キウォフパピー
  • キウォフパピー
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

キウォフパピー

更新日:
キウォフパピーは子犬が安全に使用できる内部寄生虫駆除薬で、ドロンタールパピーのジェネリックです。
回虫、鉤虫、鞭虫に対して優れた殺虫効果を発揮します。
スポイト付きの液剤ですので子犬への投薬も簡単です。
  • 回虫類(犬回虫、犬小回虫)の駆除
  • 犬鉤虫の駆除
  • 犬鞭虫の駆除

有効成分:パモ酸ピランテル、フェバンテル

ご注文

キウォフパピー 15mL

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
1,200(1,2001本あたり
36
カゴに入れる

成分一覧

1mL中にパモ酸ピランテル14.4mg、フェバンテル15mg

商品詳細


商品の特長

・子犬用の寄生虫駆除薬
・高い安全性で子犬も安心
・液状で投薬が簡単



キウォフパピーはドロンタールパピーのジェネリックで子犬用の内部寄生虫駆除薬です。
高い安全性があり子犬にも安心して与えることができ、犬回虫や犬鉤虫、犬鞭虫の駆除に効果があります。

幼虫や虫卵に対しての殺虫効果もあります。

子犬の回虫類(犬回虫、犬小回虫)、犬鉤虫、犬鞭虫の駆除に効果を発揮


キウォフパピーは生後2週齢の子犬から使用できる内部寄生虫駆除薬です。
有効成分として配合されているパモ酸ピランテルとフェバンテルは、回虫や鉤虫などの線虫類に対して優れた殺虫効果を発揮し、高い安全性も認められているために子犬に対しても安心して投与することができます。
推奨される使用年齢は1歳までです。

キウォフパピーは線虫類の成虫だけでなく、幼虫や孵化する前の虫卵に対しても殺虫効果を発揮します。
幼虫や虫卵は、通常の検査では陽性反応が出ないために発見が遅れがちになりますが、キウォフパピーであれば確実な駆除が可能です。
回虫や鉤虫などのおなかの虫は、他の犬の体毛や糞、小動物、昆虫との接触から簡単に感染してしまうため、お散歩などの外出は常に感染のリスクを伴います。
また、子犬の母親が内部寄生虫に感染している場合は、授乳により高い確率で子犬にも寄生虫が感染してしまいます。

これらの寄生虫は犬の体内で成虫まで成長し、糞などで虫卵が排出されて周囲の環境を汚染していきます。
飼い主さんや周りの動物にも感染のリスクが高まるために、定期的な駆除が推奨されています。

リーズナブルなジェネリック


キウォフパピーはドロンタールパピーのジェネリック(後発薬)です。
先発薬のドロンタールパピーに比べてリーズナブルな価格で購入できます。
有効成分は先発薬と同様のパモ酸ピランテルとフェバンテルで、効果も先発薬同様です。

液状なので投薬も簡単


液状のお薬なので、錠剤が苦手な子犬にも与えやすいお薬です。
専用のスポイトが付属するので直接飲ませることができる以外にも、フードに混ぜて与えることができます。

投与方法・使用方法

通常1回、体重1につき本剤1mLを経口投与します。

液剤の飲ませ方は、付属のスポイトで計量し、直接飲ませるか、フードに混ぜて与えます。
フードに混ぜる場合は食べ残しのないようにご注意ください。

副作用

下痢、嘔吐、食欲不振が見られる場合があります。副作用が認められた場合は速やかに獣医師の診断を受けてください。

注意事項

・必ず獣医師の指示に従って使用して下さい。
・2週齢未満、体重500g未満の子犬には使用できません。
・犬以外の動物には使用しないでください。
・本剤のパモ酸ピランテルはピペラジンと互いに拮抗する可能性があるので併用は避けてください。

メーカー

上へ