目薬をさす女性

最終更新日:

猫に人間用の目薬を使っちゃいけないの?使用できるケースと注意点を紹介

飼い主の独断で、猫に人間用目薬を使用することは、大変危険です。
たしかに一部、猫にも使える人間用目薬が存在していて、動物病院で処方されることもあります。

しかし、人間用のお薬のなかには、猫にとって危険な成分を含むものもあるのです。

目薬が必要な場合には、必ず獣医師に相談してお薬の使用を検討しなければなりません。
この記事では、飼い主の判断で人間用目薬を使ってはいけない理由などを、説明していきます。

人間用の目薬を使用できるケース

人間用の目薬を使用できるケース

人間用の目薬は、獣医師が認めたケースのみ、猫への使用が可能です。
猫用目薬を人間用と比べてみると、有効成分が同じものもあります。

しかし、含まれる「成分量」「その他成分」は、目薬によって異なります。
その違いが、猫にどのような影響があるのか、素人にはわかりません。

そのため、飼い主の独断による人間用目薬の使用は危険とされているのです。
獣医師が処方した場合を除いて、人間用のお薬は使わないようにしましょう。

自己判断で人間用の目薬を使ってはいけない理由

自己判断で人間用の目薬を使ってはいけない理由

ここからは、以下の「自己判断で人間用の目薬を使ってはいけない」といわれる理由を、詳しく説明します。

  • 猫にとって有害な成分が入っている
  • 適切な成分量や使用回数が異なる

猫にとって有害な成分が入っている

人間用の目薬には、猫にとって有害な成分が含まれている可能性があります。
以下の例は、猫に有害とされる成分です。

  • メントール
  • ベンジルアルコール

メントールは、ミントから抽出されるスーッとした清涼感がある成分です。
ベンジルアルコールは、品質を維持するために防腐剤として使用される添加物になります。

これらの成分は、人間用の目薬に使用されていることが多くあります。
猫には、中毒症状をひきおこす可能性がある成分なので大変危険です。

参考
猫にミントやキシリトールをあげないで! | はごろも動物病院(外部リンク)

適切な成分量や使用回数が異なる

猫と人間とでは、同じ有効成分であっても、適切な使用量が異なります。
体の働きが違うため、体重を比較して使用量を計算したからと、人間用のお薬は使えません。

猫は人間に比べて、お薬に対しての代謝能力が低いとされています。
動物病院でも、人間用の目薬を処方するケースがありますが、それは獣医師の指示があった場合のみです。
適切な使用回数や量などは、獣医師でなければわかりません。

ウェットティッシュなども要注意

ウェットティッシュなども要注意

猫の固まった目やにを取る場合に、ウェットティッシュを使うこともあるでしょう。
しかし、人間用ウェットティッシュには、アルコールが含まれることがあるため要注意です。

猫の粘膜にアルコールが触れてしまうと、刺激や痛みを感じる場合があります。

さらに、猫はアルコールの分解ができないため、グルーミングして舐めてしまうと危険です。
お手入れの際は、ペット用のウェットティッシュや、湿らせたカット綿を使用しましょう。

犬用の目薬も自己判断で使用しない

犬用の目薬も自己判断で使用しない

人間用はだめでも、犬用の目薬なら大丈夫だろうと、自己判断をしてはいけません。
犬と猫も体の働きに違いがあるため、使用できるお薬の種類や量に違いがあります。

フードやサプリメントが、犬用と猫用それぞれに販売されているように、お薬も使い分ける必要があります。
犬用に開発されたお薬の安全が認められているのは、犬が使用した場合のみです。

目薬にはいろいろな種類があるため、絶対に自己判断での使用はやめましょう。

間違って人間用の目薬をさしてしまったら?

人間用の目薬をさしてしまったら?

人間用目薬を間違ってさしてしまった場合には、獣医師による診断が必要です。
同じ動物であっても、人間に有効とされる成分は、猫にとって毒になる場合もあります。

炎症をおこしたり、重大な副作用をおこす可能性があったりと、大変危険なのです。
最悪の場合には、失明につながる可能性もあります。

誤って使用してしまった場合は、経過を観察せずに、ただちに動物病院を受診してください。

愛猫の目の健康のために

症状が軽度であれば、わざわざ動物病院へ行くのが面倒…猫用のお薬は人間用よりもお金がかかるし…という気持ちもわかります。
しかし、適切ではない目薬を使うと、重篤な副作用がおこる可能性もあるため大変危険です。

症状が悪化すれば、さらに治療費が増えることもあります。
費用を抑えたいのであれば、通販の利用がおすすめです。

比較的安価で、猫用目薬が購入できます。
動物病院で処方されるものと同じお薬があれば、通販を利用することもひとつの手段です。

フィラリア予防薬の通販

アーカイブ

  1. 市販のペットフードから手作りご飯に切り替える4ステップ
  2. ネクスガードスペクトラ-体重ギリギリ時の使用

    ネクスガードスペクトラ-体重ギリギリ時の使用について
  3. 犬と猫の手作りご飯のすすめ
  4. ネクスガードスペクトラ

    ネクスガードスペクトラは効かないって本当?効果や注意点を解説
  5. シンパリカトリオとネクスガードスペクトラの違い

    シンパリカトリオとネクスガードスペクトラはどっちがいい?違いやメリットを解説
PAGE TOP