ネクスガードスペクトラの個人輸入、動物病院との違い

最終更新日:

ネクスガードスペクトラの個人輸入、動物病院との違いは?

ネクスガードスペクトラはノミ・マダニ、お腹の虫の駆除やフィラリア予防をまとめて行える人気のお薬です。

動物病院でよく処方されるネクスガードスペクトラは、個人輸入でも購入できます。
それぞれの購入方法には、どのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、個人輸入の注意点や安全性、動物病院との価格の違いについて紹介します。

>>ネクスガードスペクトラの詳細はこちら

ネクスガードスペクトラの購入方法

ネクスガードスペクトラの購入方法は、以下の2つです。

・動物病院で処方
・個人輸入する

どちらもメリットやデメリットがあるため、購入する前にしっかり理解しておきましょう。
ここから、動物病院と個人輸入の特徴について、詳しく解説します。

動物病院で処方

動物病院で処方

動物病院ではフィラリア感染を確認するために、フィラリア検査を行ったうえで、愛犬の体重に合わせた用量のネクスガードスペクトラが処方されます。
そのため、お薬代以外にも検査費や診察料などの費用が必要です。

動物病院では処方してもらう際に、フィラリア検査と同時に健康診断やワクチン接種もできます。
ネクスガードスペクトラを処方してもらうついでに、健康診断やワクチン接種を受けることもできます。

個人輸入する

個人輸入

ネクスガードスペクトラは、個人輸入でも購入可能です。
個人輸入代行サイトを利用することで、難しい手続きは一切ありません。

注文方法は国内通販などと同じですが、商品は海外から直接届きます。
そのため、商品が届くまでは国内通販よりも少し遅く感じるかもしれません。

しかし、定期的に投薬が必要なフィラリア予防薬であれば、時間に余裕をもって注文することも可能です。
さらに、動物病院よりもネクスガードスペクトラを安価で購入できます。

費用を抑えたい方は、動物病院と同等の商品を安く買える、個人輸入の利用がおすすめです。

個人輸入の注意点

要指示医薬品であるネクスガードスペクトラは、個人輸入する際にいくつか注意点があります。

  • 個人輸入した医薬品の転売、譲渡は禁止
  • 個人輸入した医薬品の使用は、自己責任
  • 医薬品副作用被害救済制度は適用されない
  • 個人輸入できる医薬品は個数制限がある
  • 医薬品が届くまでに10日~14日ほどかかる

個人輸入した医薬品の転売、譲渡は禁止

お薬の輸入は、自分で使用する場合に限られているため、他の人へ売ったり譲ったりする行為は認められていません。
そのため、親しい友人や家族が使う分のお薬は、まとめて購入することはできません。

個人輸入した医薬品の使用は、自己責任

個人輸入したお薬は、自己責任で使用となります。

そのため、個人輸入したネクスガードスペクトラの投薬後に、副作用や健康被害が発生しても医薬品副作用被害救済制度は適用されません。

参考
医薬品等の個人輸入について│厚生労働省(外部リンク)

個人輸入できる医薬品は個数制限がある

一度に個人輸入できるネクスガードスペクトラの量は、2ヶ月分以内と決まっています。
詳細については、下記をご確認ください。

医薬品および医薬部外品 ①外用剤(毒薬、劇薬および処方せん薬、バッカル錠、トローチ剤および坐剤を除く)
 標準サイズで1品目につき24個以内。
 ※外用剤:軟膏、点眼薬など
 ※処方せん薬:有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要な医薬品
②毒薬、劇薬および処方せん薬
 用法用量からみて1ヶ月分以内。
③上記以外の医薬品
 用法用量からみて2ヶ月分以内。
化粧品 基準サイズで1品目につき24個以内。
医療機器 ①家庭用医療機器等(例:家庭用マッサージ器、家庭用低周波治療器)に限り1セット。
②使い捨てコンタクトレンズ:2ヶ月分以内。

参考
医薬品・化粧品等の個人輸入について│税関(外部リンク)

