アルフォキシル
  • アルフォキシル
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

アルフォキシル

更新日:
アルフォキシル錠(アモキシシリン)は犬猫兼用のペニシリン系抗生物質です。
高い殺菌効果を持ち、細菌性の感染症、皮膚炎などに高い効果を発揮します。

商品は基本的に1商品単位での発送となりますことをご了承ください。※2個お買い求めの場合は、2梱包でのお届けとなります。複数セットの場合は1セットにつき1梱包となります。

  • 細菌性皮膚炎などの治療

有効成分:アモキシシリン

ご注文

アルフォキシル 500mg 16錠

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,300(1,3001箱あたり
39
売切れ
2箱
2,400(1,2001箱あたり
72
売切れ
3箱
3,500(1,1661箱あたり
105
売切れ
4箱
4,400(1,1001箱あたり
132
売切れ

成分一覧

アモキシシリン500mg

商品詳細

●アルフォキシル錠(アモキシシリン)は犬猫兼用のペニシリン系抗生物質
アルフォキシル錠の有効成分である「アモキシシリン」は本来ヒトに多く使われるペニシリン系の抗生物質ですが、ぽちたま薬局で扱っているアルフォキシル錠は、このアモキシシリンのジェネリック医薬品です。

犬や猫への投与の安全性が認められた現代では、犬や猫の細菌性感染症の治療にも処方されることが多くなりました。

●ペニシリン系抗生物質の動物への投与が安全性が高いといわれる理由
ペニシリンは、イギリス医師アレクサンダー・フレミングによってアオカビから発見されたという話は有名です。
ペニシリンは感染症などを引き起こす細菌に対して、細胞壁を溶解させ、細菌を死滅させる効果があります。

ペニシリンは、真正細菌の細胞壁を狙って阻害します。
そのため、細胞壁を持たない動物の細胞には影響を及ぼすことなく、細菌にのみ働きかけることができるのです。

●ペットの緊急時に備えておきたい常備薬
猫もかかりますが、犬は特に皮膚炎などの感染症にかかる割合が高い動物です。
体の免疫力が低下しているときなどは、皮膚炎が慢性化することも少なくありません。

投与の際はまず獣医師の診断が必要となりますが、その後すぐに投与できるようご家庭に備えておくと安心なお薬です。

投与方法・使用方法

体重1kg当たりアモキシシリンとして1回量10〜20mg(0.02〜0.04錠)を1日2回 5日間経口投与する。

※上記は目安です。必ず獣医師の指示した用法・用量をお守りください。

もし、犬が薬を飲まない場合はこちらをご覧ください。

副作用

特に報告はありませんが、異常が現れた場合は獣医師にご相談ください。

注意事項

・アモキシシリン、ペニシリン系抗生物質に過敏症、アレルギーのある動物には使用しないでください。
・本剤との併用で、ワルファリンカリウムの作用が強まる可能性があります。

メーカー

発送国

香港・シンガポール
上へ