グリベック(イマチニブ)
  • グリベック(イマチニブ)
  • グリベック(イマチニブ)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

グリベック(イマチニブ)

更新日:
・100mg120錠:次回7月下旬入荷予定
・同じ有効成分イマチニブを含む「グリベックジェネリック)」は、在庫がございます。

グリベックは、犬・猫の肥満細胞腫や消化管間質腫瘍の治療に用いる分子標的薬です。

一般的な抗がん剤とは違い、がん細胞のみに狙いを定めて増殖を抑制するため、比較的副作用が少ないのが分子標的薬の特徴です。
  • 分子標的薬
  • 肥満細胞腫
  • 抗がん剤

有効成分:イマチニブ

ご注文

100mg 120錠

内容量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文 お気に入り
1箱
52,500(52,5001箱あたり
1,575
売切れ

400mg 30錠

内容量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文 お気に入り
1箱
47,000(47,0001箱あたり
1,410
売切れ

成分一覧

イマチニブ100mg
イマチニブ400mg

商品詳細

グリベックは、分子標的薬と呼ばれ、切除困難ながん細胞の治療に使用される犬・猫兼用の治療薬です。

有効成分は「イマチニブ」で、本来人間用の医薬品ですが、犬や猫の肥満細胞腫の治療にも多く使用されています。

従来の抗がん剤が正常な細胞も攻撃してしまうのに対し、分子標的薬は病気の原因となっているタンパク質などの特定の分子にだけ作用するように作られています。
そのため、副作用が少ないのが特徴です。

有効成分イマチニブの効果


体の細胞は、チロシンキナーゼという酵素が誘導することによって、増殖や分化を繰り返しています。
チロシンキナーゼはその働きを、正常な細胞だけではなく、がん細胞に対してもおこないます。

グリベックの有効成分「イマチニブ」は、がん細胞のチロシンキナーゼの働きを阻害することにより、病的な細胞が産生されることを抑えて正常化させるお薬です。

イマチニブは、特に犬・猫の以下のような病気の治療に使われます。

・肥満細胞腫
・消化管間質腫瘍
・扁平上皮癌



肥満細胞腫


肥満細胞腫とは、体の中の肥満細胞ががん化することで腫瘍を形成したものです。
犬・猫では皮膚上に「できもの」としてあらわれることが多く、悪性の皮膚がんの中の多くを占めています。

そのほか、まれに皮膚の下や粘膜、筋肉や内臓にもできることがあります。

悪性度が高いと転移を起こすこともあり、主にリンパ節や肝臓、脾臓、骨髄にみられます。


消化管間質腫瘍


消化管間質腫瘍(通称GIST)とは、消化管筋層の細胞ががん化することで腫瘍を形成したものです。

犬や猫の胃や、盲腸や小腸に発生する腫瘍ですが、非常にまれなものです。

肝臓や脾臓、腫瘍の周囲の腸間膜などの組織へ転移することが知られていますが、手術で腫瘍を完全に取り去ることができれば根治が可能です。


扁平上皮癌


扁平上皮癌(へいぺいじょうひがん)とは、皮膚や粘膜を生成する「扁平上皮細胞」という組織ががん化したものです。

扁平上皮細胞とは、体の内外の表面を覆っている細胞で、皮膚の表面や、内部が空洞になっている膀胱、腎臓、子宮などの臓器の内壁、食道などの消化器系や、呼吸器系の導管などの組織に存在する細胞です。

犬・猫の扁平上皮癌は、体の様々な部位に発生し、転移もします。

投与方法・使用方法

犬・猫


・一般的に1日当たり10mg/kgを目安にして投与する。
・投与量と投与期間は症状によって異なりますので、必ずかかりつけの獣医師の指導の下、指示に従い投与してください。


副作用

・副作用は非常に少ないとされていますが、吐き気、嘔吐、下痢、食欲不振、蛋白尿、無気力、肝酵素の上昇などが見られる場合があります。
・深刻な副作用はあまり報告されていませんが、異常がみられた場合は使用を中止し、速やかに獣医師にご相談ください。

注意事項

・獣医師からイマチニブが適応と診断された症例に対してのみ使用してください。

・本剤の成分に対し過敏症の既往歴がある場合は使用しないでください。

・交配予定の動物及び妊娠中、授乳中の動物には使用しないでください。

・ペット用ですのでお子様が誤食しないよう注意してください。

・妊娠中や妊娠を予定している女性、授乳中の女性は、本剤の取り扱いに特に注意してください。

・分子標的薬の取り扱いには、以下のような注意が必要です。
 ┗投薬時は手袋を着用してください。
 ┗容器から取り出したらなるべくすぐに投与してください。
 ┗薬の成分が糞便と一緒に排出されるため、投与後の犬・猫の糞尿や嘔吐物の処理時も必ず手袋を着用してください。
 ┗糞尿、嘔吐物が付着した衣類やシーツは、他の洗濯物と分けて洗うようにしてください。
 ┗使用済みの使い捨てペットシーツなどは、密閉できるビニール袋に入れて廃棄してください。
 ┗本剤を投与した犬・猫の糞便や尿、嘔吐物にお子様を近づけないようにしてください。

メーカー

発送国

香港
上へ