フィプロフォートスプレー
  • フィプロフォートスプレー
  • フィプロフォートスプレー
  • フィプロフォートスプレー
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

フィプロフォートスプレー

更新日:
フィプロフォートスプレーは犬と猫のノミやマダニ駆除薬です。
フロントラインスプレーのジェネリック医薬品で、同じくスプレータイプのお薬です。
1回の投与で効果は1ヶ月持続し、寄生虫から犬と猫を守ります。
  • ノミ及びマダニの駆除

有効成分:フィプロニル

ご注文

フィプロフォートスプレー 100mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
2,100(2,1001本あたり
63
カゴに入れる

フィプロフォートスプレー 250mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
3,500(3,5001本あたり
105
カゴに入れる

成分一覧

フィプロニル0.25%

商品詳細

●優れた即効性と持続性
フィプロフォートスプレーは、サバベット社が製造、販売を行なうスプレータイプのノミやマダニ駆除薬で、フロントラインスプレーのジェネリック薬です。
有効成分としてフィプロニルを含有し、犬と猫、生後2日目から全年齢、体重に対応したお薬です。
フロントラインスプレーと使用感や効果に変わりはありません。

フィプロフォートスプレーはノミやダニの駆除だけでなく、ノミの産卵による繁殖や、マダニが持つ病原体の感染を防ぐことも可能です。
ノミが産卵をするのは寄生してから24~28時間、マダニの吸血後に病原体媒介の危険が高まるのが48時間以降だと言われます。

本剤を投与により、有効成分のフィプロニルが速やかに全身の皮脂の層に浸透し、ノミを24時間以内に、マダニを48時間以内に駆除します。

ほとんどのノミの成虫を産卵前に駆除することができるので、ノミのライフサイクルの遮断が可能です。
また吸血後48時間以内に病原体媒介の危険性が高まるマダニですが、本剤投与後48時間以内に効果を発揮するので、マダニ媒介性疾患の危険性を低減させます。
これらの効果は、ノミ、マダニともに1ヶ月持続するため、外部寄生虫の再寄生や繁殖の予防が可能です。

●水浴びやシャンプーの影響をほとんど受けません
本剤は投与すると、ペットの体表上の脂分に溶けて広がります。
皮脂腺という皮脂を分泌する袋に蓄えられ、皮脂とともに被毛上に放出されます。
この仕組みにより長時間効果が持続し、水浴びやシャンプー、雨、雪の影響をほとんど受けなくなります。

●安全性にも優れています
有効成分のフィプロニルは、ノミやマダニなど節足動物の中枢神経にのみ作用し、犬や猫といった脊髄動物に対しては悪影響の心配がありません。
安全性に優れ、生後2日目の子犬や子猫にも投与することが可能です。
もちろん人間に対する安全性も確認されているので、安心してご使用いただけます。

投与方法・使用方法

フィプロフォート・スプレーは、体重や月齢に関係なく犬と猫どちらにもお使いいただけます。
本剤を使用する前後の2日間(計4日間)は、水浴びやシャンプーは行わないでください。
スプレー式になっているので、投与量に注意して全身にスプレーしてください。
※ペットや飼い主さんの目や口、粘膜などに入らないように注意してください。

投与量の目安(スプレーポンプを押す回数)
100mLボトルの場合(1回あたり0.5mL)
短毛種のペット:体重1kgあたり6回
長毛種のペット:体重1kgあたり12回

250mLボトルの場合(1回あたり1.5mL)
短毛種のペット:体重1kgあたり2回
長毛種のペット:体重1kgあたり4回

STEP1
換気のよい場所か屋外で使用してください。
使用する際には、必ずゴム手袋を着用してください。

STEP2
投与がしやすいようにペットを押さえて固定します。
首輪をつけるか、誰かに手伝ってもらうと投与がしやすくなります。

STEP3
スプレーボトルが斜めにならないようにまっすぐ持ち、ペットの体表から10~20cmほど離して毛を逆立てるようにしながら毛の付け根に向けてスプレーをします。
※このときスプレー液が毛の付け根まで湿るようにします。
※スプレーポンプは毎回止まるところまで押し切ってください。スプレーポンプを押す回数を数えることによって、より正確な量を投与することができます。

STEP4
ペットの腹部、首、前・後脚、尾も忘れずにスプレーをします。
目や口、粘膜などには直接噴霧しないでください。
腹部にスプレーする際は、ペットを仰向けにするか座らせるようにするといいでしょう。

STEP5
投与後は自然乾燥させてください。
ドライヤーなどは使用せず、換気のよい場所でペットの被毛を自然乾燥させます。

副作用

・溶媒にアルコール分を含まれているため、刺激で皮膚がかぶれる場合があります。
・異常が見られた際は使用を中止し、獣医師へご相談してください。

注意事項

・必ず体重に合った容量を守って投与してください。
・本剤はフローリングの床や家具などの塗装に影響を与えたり、カーペットなどの変色を起こしたりする場合があります。スプレー液が直接かからないよう注意し、またペットの被毛が乾かないうちにそれらに接触させないようにしてください。
・衰弱、高齢、妊娠中や授乳中、薬物治療を受けているペットに対して使用する場合には獣医師に相談してください。
・本剤を使用する前後の2日間(計4日間)は、水浴びやシャンプーを行わないでください。
・投与後は被毛が乾くまで、火気または熱源へ近寄らせないでください。
・投与する際はゴム手袋を着用し、使用後は石鹸でよく手を洗ってください。

メーカー

上へ