ケフレックスカプセル
  • ケフレックスカプセル
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ケフレックスカプセル

更新日:
ケフレックスカプセルは犬と猫の細菌性皮膚感染症の治療などに用いられる抗生物質です。
人間用の医薬品として開発されましたが動物にも使用できるため、さまざまな感染症の治療に用いられています。
  • 細菌による感染症

有効成分:セファレキシン

ご注文

ケフレックスカプセル 250mg 28錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,700(2,7001箱あたり
81
カゴに入れる
2箱
4,860(2,4301箱あたり
145
カゴに入れる
3箱
6,480(2,1601箱あたり
194
カゴに入れる

成分一覧

セファレキシン250mg

商品詳細

●多数の細菌感染症治療に最適な犬猫兼用の抗生物質
フラインファーマのケフレックスカプセルは「セファレキシンカプセル」や「センセファリン」、「リレキシペット」と同じ、多数の細菌感染症に用いられる抗生物質です。
犬や猫に処方される場合は主に膿皮症治療に選択されています。

適応菌種はブドウ球菌やレンサ球菌属、肺炎球菌属や腸菌属、淋病や大腸菌、クレブシエラ属やエンテロバクター属、モルガネラ・モルガニーやプロビデンシア属などです。

本来は人間用の医薬品ですが、犬や猫に対しても有効であることが確認され、近年は獣医の指導のもと動物にも処方されています。

●有効成分のセファレキシンは細菌の細胞壁の成長を攪乱する成分
有効成分のセファレキシンには、グラム陽性菌と一部のグラム陰性菌の細胞壁の成長を攪乱する作用があり、これによって殺菌します。

経口投与できるお薬であるため、皮膚への感染症の他に、泌尿器系、呼吸器系、骨や関節の細菌感染症にも使用されます。

投与方法・使用方法

・犬
1回体重1kgあたりセファレキシンとして15mgを1日2回7日間経口投与する。
ただし、2回の投与間隔を最低10時間とする。

・猫
投与方法は獣医師にご相談ください。

副作用

本剤の投与により、一過性の嘔吐、食欲不振がみられることがあります。

注意事項

・副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察をお受けください。
・本剤の成分またはセフェム系抗生物質ならびにペニシリン系抗生物質に対する過敏症を有する動物には投与しないでください。
・腎機能に高度な障害がある場合には本剤の体内残留時間が長くなる可能性がありますので、慎重に投与してください。
・尿糖検査では偽陽性となることがありますのでご注意ください。

メーカー

上へ