ところで、私たちぽちたま薬局では愛猫の腸内環境を整えるサプリメントを各種取り扱っています。
プロコリンプラス犬猫用は、ビーフレバー味のペーストタイプですが、ヨーグルトと同じような乳酸菌によるプロバイオティクスの効果を得ることができるサプリメントです。

ヨーグルトを食べない猫ちゃんにぜひどうぞ。

【ぽちたま薬局】プロコリンプラス犬猫用のページへ

ヨーグルトをあげる時の注意点は?

・猫用のヨーグルトを選ぶ。
 又は、人間用のヨーグルトの場合は低脂肪や無脂肪で味のついていないものを選ぶ。
・肥満や歯周病の原因となることがあるので、与えすぎない。
・与える量は1回につき、小さじ2杯まで。
・与えた後は猫の様子や便をよく観察すること。

ヨーグルトはヒトにとっても猫にとっても、良い作用をもたらす食品です。
前述した事柄に注意して、愛猫の健康のために、ぜひはじめてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 猫にチーズを食べさせよう!その効果と与える時の注意点

    人が何かを食べていると、飼い猫が近寄ってくることは多いと思います。…

  2. 犬や猫に最適!ヤギミルクのヒミツと与え方を紹介

    ヤギミルク。日本ではあまりなじみのない食材ですが、猫や犬がお腹…

  3. 【徹底比較】レボリューションとレボリューションプラスの違い

    犬猫のノミ・ダニ駆除薬として知られるレボリューション。そのレボリュ…

  4. 猫の腎臓病と予防について

    腎臓病(腎不全)は、猫の死因2位にランクインするほど発症の多い病気です…

  5. 猫もフィラリア症になるって知ってた?猫のフィラリアとは

    犬がフィラリア症になる話はよく聞きますよね。フィラリア症って猫…

  6. バナナで愛猫もしあわせになる!?バナナ食のメリットや注意点を紹介

    人間にとって身近な果物であるバナナですが、猫にバナナを食べさせてい…

フィラリア予防薬の通販

ピックアップ記事

  1. コロナ予防!?SNSに溢れるイベルメクチンの飲み方を試す前に!

最近の記事

  1. 猫が食べてはいけない食べ物と食べさせたい食べ物
  2. 犬が食べてはいけない食べ物と食べさせたい食べ物
  3. 犬の膿皮症に効く薬用シャンプーの選び方とおすすめ3選
  4. 犬にぶどうはNG!中毒による症状や食べてしまった時の対処法
  5. ペットマイクロチップの義務化について
  6. 猫の腎臓病と予防について
  7. 猫の糖尿病について

アーカイブ

  1. とうもろこしは夏に美味しい野菜!犬は食べても大丈夫?
  2. 猫のフケは皮膚病のサインかも?皮膚や被毛をいたわる手づくりレシピ
  3. 犬と猫の手作りご飯のすすめ
  4. 犬にチョコレートは危険というのは嘘?本当?
  5. コロナ予防!?SNSに溢れるイベルメクチンの飲み方を試す前に!

    豆知識

    コロナ予防!?SNSに溢れるイベルメクチンの飲み方を試す前に!
PAGE TOP