タリビッドジェネリック
  • タリビッドジェネリック
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

タリビッドジェネリック

更新日:
タリビッドジェネリックはニューキノロン系抗生物質です。
特徴として有効成分の組織移行性が高く、優れた効果が期待できます。

細菌のDNA増殖を抑えることで殺菌し、感染症の症状を改善します。
  • 膀胱炎
  • 尿道炎
  • 性感染症

有効成分:オフロキサシン

ご注文

タリビッドジェネリック 100mg 100錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
4,800(4,8001箱あたり
144
カゴに入れる

成分一覧

オフロキサシン 100mg

商品詳細


こんなお薬

・ニューキノロン系抗生物質
・細菌性尿路感染症の治療
・細菌性皮膚感染症の治療など



ニューキノロン系抗生物質


タリビッドジェネリックはニューキノロン系の抗生物質です。
細菌の「DNA」の増殖を抑制することで、殺菌効果を示します。

有効成分オフロキサシン


ニューキノロン系の抗生物質で、細菌のDNA複製を阻害することで細菌の増殖を抑えます。
細菌性の皮膚感染症、呼吸器感染症、泌尿器感染症、消化器感染症など、広範囲の感染症に対して高い効果を発揮します。

適応菌種


ブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌、大腸菌、緑膿菌、らい菌、赤痢菌、チフス菌、パラチフス菌、シトロバクター属、エンテロバクター菌、セラチア属、プロテウス属、モルガネラモルガニー、プロビデンシア属、インフルエンザ菌、アシネトバクター属、カンピロバクター属、ペプトストレプトコッカス属、トラコーマクラミジア

投与方法・使用方法

犬猫


体重1kg当たりオフロキサシンとして1日量5~10mgを5~7日間経口投与してください。
※本剤は分散錠ですので、水に溶かして服用させてください。
※錠剤の分割に便利なピルカッターの取り扱いもございます。
販売ページはこちら⇒ ブルーピルカッター

副作用

・犬の場合、まれに一過性の便秘、嘔吐がみられることがあります。
・猫の場合、まれに嘔吐、可視粘膜紅潮、元気低下がみられることがあります。
・ラットに対し体重1kg当たり1日36mg以上を15日間連続で経口投与した場合、精子数とその運動性が顕著に低下したとの報告があります。
・副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察をお受けください。

注意事項

・大量投与により、幼若犬及び幼若猫で関節障害が認められたため、12カ月齢未満の犬及び猫には使用できません。
・類似化合物で過敏症の認められた犬・猫に投与する場合は、獣医師の指導の下慎重に投与してください。
・犬の皮膚感染症には様々な原因があることから、本剤の投与に当たっては、病気の状態をよく観察して慎重に投与してください。
・第一次選択薬が無効の症例に限り使用してください。
・使用に当たっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、適応症の治療上必要な最小限の投与に止めてください。

メーカー

発送国

香港
上へ