医薬品が届くのが少し遅い

個人輸入した医薬品は海外から発送されるため、届くまでに10日~14日ほど日数がかかります

また、大雪や台風といった自然災害等による配送遅延が発生することもあります。
そのため、ネクスガードスペクトラを個人輸入する場合は、余裕をもって投薬する3~4週間前に注文することをおすすめします。

個人輸入はお薬を安価で購入できるので便利ですが、注意点があるので利用する際はしっかり理解しておきましょう。

ネクスガードスペクトラ-動物病院と個人輸入の価格比較

クスガードスペクトラは、動物病院や個人輸入代行サイトによって、価格設定が異なります。
しかし、費用は基本的に個人輸入代行サイトの方が安価です。

下記の価格比較表を見てもわかる通り、動物病院での購入は高額になる傾向にあり、さらに診察費や検査料もかかります。
動物病院や個人輸入代行サイトによって設定価格に違いがあるので、購入する際は事前に調べておくと良いでしょう。

ネクスガードスペクトラ(8ヶ月分)
体重 動物病院 個人輸入 個人輸入の場合
1.8~3.6kg 23,600円 19,200円 4,400円お得
3.7~7.5kg 25,520円 20,266円 5,254円お得
7.6~15kg 27,760円 23,200円 4,560円お得
15.1~30kg 30,720円 24,800円 5,920円お得
30~60kg 32,640円 29,066円 3,574円お得

※動物病院4院の平均費用(ピジョン動物愛護病院、苅谷動物病院グループ、永福あにまるクリニック、ペット予防医療センター)
※薬の値段は病院によって異なります。
※個人輸入は、ぽちたま薬局での販売価格です。

>>ネクスガードスペクトラの詳細はこちら

薬の値段以外が違う点、安全性は?

動物病院や個人輸入でネクスガードスペクトラを購入する場合、値段以外にもパッケージが異なります。

以下の通り、有効成分や製薬会社は同じなので効果や安全性については心配ありませんが、動物病院では日本語、個人輸入では英語表記のパッケージです。

有効成分:アフォキソラネル、ミルベマイシンオキシム
製薬会社:ベーリンガーインゲルハイム(Boehringer Ingelheim)

万が一、個人輸入で有効成分や製薬会社が違う場合は、偽物の可能性があるため注意してください。

また、動物病院では犬の体重に適した用量のお薬を処方してもらえますが、個人輸入する際は自分で愛犬の体重を量って適した用量のお薬を購入します。
体重に対して用量が少なければ、満足する効果が得られないためフィラリアに感染する恐れがあり、逆に用量が多すぎると副作用のリスクが高まるため危険です。

まとめ

オールインワンのフィラリア予防薬ネクスガードスペクトラは、動物病院もしくは個人輸入で購入できます。

動物病院では、フィラリア検査と一緒に健康診断なども受けられますが、検査費や診察料がかかります。
また、個人輸入では安価で購入できますが、届くのが少し遅いため時間に余裕をもって注文しなければなりません。

どちらの方法で購入しても効果や安全性は同じですが、それぞれにメリットやデメリットがあるため、注意点などをよく理解しておくことが大切です。

なお、費用を抑えてネクスガードスペクトラを購入したい場合は、動物病院でフィラリア検査を受けた後に個人輸入へ切り替えることで、お薬代を節約できるかもしれません。

愛犬の健康を守るためは、フィラリア予防は欠かせません。
生涯にわたり多くの出費が必要になりますので、負担になって予防できなくならないように、少しでも費用を抑えておくと安心です。

>>ネクスガードスペクトラの詳細はこちら

フィラリア予防薬の通販

アーカイブ

  1. 譲渡会とはどんなところ?譲渡会の流れやルール、里親になるための条件をご紹介
  2. 犬猫のフィラリア予防薬の投与期間は具体的にいつからいつまで必要?

    犬猫のフィラリア予防薬の投与期間は具体的にいつからいつまで必要?
  3. シンパリカトリオとネクスガードスペクトラの違い

    シンパリカトリオとネクスガードスペクトラはどっちがいい?違いやメリットを解説
  4. ネクスガードスペクトラ

    ネクスガードスペクトラは効かないって本当?効果や注意点を解説
  5. 市販のペットフードから手作りご飯に切り替える4ステップ
PAGE TOP