ウルソジェネリック
  • ウルソジェネリック
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ウルソジェネリック

更新日:
ウルソジェネリックは胆汁の量を増やし、流れを改善する犬猫のお薬です。
胆汁の流れが悪くなることで起こる肝疾患の治療に用いられます。

  • 胆汁性肝硬変、胆汁うっ滞性肝疾患、慢性肝疾患の治療

有効成分:ウルソデオキシコール酸 300mg

ご注文

ウルソジェネリック 300mg

数量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠
7,200(721錠あたり
216
カゴに入れる

成分一覧

ウルソデオキシコール酸 300mg

商品詳細

ウルソジェネリックは、胆汁の分泌を促すことで量を増やし、胆汁の流れを改善することで、消化吸収を助け、消化不良やさまざまな肝疾患を治療するお薬です。


ウルソジェネリックが治療に用いられる病気

・胆汁性肝硬変
・胆汁うっ滞性肝疾患
・慢性肝疾患
・胆石




ウルソジェネリックは、有効成分のウルソデオキシコール酸は、胆汁の分泌を促し、流れを改善することで胆汁のうっ滞を改善、肝臓の炎症を抑え、肝機能を改善します。

また、消化吸収を良くすることで、消化不良も改善します。

犬・猫の胆汁の役割


胆汁は肝臓で合成されたコレステロールがもととなり、腸内に分泌された後は脂肪の消化や吸収に使われます。

肝臓で生成された胆汁は水分が豊富で、胆嚢では、胆汁の水分を吸収して濃縮し粘液を分泌することで胆嚢自身が傷つかないように守っています。

胆汁を生成する際に水分やコレステロール、その他の物質のバランスが崩れることで、さまざまな疾患を発症してしまいます。




投与方法・使用方法

犬・猫に対して、1kg/10~15mgを1日1回、経口投与してください。

副作用

まれに下痢をする場合があります。

注意事項

副作用が認められた場合には、速やかにかかりつけの獣医師の診察をお受けください。

メーカー

上へ