ベナゼプリル犬猫用
  • ベナゼプリル犬猫用
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ベナゼプリル犬猫用

更新日:
ベナゼプリル犬猫用(ベネフォーティン)は、有効成分ベナゼプリルを含む血管拡張薬です。
犬の慢性心不全の改善と、猫の慢性腎不全による尿蛋白漏出の抑制に効果があります。
  • 犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の改善
  • 猫の慢性腎不全による尿蛋白漏出の抑制

有効成分:塩酸ベナゼプリル

ご注文

ベナゼプリル犬猫用 2.5mg 28錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
4,700(4,7001箱あたり
141
売切れ
2箱
8,700(4,3501箱あたり
261
売切れ
3箱
12,400(4,1331箱あたり
372
売切れ

成分一覧

ベナゼプリル犬猫用(ベネフォーティン)2.5mg
塩酸ベナゼプリル2.5mg

商品詳細

犬の心不全・猫の腎不全治療薬


ベナゼプリル犬猫用(ベネフォーティン)は犬猫兼用の血管拡張剤です。

ベナゼプリルの主な効果

・犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の改善
・猫の慢性腎不全による尿蛋白の漏出抑制



有効成分ベナゼプリルの効果


ベナゼプリル犬猫用(ベネフォーティン)には、収縮した血管を拡張する効果があり、別名ACE阻害剤と呼ばれています。
その由来は、血管の収縮をもたらすアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害するからです。

アンジオテンシン変換酵素は、アンジオテンシンⅡと呼ばれる物質を生産することで、血管を収縮させます。
すると血圧が上昇し、心臓や腎臓に大きな負担がかかります。
その結果、犬の慢性心不全と、猫の慢性腎不全の症状を悪化させる要因となるのです。

ベナゼプリルは、アンジオテンシン変換酵素の働きを阻害することで血管を拡張。
犬の慢性心不全や猫の慢性腎不全の諸症状を改善します。

投与方法・使用方法

投与回数


犬・猫ともに1日1回

1回あたりの投与量


■犬の場合
体重1kgあたり塩酸ベナゼプリル0.25mg~1.0mg

例)
1.25~2.5kg未満 0.5錠
2.5~10.0kg未満 1錠
10.0~20.0kg未満 2錠
20.0~30.0kg未満 3錠
30.0~40.0kg未満 4錠

■猫の場合
体重1kgあたり塩酸ベナゼプリル0.5mg~1.0mg

例)
1.25~2.5kg未満 0.5錠
2.5~5.0kg未満 1錠
5.0~10.0kg未満 2錠

投与時の注意点


※以下に当てはまるペットには投与しないでください
・体重1.25kg未満の子犬および子猫
・妊娠中および授乳中
・慢性腎不全の尿毒症末期および急性腎不全を抱えた猫

併用禁忌・併用注意


※以下に当てはまる薬とは併用しないでください
・カリウム保持性利尿剤

※以下に当てはまる薬との併用は慎重に行ってください
・非ステロイド性消炎鎮痛剤(本剤の降圧作用が減弱する可能性がある)
・他の血圧降下剤(利尿剤、ベータ遮断剤、カルシウム拮抗剤)や降圧作用のある麻酔剤
(本剤の効果が高まる可能性がある)

副作用

・降圧作用による虚脱、ふらつき
・嘔吐、軟便、下痢
・その他、副作用が認められた場合は速やかに投与をやめ、かかりつけの獣医師の診察を受けてください

注意事項

・獣医師等の指示のもと、用法用量を厳守し、定められた目的にのみ使用してください
・保管の際は直射日光・高温多湿を避け、小児の手の届かないところに保管してください
・飼い主様が誤って本剤を飲み込んだ場合は、直ちに医師の診察を受けてください
・変色が見られた場合には使用しないでください
・分割した錠剤は気密容器に入れて保管し、速やかに使用してください

メーカー

発送国

香港
上へ