シナロックス経口懸濁液用粉末剤
  • シナロックス経口懸濁液用粉末剤
  • %%LI_PHOTO11%%%%LI_PHOTO12%%%%LI_PHOTO13%% %%LI_PHOTO14%%%%LI_PHOTO15%%

シナロックス経口懸濁液用粉末剤

更新日:
シナロックス経口懸濁液用粉末剤は、犬と猫の複合抗生物質です。
アモキシシリンとクラブラン酸が配合されています。
歯周病や尿路感染症などの原因になる、さまざまな細菌に効果を発揮します。
  • 歯周病
  • 皮膚感染症

有効成分:アモキシシリン、クラブラン酸

ご注文

15ml

内容量 販売価格(1本単価) ポイント 注文 お気に入り
1本
4,400(4,4001本あたり
132
カートに入れる
2本
8,400(4,2001本あたり
252
カートに入れる
3本
12,000(4,0001本あたり
360
カートに入れる

成分一覧

クラブラン酸カリウム193mg(クラブラン酸として 162mg)、アモキシシリン水和物743.8mg(アモキシシリンとして 648mg)
※溶解後の溶液1mL中には、10mgのクラブラン酸と40mgのアモキシシリンを含有します。

商品詳細


商品の特長

・犬と猫に有効な抗生物質
・国内の動物病院で処方される「クラバセプチン錠」と同じ有効成分を配合
・投与しやすいフレーバー付きの液剤タイプ
・幅広い菌に効果がある
・犬の歯周病や猫の皮膚感染症などに有効




幅広い効果を持つ複合抗生物質


アモキシシリンとクラブラン酸は、お互いに不足する部分を補い合うことで、より優れた効果を発揮します。
殺菌効果がある抗生物質アモキシシリンは、広い範囲に作用を発揮しますが、細菌は耐性を持つ可能性があります。
しかし、クラブラン酸は「β-ラクタマーゼ」という、細菌が抗生物質を分解するための酵素を阻害することが可能です。
そのため、複合抗生物質として強力に幅広く、殺菌効果を示します。

アモキシシリン


■アモキシシリンが有効とされる菌には、以下などが該当します。

ブドウ球菌属、レンサ球菌属、グラム陽性菌、一部のグラム陰性菌、大腸菌、腸球菌属、肺炎菌属、淋菌、インフルエンザ菌、プロテウス・ミラビリス

■有効とされる症状には、以下などがあります。

歯周病、尿道炎や膀胱炎、膿瘍や咬傷などを含む皮膚感染症、腸炎や胃炎、外耳炎や中耳炎、気管支炎や肺炎

クラブラン酸


■クラブラン酸が有効とされる菌には、以下などが該当します。

ブドウ球菌属、グラム陽性菌、大腸菌、淋菌、プロテウス菌、クレブシエラ菌、インフルエンザ菌、バクテロイデス菌、プレボテラ菌(プレボテラ・ビビアを除く)

■有効とされる症状には、以下などがあります。

歯周病、膿瘍や咬傷などを含む皮膚感染症、気管支炎や肺炎、尿道炎や膀胱炎、外耳炎や中耳炎

投与方法・使用方法

投与量や投薬期間は、獣医師から指示を受けてください。

・15mlの水を粉末に加えて、16.2mlの懸濁液を作成。
・体重1kgに対して、12.5mgまたは0.25mlを1日2回、経口投与。
・ピペット一滴は約2.3mgなので、体重1kg当たり5~6敵を目安にしてください。

副作用

副作用には、嘔吐・軟便・下痢などの消化器症状が認められています。
また、血中ヘモグロビン量の上昇や低下、一過性の摂餌量または体重の減少、ASTまたはALTの上昇にも注意してください。
猫のみの副作用では、血中尿素窒素の上昇やコレステロール値の低下も確認されています。
副作用や気になる症状がある場合は、使用を中止して速やかに獣医師の診察を受けてください。

注意事項

効能や効果において、定められている目的で使用してください。
用法・用量は厳守してください。
獣医師による指導を受けてから、投与してください。
犬と猫以外の動物には使用できません。
アモキシシリン・クラブラン酸・ペニシリン系薬に対して、過敏症の既往歴がある犬や猫には、使用しないでください。
妊娠中や授乳中の犬や猫に対する安全性は、確認されていません。
耐性菌の発現などを防ぐため、β-ラクタマーゼ産生のアモキシシリン耐性菌であることを確認してから使用してください。
適応症への投与期間は、治療に必要な最小限にとどめてください。

メーカー

発送国

香港
上へ