ガバドン(ガバペンジェネリック)【犬猫用】
  • ガバドン(ガバペンジェネリック)【犬猫用】
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ガバドン(ガバペンジェネリック)【犬猫用】

更新日:
・在庫なし。こちらのガバペンジェネリックは在庫がございます。

ガバドンは、有効成分「ガバペンチン」を含む抗てんかん薬です。
ガバペンチンは抗てんかん薬以外にも、椎間板ヘルニアや脊髄空洞症などの神経性の痛みを和らげる目的でも広く用いられます。
  • 抗てんかん
  • 神経性疼痛鎮痛

有効成分:ガバペンチン

ご注文

300mg 1箱100錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
6,500(6,5001箱あたり
195
売切れ

成分一覧

ガバペンチン300mg

商品詳細


この商品の特徴

・犬猫用の鎮痛、抗てんかん薬
・ヘルニアなどの神経性の痛みに有効
・肝臓に障害のある犬でも使用可能
・副作用が少ない



ガバドンの有効成分ガバペンチンは、主にてんかんや神経痛に使用されます。

抗てんかん薬としては、ガバペンチン単体で使用されることは少なく、他の薬と併用して補助的に使用することが多いです。

ヘルニアや脊髄空洞症など、強い痛みを伴う神経障害の緩和にも効果を発揮します。
副作用が少なく、肝臓に問題のある犬でも使用可能です。


てんかんの症状とは


てんかんは犬にも見られる神経系の異常発作症状で、振戦、失神、異常な行動などが現れます。
これらの症状は日常生活において、犬の健康や幸福に悪影響を及ぼす可能性があります。

ガバドンは通常、てんかんの予防的な治療に使用されます。

獣医師は犬の状態に合わせて適切な投与量を決定し、その指示に従って定期的に薬を投与することが必要です。

定期的な投与が必要な理由は、持続的な効果を確保し、発作の頻度や強度を抑えるためです。


参考

犬のてんかんの症状とは?飼い主さんができる対処法を紹介(ぽちたま薬局スタッフブログ)



獣医師による適切な投与量の決定


ガバドンの効果的な治療には、正確な投与量の決定が欠かせません。

獣医師は犬の体重、てんかんの症状の重さ、健康状態などを総合的に考慮して最適な量を決定します。

犬の健康状態が変わった場合は獣医師に相談し、適切な調整が行われるようにしましょう。

投与方法・使用方法

下記用法・用量は目安です。
投与する際は、必ず獣医師の指示に従って投与してください。

・犬の場合
抗てんかん:1回10~20mg/kgを目安に、1日4回経口投与
神経性疼痛鎮痛:1回10~20mg/kgを目安に、1日2回経口投与


・猫の場合
抗てんかん:1回5~10 mg/kgを目安に、1日2~4回経口投与
神経性疼痛鎮痛:1回3~10 mg/kgを目安に、1日1~2回経口投与

副作用

副作用が少ない薬ですが、まれに大人しくなる、ふらつく、食欲低下、嘔吐、下痢などの症状が現れる場合があります。

副作用が認められた場合は、速やかに獣医師の診察を受けてください。

注意事項

・水酸化マグネシウムや水酸化アルミニウムを含む制酸剤(胃腸薬)と同時に飲むと、本剤の効果が落ちてしまいます。
胃腸薬を飲ませる場合は、2時間以上間隔をあけてください。
・モルヒネやフェンタニルなどオピオイド系鎮痛薬と併用する場合は、眠気や鎮静、呼吸抑制などの副作用に注意が必要です。
・症状が良くなっても、自己判断で投薬をやめないでください。
・空腹時に投与した場合、通常よりも嘔吐する可能性が高くなります。
フードやおやつに混ぜて投薬してください。

メーカー

発送国

インド
上へ