豆知識

公開日:

最終更新日: 2022.03.24

アビガンの飲み方とは?新型コロナ治療のための飲み方について解説

新型コロナウイルスに関係する内容の記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている情報もご確認ください。またワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。

新型コロナの治療薬候補としては、医薬品の「アビガン」があります。
アビガンはもともと抗インフルエンザ薬ですが、インフルエンザの治療に使う際にも、制約のある薬です。

「他の抗インフルエンザウイルス薬が無効または効果不十分な新型または再興型インフルエンザウイルス感染症が発生し、本剤を当該インフルエンザウイルスへの対策に使用すると国が判断した場合に、患者への投与が検討される医薬品」という扱いになっています。

新型コロナの治療に際しては、どのように飲まれているのでしょうか?
ここでは、アビガン(ファビピラビル)の飲み方について解説します。


アビガン

アビガンの新型コロナへの有効性について

アビガンはもともと、新型または再興型インフルエンザウイルスに適応のあるお薬です。
体内のウイルスの増殖を抑制する働きをします。

しかし、アビガンが新型コロナウイルスに効くかどうか「効果のほどはまだわからない」と言えます。

2020年に、「アビガンは年内にも新型コロナの治療薬として承認される」という報道もなされましたが、2022年3月現在、いまだに承認されていない状況です。

2022年にはオミクロン株流行により重症化率が低下したため、検証が困難になりました。
3月末には被験者の組み入れが終了します。

動物実験の結果などから、アビガンの投与にはリスクが伴うことが判明しています。
そのため、より厳格な審査がなされているのだろうと推察できます。

現在、アビガンについてはこのような状況であることから、アビガン(ファビピラビル)を個人輸入等で購入したとしても、自己判断で安易に服用することは避けてください

必ず、かかりつけの医師の指示に従ってくださいますよう、お願いいたします。

【参考】
新型コロナウイルス感染症患者を対象とした国内臨床第Ⅲ相試験の被験者の組入れ終了について | 富士フイルム
アビガン治験、投与終了 重症化率低下で検証困難に: 日本経済新聞

アビガンの飲み方

【新型コロナ治療の場合】
成人:1日目は1回につき1800mgを1日2回服用
   2日目以降は1回につき800mgを1日2回服用
   最長で14日間までとする

・コップ1杯程度の水またはぬるま湯で飲んでください。
・飲み忘れた場合は2回分を一度に飲まず、気づいた段階で1回分を飲んでください。
・異常を感じたら医師または薬剤師に速やかに相談してください。

1日目は1回につき1800mg
ということは、1錠が200mgであれば、1回につき9錠を服用
2日目以降は1回につき800mg
ということは、1錠が200mgであれば、1回につき4錠を服用
するということですね。

アビガン(ファビピラビル)は、新型または再興型インフルエンザウイルス感染症に感染している場合、または新型コロナウイルスに感染している場合に、治療薬として投与されるお薬です。

しかし、新型コロナ治療への有効性や安全性については、いまだ承認を受けていません。
自己判断で安易に服用することは避けていただき、必ずかかりつけの医師の指示に従ってください。

服用できない人

・妊婦、産婦、妊娠している可能性のある女性
・15歳以下の小児
・過去にアビガンで過敏症のあった人

妊娠している女性、妊娠する可能性のある女性

妊娠している女性、妊娠する可能性のある女性には投与することができません。
それは、動物実験において催奇形性が認められているためです。

妊娠する可能性のある女性は、アビガンを使用する前に妊娠検査を行い、妊娠していないことを確認するよう求められています。

また、アビガンは精液中にも移行します
そのため、男性がこの薬を使用している間、および、使用を終了してから10日間以内に性交渉を行う場合は、必ず避妊するよう呼びかけられています。
避妊方法としては、男性は必ずコンドームを着用し、有効な方法を取るようにしてください。

また、この期間中は、胎児への影響が考えられることから、妊婦との性交渉は行ってはいけません

15歳以下の小児

15歳以下の小児に対しては、新型コロナ治療での有効性や安全性が確認されていないため、投与することはできません。

過去にアビガンで過敏症のあった人

アビガンの成分でアレルギーを起こしたことのある人には、投与することができません。

注意が必要な人

・高齢者
・他の薬を併用している場合、新たに使用する場合
・自宅で服用する際は、発熱から二日間は転落等の事故防止策を講じること

高齢者は生理機能が低下していることが多いため、状態を注視しながら服用する必要があります。
また、他の薬を併用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師や薬剤師にご相談ください。

