エナラプリル錠
  • エナラプリル錠
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

エナラプリル錠

更新日:
エナラプリル錠は収縮した血管を拡張するお薬です。
犬と猫の血管収縮時に引き起こされるさまざまな症状を改善します。
  • 僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善

有効成分:エナラプリルマレイン酸塩

ご注文

エナラプリル錠 2.5mg 150錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
2,250(2,2501箱あたり
67
カゴに入れる
2箱
4,050(2,0251箱あたり
121
カゴに入れる

成分一覧

エナラプリルマレイン酸塩2.5mg

商品詳細

●高血圧やうっ血心不全の症状を改善する降圧薬
インタスファーマ社により製造・販売されているエナラプリル錠は、犬と猫の兼用の降圧薬です。
高血圧やうっ血心不全の治療に使用されるACE阻害薬の1つとして認知されています。
抹消の血管を拡張させることで血圧を降下させ、心不全によって引き起こされるさまざまな症状を改善させる効果があります。

ACE阻害薬とは、アンジオテンシン変換酵素(ACE)を阻害する効果のあるお薬のことを指します。
血管の収縮や血液量を増やして血圧を上げるアンジオテンシンが生成されるのを防ぎます。

この効果によって血管を収縮させる物質を生成する酵素の働きを抑制し、抹消の血管を拡張します。
そうすることで血圧を下げ、心臓の負担を軽減し、咳や呼吸困難、運動不耐性や食欲不振、活動性の低下を改善します。

●優れた有効性と安全性
エナラプリル錠には、有効成分としてエナラプリルマレイン塩酸が含有されています。

エナラプリルマレイン塩酸は、世界中の臨床現場で使用されている成分です。
優れた有効性と安全性を兼ね備え、心臓病の治療に多く用いられるようになりました。

投与方法・使用方法

・犬
通常、体重1kg当たりエナラプリルマレイン酸塩として0.25mg〜0.5mgを1日1回経口投与する。
必要により体重1kg当たりエナラプリルマレイン酸塩として0.5mgを、1日2回に増量できる。

・猫
通常、体重1kg当たりエナラプリルマレイン酸塩として0.25mg〜0.5mgを1日1〜2回経口投与する。

副作用

・副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察を受けてください。
・降圧作用に基づき虚脱などが現れることがあるので、初回投与後および増量後24時間は患畜を注意深く観察してください。
・蛋白尿やヘマトクリット値、AST(GOT)、ALT(GPT)、BUN、クレアチニン、ALP、CPKの変動が認められることがあります。

注意事項

・妊娠動物および哺乳動物に対する安全性は確立されていないので、妊娠中および授乳中の動物には投与しないでください。やむを得ず授乳中の動物に投与する場合には、授乳を中止してください。
・肝、腎機能障害のある患畜および肝・腎疾患の既往歴のある患畜には慎重に投与してください。投与する場合には少量投与から開始し、増量を必要とする場合には患畜の状態を十分観察しながら、徐々に行ってください。
・腎前性高窒素血症が認められる場合には腎機能の監視を行い、本剤の投与および対症療法を慎重に行ってください。本剤の投与中に高窒素血症(BUN、クレアチニンの上昇)が認められる場合には、患畜の状態を十分観察しながら、先ず利尿剤の投与を減量あるいは中止してください。
・改善が認められない場合には本剤の投与を減量あるいは中止し、補液等の適切な対症療法を行ってください。
・大動脈狭窄、僧帽弁狭窄などの心拍出障害のある動物には投与しないでください。
・必要により適切な対症療法(利尿・強心)を行ってください。重度の慢性心不全に対する本剤の単独投与による有効性は確立されていません。

メーカー

上へ