アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)
  • アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)
  • アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)
  • アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)

更新日:
リピートNo.1 バイトリルのジェネリックであるアタキシン錠は、主に細菌感染症の治療に用いられる錠剤型の抗生剤です。
1日1回、あるいは2回の投与でさまざまな細菌に対して幅広く効果を発揮します。
  • 膿皮症治療
  • 皮膚細菌感染症治療
  • 呼吸器細菌感染症治療
  • 膀胱炎治療
  • 尿路感染症治療

有効成分:エンロフロキサシンEP

ご注文

アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック) 50mg 100錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
3,900(3,9001箱あたり
117
カゴに入れる

アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック) 150mg 100錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
6,500(6,5001箱あたり
195
売切れ

成分一覧

アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)50mg
エンフロキサシンEP 50mg

アタキシン錠(バイトリル・ジェネリック)150mg
エンフロキサシンEP 150mg

商品詳細


商品の特長

・犬猫兼用の細菌感染症のお薬
・安全性の高い有効成分
・投与しやすい小粒の錠剤



アタキシン錠はバイトリル錠のジェネリックで、細菌感染症の治療に用いられています。
犬猫兼用で、さまざまな細菌に対して幅広く効果を発揮します。

安全性の高い有効成分を含有しているため、安心してご使用いただけます。

バイトリル錠のジェネリック


アタキシン錠はバイトリル錠のジェネリック医薬品です。
お求めになりやすい価格アナら、バイトリル上と遜色のない効果を持ちます。

先発薬と同様、犬猫兼用で主に細菌感染症の治療に使用される抗生剤です。
消化器や呼吸器および尿生殖路の細菌感染症、皮膚や二次創傷感染症および外耳炎の治療に用いられます。

アタキシン錠は有効成分としてエンフロキサシンを含有しています。
エンフロキサシンはニューキノロン系の区政物質で、細菌に対して高い殺虫効果を持ちます。
さまざまな感染症に適応があり、膿皮症、皮膚細菌感染症、呼吸器細菌感染症、膀胱炎、尿路感染症などの治療に用いられています。

エンフロキサシンの有効菌株はブドウ球菌属、レンサ球菌属、腸球菌属、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、シェードモナス属、キサントモナス・マルトフィリア、アシネトバクター・カルコアセティクスなどです。

安全性の高い有効成分を含有


アタキシン錠の有効成分であるエンフロキサシンは、角膜を持っていない細菌のDNAに作用し死滅させますが、哺乳類や鳥類といった角膜を持つ動物細胞のDNAには作用しません。
そのため、ペットに対しての安全性は高くなっています。

小粒の錠剤で猫にも飲ませやすい


またアタキシン錠は小粒に作られているので、薬が苦手なペットや体が小さい猫への投与の負担が軽減されています。
フードやおやつに混ぜて与えるのもおすすめです。

投与方法・使用方法

犬猫兼用のお薬です。

アタキシン錠の服用は体重1㎏に対して、犬:5〜10mg、猫:5mgです。
体重10㎏で50mg/1錠、体重30㎏で150mg/1錠です。

3〜10日間で1日1回の投与もしくは、1日分を2回に分けて投与してください。

副作用

・副作用が認められた場合には直ちに使用を中止し、獣医師の診察をお受けください。
・下痢または軟便を起こす場合があります。
・嘔吐、食欲不振、流涎が見られることがあります。
・きわめてまれではありますが、過剰投与された猫において、盲目症、一過性の盲目症、部分的な盲目症および散瞳といった視覚障害が認めらました。
・猫においては視覚障害が認められたとの報告があるため、異常が見られた場合には直ちに使用を中止してください。

注意事項

・1歳未満の犬には使用しないでください。
・生後8週間未満の猫へは使用しないでください。
・キノロン系抗生剤に対する過敏症を持っている場合は、投与しないでください。
・腎臓障害を有するペットへの投与は、慎重に行ってください。
・繁殖、妊娠、授乳中のペットに対する投与は安全性が確認されていませんので、行わないでください。
・推奨使用量を超えないように注意してください。
・推奨使用量を超えると、猫には網膜中毒の症状が現れる可能性があります。

メーカー

上へ