アビガン服用によって異常行動が現れたという報告

インフルエンザ罹患時の服用によって、異常行動が現れたという報告があります。
なお、因果関係は不明だということです。

転落等、事故に至るおそれのある重度の異常行動は、
・就学以降の小児
・未成年者の男性
で、多く報告されています。

異常行動の内容は主に、
・急に走り出す
・徘徊する
というもので、発現は発熱から2日間以内に多いとのことです。

そのため、自宅で服用する場合は、少なくとも発熱から2日間は、高い場所からの転落等の事故防止対策を講じるよう呼びかけられています。

アビガンの併用注意薬

・ピラジナミド
・レパグリニド
・テオフィリン
・ファムシクロビル、スリンダク

アビガンの併用注意薬として、上記のお薬が挙げられています。
日常的に服用しているお薬があれば成分を見てみて、これらが含まれていないかどうか確認しておきましょう。

アビガンによる副作用については、こちらの記事をごらんください。

【参考】
KEGG「医療用医薬品:アビガン」

アビガンの飲み方まとめ

  • アビガンの新型コロナに対する有効性や安全性は確定していない
  • インフルエンザ薬として用いるのは他の抗インフルエンザ薬が効かなかったとき
  • 妊婦や小児は飲むことができない
  • アビガンによる異常行動が現れる可能性があるため、服用後も注意する

アビガンは、新型コロナ治療薬としては承認がいまだ行われていない薬であり、インフルエンザ治療薬としても使用するタイミングが難しいお薬です。
そのため、安易な服用は避け、かかりつけの医師の指示に従って服用されますようお願いいたします。


アビガン

関連記事

  1. 猫もフィラリア症になるって知ってた?猫のフィラリアとは

    犬がフィラリア症になる話はよく聞きますよね。フィラリア症って猫…

  2. 豆知識

    新型コロナウイルスはどんな感染症?

    新型コロナウイルスに関係する内容の記事です。新型コロナウイルス感染…

  3. 豆知識

    猫の腎臓病と予防について

    腎臓病(腎不全)は、猫の死因2位にランクインするほど発症の多い病気です…

  4. 点滴

    豆知識

    軽症者に使えるコロナ治療薬「ソトロビマブ」とは!?変異株にも有効?

    新型コロナウイルスに関係する内容の記事です。新型コロナウイルス感染…

  5. 公園で遊ぶ犬

    【料金相場】犬のノミ・ダニ予防はいくらかかる?

    室内外問わず生息しているノミやダニ。ペットと安心して暮らすためには…

  6. 犬猫がフィラリアに感染する確率はどれぐらい?

    「フィラリアってどれぐらいの確率で感染するの?」「対策とか全然…

フィラリア予防薬の通販

ピックアップ記事

  1. コロナ予防!?SNSに溢れるイベルメクチンの飲み方を試す前に!
  2. イベルメクチンの副作用と注意点

最近の記事

  1. 犬の膿皮症に効く薬用シャンプーの選び方とおすすめ3選
  2. 犬にぶどうはNG!中毒による症状や食べてしまった時の対処法
  3. ペットマイクロチップの義務化について
  4. 猫の腎臓病と予防について
  5. 猫の糖尿病について
  6. 猫用レボリューションは本当に安全?副作用や危険性を徹底調査
  7. ブロードラインとレボリューションの違いは?ウチの子に合うのは…

アーカイブ

  1. 猫のごはん

    とうもろこしを猫が食べるのはどうなの?与え方も解説します
  2. 豆知識

    市販のペットフードから手作りご飯に切り替える4ステップ
  3. 犬のごはん

    とうもろこしは夏に美味しい野菜!犬は食べても大丈夫?
  4. イベルメクチンの副作用と注意点

    豆知識

    イベルメクチンの副作用と注意点!購入前に知ってほしいこと
  5. 豆知識

    犬と猫の手作りご飯のすすめ
PAGE TOP