イサタルアイジェル犬猫用
  • イサタルアイジェル犬猫用
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

イサタルアイジェル犬猫用

更新日:
イサタルアイジェル犬猫用は、犬猫の結膜炎からウサギの結膜炎の治療薬として使用されている、抗菌目薬です。
有効成分はフシジン酸で、細菌のたんぱく質合成を阻害することで抗菌効果を発揮し、症状を改善します。
  • 犬猫
  • 結膜炎
  • 抗菌目薬
  • 抗生剤
  • 眼軟膏
  • ウサギの結膜炎

有効成分:フシジン酸

ご注文

イサタルアイジェル犬猫用 10mg/g 3g

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
3,400(3,4001本あたり
102
カゴに入れる
2本
6,500(3,2501本あたり
195
カゴに入れる
3本
9,200(3,0661本あたり
276
カゴに入れる

成分一覧

フシジン酸10mg

商品詳細

愛犬・愛猫とウサギの結膜炎に有効な抗菌目薬


イサタルアイジェル犬猫用は、愛犬、愛猫、ウサギの結膜炎治療用の抗菌目薬です。
ブドウ球菌により引き起こされる細菌感染性の結膜炎に対して有効です。

有効成分フシジン酸


有効成分フシジン酸は、ステロイド系の抗生物質で、細菌のたんぱく質の合成を阻害することで抗菌作用を発揮し、結膜炎の様々な症状を改善します。

ブドウ球菌属、レンサ球菌属、コリネバクテリウム属、グラム球菌属に対して有効です。

交差感染に注意してご使用ください


結膜炎の厄介なところは、どちらかの目が感染している場合は、感染している目に触れた手で、感染していない目をこすったり触れることで、両眼共に感染してしまいます。

動物は目に違和感があればすぐに引っかいたりしてしまうため、容易に交差感染してしまいます。

交差感染を防ぐには


交差感染を防ぐために、片方の目のみが感染している場合でも両目を治療します。
このような場合にイサタルアイジェルを使用する際は、ノズルを介しての感染を防ぐため、必ず感染していない目を最初に治療するようにしてください。

投与方法・使用方法

・1日1回~2回、1回あたり1滴を患部に滴下してください。
・充血などの症状が治まった後も、2日間は投薬を続けてください。
・片方の目が感染している場合は、交差感染防止のため両目を治療してください。その場合、ノズルを介しての感染を防ぐため、感染していない目を最初に治療してください。
・投与前は、温水または水で湿らせた脱脂綿などで目の周りを綺麗にしてから使用してください。

副作用

副作用の報告はありませんが、何か異常が現れた場合はすぐに使用を止め、かかりつけの獣医師の診察をお受けください。

注意事項

・投薬前、後には必ず手を洗ってください。
・投薬時に薬剤が手についた場合は、速やかに水で洗い流してください。
・投薬時、ノズルが動物の目に直接触れないようにしてください。
・使用後はすぐにスクリューキャップを装着し、ノズルに触れないようにしてください。
・異なる動物を治療する場合、同じチューブを使用しないでください。
・長期治療中は、頻繁な眼の再検査が推奨されます。

メーカー

発送国

香港
上へ