グリベックジェネリック(イマチニブ)
  • グリベックジェネリック(イマチニブ)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

グリベックジェネリック(イマチニブ)

更新日:
100mg120錠 次回7月下旬入荷予定
グリベックジェネリックは有効成分をイマチニブとした、切除困難な犬・猫(主に犬)の肥満細胞腫の治療に使用される分子標的薬です。

商品は基本的に1商品単位での発送となりますことをご了承ください。※2個お買い求めの場合は、2梱包でのお届けとなります。複数セットの場合は1セットにつき1梱包となります。

  • 犬猫の肥満細胞腫の治療

有効成分:イマチニブ 400mg

ご注文

グリベックジェネリック(イマチニブ) 100mg

数量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
120錠
10,000(831錠あたり
300
売切れ
240錠
19,000(791錠あたり
570
売切れ

グリベックジェネリック(イマチニブ) 400mg

数量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
30錠
8,800(2931錠あたり
264
カゴに入れる
60錠
16,700(2781錠あたり
501
カゴに入れる

成分一覧

商品詳細

肥満細胞腫の治療薬


グリベックジェネリックは、切除困難な犬・猫(主に犬)の肥満細胞腫の治療に使用される治療薬です。
有効成分はイマチニブで、本来、人間用の医薬品ですが、犬や猫の肥満細胞腫の治療にも使用されています。

グリベックジェネリックは分子標的薬


がん細胞と正常な細胞の違いをゲノム・分子レベルで解明し、がん細胞の増殖や転移に必要な分子を得意的に抑える薬のことで、腫瘍細胞だけを狙って攻撃するため、正常な細胞へのダメージは少なく、副作用も少ないとされています。

犬・猫の肥満細胞腫


肥満細胞腫とは肥満細胞という、免疫やアレルギーにかかわる細胞が腫瘍化した状態です。
全身のいたるところに発生し、内臓にもできる上、非常に再発しやすい腫瘍です。

犬の皮膚腫瘍発生率では1番で、猫は2番目に多い皮膚腫瘍と言われています。

切除が難しい部位にも


全身のいたるところに発生するため、中には切除が困難な部位にも発生しやすいのが肥満細胞腫の特徴です。
切除が難しい部位の腫瘍に対して継続してイマチニブを使用することで、劇的に症状が改善した例もあります。

有効成分のイマチニブは変異した分子をターゲットに作用するため、従来の抗がん剤に卜部ても効果が高く、副作用が少ないのがメリットです。
しかし、特定の部位に変異が起こっていない腫瘍に対しては効果がなく、値段が高いのが難点でした。

グリベックジェネリックは、有効成分は同じイマチニブですが、ジェネリック医薬品ですので、価格を大幅に抑えてお買い求めいただけます。


この商品の説明は商品説明書の他に次のサイトを参考にしています。


参考

・商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。イマチニブ錠100mg 200mg「日医工」|日医工株式会社(外部リンク)


投与方法・使用方法

・一般的に1日当たり12.5mg/kgを目安にして投与。
・投与量と投与期間は症状によって異なりますので、必ず獣医師の指導の下、指示に従い投与して下さい。

もし、犬が薬を飲まない場合はこちらをご覧ください。

副作用

・下痢、食欲低下、嘔吐、血便、食欲不振による体重減少が見られる場合があります。
・異常がみられた場合は使用を中止し、速やかに獣医師にご相談ください。

注意事項

・がん化学療法に十分な経験、知識を持った獣医師のもと、適切と判断される症例のみご使用ください。
・獣医師から有効性、危険性について十分な説明をお受けした上でご使用ください。
・生殖発生毒性を有するため、獣医師より安全な使用方法の指導をお受けください。
・c-kit遺伝子変異検査で変異が認められた場合には、高い確率で効果が認められますが、稀に耐性があり効果が出ない場合もあります。
・ペット用ですのでお子様が誤食しないよう注意してください。
・愛犬の体調が悪くなった時には獣医師に相談してください。

メーカー

発送国

シンガポール
上へ