チロキシン
  • チロキシン
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

チロキシン

更新日:
チロキシンは、犬猫兼用の甲状腺機能低下症の治療薬です。
甲状腺機能低下症を発症してしまった際に、低下した甲状腺ホルモンを補充して状態を改善させます。
  • 甲状腺機能低下症の治療

有効成分:チロキシンナトリウム

ご注文

チロキシン 0.4mg 100錠入り

数量 販売価格(1本単価) ポイント 注文
1本
3,000(3,0001本あたり
90
カゴに入れる
2本
5,700(2,8501本あたり
171
カゴに入れる

成分一覧

チロキシンナトリウム(レボチロキシンナトリウム)0.4mg

商品詳細

●犬と猫に!甲状腺機能低下症の治療薬
チロキシンは、エイペックス・ラボラトリーズ社から販売されている、犬猫兼用の甲状腺機能低下症の治療薬です。
低下してしまった甲状腺ホルモンを補充し、正常な健康状態へと改善する効果があります。

有効成分としてチロキシンナトリウムを含有しています。

●甲状腺機能低下症は高齢の犬に多い病気
甲状腺機能低下症は、喉の奥にある甲状腺の機能が弱まってしまうことで発症する内分泌疾患です。

全身の細胞に作用して代謝を高めるなどの働きを持つ甲状腺ホルモンが不足することで、無気力や体重増加、低体温、脱毛などの症状が現れるようになります。

高齢の犬に多く発症する病気で、老化の際に見られる症状と似ているため、発見が遅くなることも多くなっています。

●ホルモン活性度を安定させる有効成分
チロキシンの有効成分であるチロキシンナトリウムは、肝臓や腎臓で少しずつトリヨードサイロニンへ変換されることで、ホルモン活性度を安定して保つ効果があります。
また、長時間にわたって安定した血中濃度を維持するという特徴があります。

投与方法・使用方法

一般的な使用開始推奨量として、通常は体重1㎏につきレボロキシンナトリウム10マイクログラム(0.01mg)を12時間毎に経口投与します。

・有効成分の体内への吸収や代謝の速度が犬によって異なるため、容態に応じて初期使用量を随時増減し、適切な使用量を決定します。
すなわち上記の使用開始量と投与の頻度は一時的な目安であり、治療は獣医師の定期的な診断に基づき、犬ごとの症状に合わせて行います。

・体重5㎏未満の犬に使用を開始する場合は、200マイクログラム錠を1/4に分割したものを、1日1回投与します。
投与開始前および投与期間中は、獣医師による慎重な観察を受けるようにしてください。


体重1㎏あたりチロキシンナトリウムとして、10~40mcgを1日1回少量のフードに混ぜて投与し、臨床症状、甲状腺ホルモン値及び血液・生化学的検査値を指標に適宜投与量を変更します。
以下に用量設定および維持投与の推奨投与方法を示します。

●用量設定
投与開始量として犬の体重1㎏あたり、チロキシンナトリウムとして20mcgを1日1回少量のフードに混ぜて投与し、投与開始後2~4週目にモニタリング(臨床観察、甲状腺ホルモンおよび血液・生化学的検査)を行い、投与量を調節します。

●維持投与
維持期間中は薬4ヶ月間隔でモニタリングを行い、個体別に投与量を調節します。
また投与量を変更した場合は、変更後2~4週間目にモニタリングしてください。


体重1㎏あたりチロキシンナトリウムとして、1日量10~20mcgを経口投与します。
モニタリング(臨床観察、甲状腺ホルモンおよび血液・生化学検査)を行い、投与量の調節を行います。

副作用

・肝機能障害(肝機能検査の異常)が現れる場合があります。
・過剰投与により過敏症、無気力、頻脈、不整脈、心不全、呼吸促迫、呼吸困難、光反射異常、掻痒、食欲亢進、急激な体重減少、嘔吐、下痢などの甲状腺中毒の症状が現れることがあります。
・軽度から中程度の鱗屑(りんせつ)いおよび一過性の嘔吐が現れることがあります。
・本剤を1度に大量投与した場合、胃腸からの本剤吸収の抑制(必要に応じ催吐・胃洗浄、コレスチラミンや活性炭の投与など)および対症療法(換気維持のための酸素投与、交感神経興奮状態に対するプロプラノロール等のβ遮断剤の投与、うっ血性心不全に対する強心配糖体の投与や発熱、低血糖および体液喪失に対する処置など)を行ってください。

注意事項

・獣医師の処方箋、指示により使用してください。
・効能や効果において定められた目的にのみ、使用してください。
・定められた用法用量を厳守してください。

メーカー

上へ