猫のごはん

公開日:

最終更新日: 2021.01.13

猫もびっくりきゅうりの効果!猫にきゅうりあげてもいいの?

少し前にネット上ではきゅうりを見てびっくりする猫の動画が流行りましたが(古い?)、果たして猫にきゅうりをあげても大丈夫なんでしょうか?
ぽちたまライターが猫ときゅうりについて頑張って調べてみました。

猫にきゅうりは与えてもOK!含まれている成分は?

猫にきゅうりは結論から言うと、与えても「大丈夫」です。

きゅうりはASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)の「猫に安全な植物リスト」にも掲載されており、猫に有害な成分も含まれていません。

きゅうりは「世界一栄養素の低い野菜」と言われていますが、栄養素が全然ないわけではありません。
含有量は決して多いとは言えませんが、様々な栄養素を含んでいるのです。

カリウム

塩分を排出する働きにより、血圧を維持します。
利尿作用で体内の水分量の調整を行うため、代謝が良くなります。

βカロテン

被毛の健康サポートや、視力維持に役立つ栄養素として知られています。
また呼吸器系統を正常にする作用も持ち合わせています。

ビタミンK

血液と骨を健康な状態に維持するために、欠かせない栄養素です。
ビタミンKが欠如すると血が止まりにくくなったり、骨が弱くなったりするため、重要な役割を担っていると言えます。

きゅうりは世界中で栽培されていてお手軽に手にとることができるので、ポピュラーな野菜として人気です。

猫にきゅうりを与えるメリットは?

猫にきゅうりを与えるメリットは?

猫にきゅうりを与えると、ちょっぴりメリットもあります。

水分補給に最適

きゅうりは水分を豊富に含んだ野菜です。
基本的に野菜や果物は水分量が多いですが、きゅうりは特に多く全体の約95%が水分でできています。

猫はもともとあまり水分を取らない習性のある動物ですので、慢性的に水分不足に陥る猫も少なくありません。
きゅうりを噛むだけで水分を摂取できるので、おやつとして与えることで水分補給になります。

低カロリーで肥満になりにくい

またきゅうりの特徴として「低カロリー」な点もポイントが高いです。

市販の猫用おやつだと、どうしてもカロリーが気になってしまうところなので、低カロリーのきゅうりは肥満気味の猫のおやつとしても安心して与えることができます。

きゅうりをあげる時の注意点について

きゅうりをあげる時の注意点について

きゅうりは有害な成分もなく、食べることによるメリットもある食品ですが、以下のような注意点が挙げられます。

アレルギー

きゅうりはスイカやメロンと同じ、ウリ科の食材です。
ウリ科のアレルギーを持っていると下痢や嘔吐、皮膚のかゆみ、元気消失、目の充血などの症状が現れる場合があります。
初めて与える場合は、必ず少量を食べさせてから様子を観察し、問題が起こらないか確認するようにしてください。

皮をむいてスライス

きゅうりを与える際は、皮をむいてからにしましょう。
きゅうりの皮は表面がゴツゴツしていて、雑菌が溜まりやすい構造になっています。

そのため、皮つきよりも皮をむいて与えたほうが安心です。
また消化器官の負担を軽くするために、薄くスライスしてあげるとさらに良いです。

腎臓病の猫には与えない

きゅうりにはカリウムが含まれています。
カリウムは腎臓機能が低下してしまっている猫が過剰に摂取すると、腎臓内でのカリウム排出が追いつかず、体に負担をかけることになります。

腎臓が悪い猫には、きゅうりを食べさせないようにするのが賢明です。

与え過ぎはダメ

きゅうりはおやつとして与えるのはおすすめですが、与えすぎてはいけません。

水分が90%以上あり、体を冷やす作用があるので、過剰に食べると下痢や嘔吐を起こす可能性があります。
目安として、体重4kgの猫の場合は15g程度が適量とされています。

人間用の味付けがされたものは禁物

塩やドレッシングをかけて味付けしたきゅうりは、猫に与えないようにしてください。
浅漬けなんてもってのほかです。

塩分の摂りすぎや、猫が口にしてはいけない成分を口にしてしまう可能性が考えられるからです。

きゅうりを与える際は必ず「何も加工されていない生のきゅうり」を与えるようにしましょう。

猫にきゅうりまとめ

猫ときゅうりについて書きました。
猫にきゅうりをあげることで健康の増進に大きく役立つとか何かが変わるわけでもなさそうですが、きゅうりを好む猫ちゃんには水分補給を兼ねた嗜好品として与えるのがいいかもしれません。
今後、きゅうりは猫ちゃんに対するイタズラのためではなく、健康のサポート役として活用させようと思います。

愛猫のためのお薬ならこちらへ

ペットのお薬通販のぽちたま薬局です

関連記事

  1. 猫のごはん

    猫のフケは皮膚病のサインかも?皮膚や被毛をいたわる手づくりレシピ

    部屋から出る機会の少ない猫ちゃんは、犬に比べて比較的皮膚炎などには悩ま…

  2. 猫のごはん

    猫にチョコレートは危険?あげちゃダメな理由と日々の心がけ

    2月22日は日本限定ですが猫の日ですね。そういえば14日にバレ…

  3. 猫のごはん

    玉ねぎだけじゃない!猫に食べさせてはいけないNG食材

    前回の「ぜひ食べさせたい!猫の手作りご飯におすすめの食材」では猫に…

  4. 猫が食べてはいけない食べ物と食べさせたい食べ物

    「愛猫がうっかり食べ物を口にしてしまった…!」そんな時、…

  5. 猫のごはん

    猫にイカを食べさせるのは危険?

    猫がイカを食べると腰を抜かす!!伝承の真意を探ってみた「猫…

  6. 猫のごはん

    猫に牛乳はもう古い?与えない方がよい理由と与える時の注意点

    「猫は牛乳が好き」というイメージ、ないですか?主にカルシウム摂…

フィラリア予防薬の通販

ピックアップ記事

  1. コロナ予防!?SNSに溢れるイベルメクチンの飲み方を試す前に!
  2. イベルメクチンの副作用と注意点

最近の記事

  1. 猫が食べてはいけない食べ物と食べさせたい食べ物
  2. 犬が食べてはいけない食べ物と食べさせたい食べ物
  3. 犬の膿皮症に効く薬用シャンプーの選び方とおすすめ3選
  4. 犬にぶどうはNG!中毒による症状や食べてしまった時の対処法
  5. ペットマイクロチップの義務化について
  6. 猫の腎臓病と予防について
  7. 猫の糖尿病について

アーカイブ

  1. 犬のごはん

    とうもろこしは夏に美味しい野菜!犬は食べても大丈夫?
  2. 豆知識

    市販のペットフードから手作りご飯に切り替える4ステップ
  3. 猫のごはん

    とうもろこしを猫が食べるのはどうなの?与え方も解説します
  4. 犬のごはん

    犬にチョコレートは危険というのは嘘?本当?
  5. 猫のごはん

    猫のフケは皮膚病のサインかも?皮膚や被毛をいたわる手づくりレシピ
PAGE TOP