フロントライン・スプレー
  • フロントライン・スプレー
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

フロントライン・スプレー

更新日:
フロントライン・スプレーは、ノミやマダニの駆除薬です。
スプレータイプのお薬となっています。
1回の投与で効果は1ヶ月持続し、犬と猫を寄生虫から守ります。
  • ノミの駆除
  • マダニの駆除

有効成分:フィプロニル

ご注文

フロントライン・スプレー 100mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
3,000(3,0001本あたり
90
売切れ

フロントライン・スプレー 250mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
5,500(5,5001本あたり
165
カゴに入れる

成分一覧

フィプロニル0.25%

商品詳細

●優れた即効性と持続性
フロントライン・スプレーは、スプレータイプのノミやマダニ駆除薬です。
有効成分にフィプロニルを含有し、どの体重の犬や猫にも使用可能な外用薬です。

フロントライン・スプレーにはノミやマダニの駆除だけでなく、ノミの産卵による繁殖やマダニが持つ病原体からの感染を防ぐといった特徴があります。

ノミが産卵するのは寄生してから24~28時間後、マダニ吸血後に病原体媒介の危険が高まるのが48時間以降と言われています。
フロントライン・スプレーを投与すると、有効成分のフィプロニルが速やかに全身の皮脂の層に浸透し、ノミを24時間以内、マダニを48時間以内に駆除します。

ほとんどのノミの成虫を産卵前に駆除が可能なので、ノミのライフサイクルを遮断できます。
この卵を産ませない即効性は大きなメリットにより、ノミの駆除率はほぼ100%です。
また吸血48時間以降に病原体媒介の危険性が高まるマダニですが、本剤の投与で48時間以内に駆除ができるので、マダニ媒介性疾患の危険性を低減させることができます。

この効果はノミ・マダニともに約1ヶ月持続するため、外部寄生虫の再寄生や繁殖の予防が可能です。

●水浴びやシャンプーの影響はほぼありません
フロントライン・スプレーは、投与するとペットの体表上の脂分に溶けて広がっていきます。
そして皮脂腺という皮脂を分泌する袋に蓄えられて、皮脂とともに皮膚や被毛上に放出されるのです。
この仕組みによって長時間にわたって効果が持続し、水浴び、シャンプー、雨、雪の影響をほとんど受けません。

●安全性にも優れています
フロントライン・スプレーの有効成分であるフィプロニルは、ノミやマダニの中枢神経にのみ作用する安全性の高い成分となっています。
妊娠中や授乳中、生後2日齢からの子犬や子猫への投与試験で安全性が確認されています。
またさまざまな試験で人間に対する安全性も得られています。

即効性や持続性だけでなく安全性まで信頼できるフロントライン・スプレーは、動物病院で処方される動物用医薬品となっています。
世界中の獣医師さんから高い評価を受けているので、安心してご使用いただけます。

※ノミ・マダニの駆除に加えてノミの卵のふ化と発育まで阻害できるフロントラインプラスの取り扱いもございます。

販売ページはこちら⇒  フロントラインプラス

投与方法・使用方法

フロントライン・スプレーは、体重や月齢に関係なく犬と猫どちらにもお使いいただけます。
スプレータイプになっていますので、投与量に注意し全身にスプレーしてください。
※ペット及び飼い主さんの目や口、粘膜などに入らないよう注意してください。

投与量の目安(スプレーポンプを押す回数)
100mLボトルの場合(1回あたり0.5mL)
短毛種のペット:体重1kgあたり6回
長毛種のペット:体重1kgあたり12回

250mLボトルの場合(1回あたり1.5mL)
短毛種のペット:体重1kgあたり2回
長毛種のペット:体重1kgあたり4回

STEP1
換気のよい場所または屋外で使用してください。
使用する際には、必ずゴム手袋を着用してください。

STEP2
手のひらで安全キャップを強く押しながら、左に回してキャップを外します。
キャップを外したらスプレーポンプをボトルに差し込み、右に回してしっかり固定してください。
スプレーノズルを左に回しスプレーポンプの頭部を押して、噴射されることを確認します。

STEP3
投与がしやすいようにペットを押さえ固定します。
首輪をつけるか、誰かに手伝ってもらうと投与がしやすくなります。

STEP4
スプレーボトルが斜めにならないようにまっすぐ持ち、ペットの体表から10~20cm離して毛を逆立てるようにしながら毛の付け根に向けてスプレーをします。
※このときスプレー液が毛の付け根まで湿るようにしてください。
※スプレーポンプは毎回止まるところまで押し切ってください。スプレーポンプを押す回数を数えることにより、より正確な量を投与することが可能です。

STEP5
ペットの腹部、首、前・後脚、尾も忘れずにスプレーしてください。
ペットの目や口、粘膜などに直接噴霧しないでください。
腹部にスプレーする際には、ペットを仰向けにするか座らせるようにするといいでしょう。

STEP6
投与後は自然乾燥させてください。
換気のよい場所でドライヤーなどを使用せずに、ペットの被毛を自然乾燥させます。
被毛が濡れている状態のままにしておくと、アルコールに対して中毒症状を起こす場合があるので注意してください。

副作用

・溶媒にアルコール分が含まれているため、刺激で皮膚がかぶれる場合があります。
・異常が見られた際には使用を中止し、獣医師へご相談してください。

注意事項

・必ず体重に合った容量を守って投与してください。
・本剤はフローリングの床や家具などの塗装に影響を与えたり、カーペットなどの変色を起こす可能性があります。スプレー液が直接かからないよう注意し、またペットの被毛が乾かないうちに、それらに接触させないようにしてください。
・衰弱、高齢、妊娠中や授乳中、薬物治療を受けているペットに対して使用する場合には獣医師に相談してください。
・本剤を使用する前後の2日間(計4日間)は、水浴びやシャンプーを行わないでください。
・投与後は被毛が乾くまで、火気または熱源へ近寄らせないでください。
・投与する際はゴム手袋を着用してください。また使用後は石鹸で手をよく洗ってください。

メーカー

上へ