ビブラマイシンジェネリック
  • ビブラマイシンジェネリック
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

ビブラマイシンジェネリック

更新日:
ビブラマイシンジェネリックは細菌感染症の治療に用いる抗生物質です。
リーズナブルなジェネリック薬でありながら、耐性菌が少なく、幅広い感染症に対して効果を発揮します。
  • 細菌感染症などの治療

有効成分:ドキシサイクリン

ご注文

ビブラマイシンジェネリック 100mg 14錠入り

数量 販売価格(1箱単価) ポイント 注文
1箱
1,900(1,9001箱あたり
57
カゴに入れる
2箱
3,600(1,8001箱あたり
108
カゴに入れる
3箱
5,400(1,8001箱あたり
162
カゴに入れる

成分一覧

ドキシサイクリン100mg

商品詳細

●ビブラマイシンのジェネリック薬
ビブラマイシンジェネリックは、デーヴァホールディングス社から販売されている犬猫兼用の、細菌感染症の治療薬です。
テトラサイクリン系の抗生物質であるドキシサイクリンを有効成分としています。

細菌のタンパク質の合成を阻害することで増殖を抑える静菌性の抗生物質に分類され、グラム陽性菌、グラム陰性菌、リケッチア、マイコプラズマ、クラミジアなどに抗菌作用を示します。

先発薬であるファイザー製のビブラマイシンと成分や効果は同一ですが、よりリーズナブルに購入できます。

●耐性菌の少ない抗生物質
ビブラマイシンジェネリックの有効成分ドキシサイクリンは、同系統のテトラサイクリン系の抗生物質の中でも耐性菌が少ないことが判明しています。

●幅広く効果を発揮します
ドキシサイクリンは耐性菌が少ないことだけでなく、広域な治療が可能といった特徴もあります。
バクテリアへ感染した場合の尿路、呼吸器や血液の感染症にも効果を発揮します。

アクチノバチルス、プルロニューモニエ、マイコプラズマ、本剤感性大腸菌、ブドウ球菌が有効菌種です。

犬の場合はリケッチア感染症、エーリキア症、犬糸状虫症に、猫の場合はヘモプラズマ感染症などに効果を示します。
また犬糸状虫症の場合、イベルメクチン(寄生虫駆除剤)との併用が可能です。

※本剤と同系統の有効成分にて実験動物の胎児毒性が見られたため妊娠中や授乳中のペットへの投与は、獣医師と相談して慎重に行うようにしてください。

投与方法・使用方法

通常、体重1㎏あたり5mgを12時間毎に経口投与してください。
または体重1㎏あたり10mgを24時間毎に経口投与します。

犬のリケッチア感染症
通常、体重1㎏あたり5mgを12時間毎に経口投与します。

犬のエーリキア症
通常、体重1㎏あたり5mgを12時間毎に最低14日間継続して経口投与します。

犬糸状虫症
通常、体重1㎏あたり10mgを12時間毎に経口投与します。成虫駆除剤の治療より前に28日間投与してください。イベルメクチンとの併用が可能です。

猫のヘモプラズマ感染症
通常、体重1㎏あたり10mgを1日1回、7日間継続して経口投与します。

副作用

一般的な副作用としては消化器系(食欲不振や悪心、嘔吐、腹痛、下痢など)と皮膚障害(発疹や蕁麻疹、光線過敏など)です。

注意事項

本剤の有効成分と類似する成分で実験動物で胎児毒性が認められているので、妊娠、授乳中のペットへの投与は、獣医の指導のもと、ご使用するようにしてください。

メーカー

上へ